○旭市後期高齢者短期人間ドック助成事業実施規則

平成25年3月1日

規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、旭市後期高齢者医療の被保険者(以下「被保険者」という。)の短期人間ドックの受検に要する費用の一部を助成することにより、疾病の予防、早期発見及び早期治療に役立て、被保険者の健康保持増進を図り、もって後期高齢者医療事業の健全運営に寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において、「短期人間ドック」とは、市長が指定する医療機関(以下「指定医療機関」という。)において、生活習慣病等の予防を目的として行う2日以内の総合精密検査をいう。

(対象者)

第3条 短期人間ドック助成事業の対象者は、次の各号に掲げる要件のすべてに該当する者とする。

(2) 当該年度内において市が実施する特定健康診査及び後期高齢者健康診査を受診していないこと並びに受診する予定がないこと。

(3) 納期限の到来している市が徴収すべき後期高齢者医療保険料を完納していること。

(4) 医師の治療を受けていないこと又は治療を受けているが短期人間ドックの受検に支障がないこと。

(5) 当該年度内においてこの規則による助成を受けていないこと及び旭市国民健康保険短期人間ドック事業を利用していないこと。

(6) 市が短期人間ドック成績報告書の受領をすること並びに後期高齢者健康診査及び市が行うがん検診等の資料として使用することを承認すること。

(委託)

第4条 市長は、短期人間ドック助成事業の検査業務を指定医療機関に委託するものとする。

(費用及び助成金額)

第5条 短期人間ドックの検査費用(以下「検査費用」という。)は、それぞれの指定医療機関との契約によるものとする。

2 助成金の額は、前項に規定する検査費用に100分の70を乗じて得た額(検査費用から当該額を差し引いた額に10円未満の端数があるときは、これを加えた額)とし、3万円を限度とする。

(申請)

第6条 助成を受けようとする者は、あらかじめ、旭市後期高齢者短期人間ドック助成申請書(第1号様式)に必要事項を記載の上、後期高齢者医療被保険者証(以下「被保険者証」という。)を添えて、市長に提出しなければならない。

(承認等)

第7条 市長は、前条の規定による申請書を受理したときは、その内容を審査し、適当と認めるときは旭市後期高齢者短期人間ドック助成承認書(第2号様式。以下「承認書」という。)を、適当でないと認めるときは旭市後期高齢者短期人間ドック助成不承認書(第3号様式)を申請者に交付するものとする。

(受検)

第8条 前条の規定により承認書の交付を受けた者(以下「受検決定者」という。)は、指定医療機関に承認書、被保険者証等を提出し、短期人間ドックの検査を受けるものとする。

(助成金の代理受領)

第9条 受検決定者は、助成金の受領を、短期人間ドックを行った指定医療機関に代理して行わせるものとする。

2 前項の規定による助成金の代理受領による支払を受けようとする指定医療機関は、旭市後期高齢者短期人間ドック助成金交付請求書(第4号様式。以下「請求書」という。)に承認書及び短期人間ドック成績報告書を添えて、市長に請求するものとする。

3 市長は、前項の規定による請求があったときは、内容を確認の上、速やかに支払うものとする。

4 前項の規定による支払があったときは、受検決定者に対する助成金の支給があったものとみなす。

(費用の一部負担)

第10条 受検決定者は、短期人間ドックを受検したときは、検査費用から助成金を差し引いて得た額を当該指定医療機関に支払わなければならない。

(検査後申請による助成)

第11条 第4条から前条までの規定にかかわらず、市長は、特に必要と認めたときは、検査後に申請した場合について助成することができる。ただし、助成対象は、当該申請と同一の年度内に指定医療機関で短期人間ドックを受検した者であって、第3条のすべての要件に該当するものに限る。

2 前項に規定する助成を受けようとする者は、旭市後期高齢者短期人間ドック助成申請書(検査後申請用)(第5号様式)に検査報告書及び領収書を添えて市長に申請するものとする。

3 市長は、前項の申請を受けたときは、これを審査し、旭市後期高齢者短期人間ドック助成決定(却下)通知書(第6号様式)により通知するものとする。

4 市長は、前項の規定により助成を決定したときは、第5条第2項に規定する助成額を支払うものとする。

(承認書の返還等)

第12条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、承認書を返還させ、又は市長が指定医療機関若しくは申請者に既に支払った助成金に相当する額を返還させることができる。

(1) 受検決定者から検査を行わない旨の申出があったとき。

(2) 受検決定者が短期人間ドック実施時に加療中となったとき。

(3) 偽りその他不正の手段により承認書の交付又は助成の決定を受けたとき。

(4) 受検前に被保険者の資格を失ったとき。

(その他)

第13条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年2月5日規則第2号)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の第5条第2項の規定は、施行の日以後に短期人間ドックの受診を開始する者について適用し、同日前に受診を開始した者については、なお従前の例による。

附 則(平成26年12月16日規則第40号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成27年12月4日規則第35号)

この規則は、公布の日から施行し、平成27年4月1日から適用する。

附 則(平成28年11月11日規則第30号)

この規則は、公布の日から施行し、平成29年4月1日以降に実施する短期人間ドックに係る申請から適用する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

旭市後期高齢者短期人間ドック助成事業実施規則

平成25年3月1日 規則第3号

(平成28年11月11日施行)