○旭市防災行政無線戸別受信機貸与要綱

平成17年7月1日

告示第3号

(趣旨)

第1条 この要綱は、旭市防災行政無線戸別受信機(以下「戸別受信機」という。)の貸与等に関し必要な事項を定めるものとする。

(対象者)

第2条 戸別受信機は、次の各号のいずれかに該当し、かつ、希望するものについて各1台を貸与するものとする。

(1) 旭市に居住し、かつ、旭市の住民基本台帳又は外国人登録簿に記載され、又は登録されている世帯

(2) 旭市内の区域に設置されている国及び千葉県の機関の代表者

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認めたもの

2 前項第1号の規定にかかわらず、旭市内の社会福祉施設及び病院並びに学生寮等への入所者であるものについては、貸与の対象としない。ただし、これらの施設について必要数に応じ、代表者に貸与するものとする。

(申込み)

第3条 前条の規定により、戸別受信機の貸与を受けようとする者は、旭市防災行政無線戸別受信機貸与申込書(第1号様式)により市長に申し込まなければならない。ただし、共同住宅に居住している者にあっては、管理人又は所有者の承諾書を添付するものとする。

(貸与)

第4条 市長は、前条の申込みがあったときは、戸別受信機を無償貸与するものとする。

(管理義務)

第5条 戸別受信機を貸与された者は、善良なる管理者の注意をもって常に良好な受信状態の維持に努め、次の各号に掲げる事項を厳守しなければならない。

(1) 貸与された戸別受信機を第三者に貸与してはならない。

(2) 貸与された戸別受信機を改造してはならない。

(費用負担)

第6条 戸別受信機を貸与された者は、次の各号に掲げる費用を負担するものとする。

(1) 戸別受信機に要する電気料及び非常電源用乾電池交換に要する経費

(2) 故意又は過失による戸別受信機並びに附属機器の亡失、破損及び故障等の場合の機器の購入、交換及び修繕に要する経費

(3) 前2号に掲げる経費のほか、総括管理者が特に使用管理者に負担すべきものと指定した費用

(経費の減免)

第7条 総括管理者が特別の事由があると認めたときは、前条に規定する経費を減額又は免除することができる。

(変更等の申出)

第8条 戸別受信機を貸与された者は、次の各号に掲げる事由が発生したときは、その旨を速やかに市長に申し出なければならない。

(1) 戸別受信機を損傷し、又は紛失したとき。

(2) 住所を変更したとき(市外転出を除く。)

(3) 戸別受信機に異常が発生したとき。

(返還の届出)

第9条 戸別受信機を貸与された者は、次の各号のいずれかに該当するときは、速やかに旭市防災行政無線戸別受信機返還届出書(第2号様式)に戸別受信機を添えて市長に届け出なければならない。

(1) 戸別受信機を貸与された者が転出しようとするとき。

(2) 戸別受信機を貸与された者が戸別受信機の設置を必要としなくなったとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、特に市長が返還を必要と認めたとき。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行の日の前日までに、合併前の旭市防災行政無線戸別受信機貸与要綱(平成9年旭市告示第38号)又は海上町防災行政無線戸別受信機取扱要領(平成4年海上町制定)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの要綱の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

旭市防災行政無線戸別受信機貸与要綱

平成17年7月1日 告示第3号

(平成17年7月1日施行)