○旭市徴収対策室の設置に関する要綱

平成24年5月25日

訓令第5号

(設置)

第1条 本市が保有する地方自治法(昭和22年法律第67号)第240条第1項に規定する債権(以下「市債権」という。)に係る滞納を縮減するとともに、市債権を適正に管理するため、旭市徴収対策室(以下「徴収対策室」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 徴収対策室は、次の各号に掲げる事務を所掌する。

(1) 市債権の徴収方針の策定に関すること。

(2) 徴収対策の実行管理に関すること。

(3) 徴収技術の向上及び財源意識の啓発に関すること。

(4) 市債権に係る情報の収集及び発信並びに連絡調整に関すること。

(5) 徴収率向上に資する調査及び研究に関すること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事項

(組織)

第3条 徴収対策室に室長その他の職員を置く。

(職務)

第4条 室長は、室の事務を掌握し、所属職員を指揮監督する。

2 前項に定める職員以外の職員は、上司の命を受けてその事務に従事する。

(その他)

第5条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成24年6月1日から施行する。

旭市徴収対策室の設置に関する要綱

平成24年5月25日 訓令第5号

(平成24年6月1日施行)

体系情報
第3編 行政通則/第1章 組織/第1節 通則
沿革情報
平成24年5月25日 訓令第5号