○旭市放置自動車の処理に関する条例

平成26年3月27日

条例第4号

(目的)

第1条 この条例は、放置自動車の発生の防止及び公共施設等に放置された自動車の処理について必要な事項を定め、放置自動車から生ずる障害を除去することにより、公共施設等の機能を速やかに回復するとともに、地域の美観の保持及び市民の快適な生活環境の維持を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 自動車 道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第2条第2項に規定する自動車をいう。

(2) 放置 自動車が正当な権限に基づき置くことを認められた場所以外の場所に相当の期間置かれたことをいう。

(3) 放置自動車 国、地方公共団体又は公共的団体が管理する道路、公園、広場その他の公共の用に供されている場所に、正当な理由なく放置された自動車をいう。

(4) 所有者等 自動車の所有権、占有権又は使用権を現に有する者及び自動車を放置した者又は放置させた者をいう。

(放置の禁止)

第3条 何人も正当な理由なく自動車を放置し、若しくは放置させ、又はこれらの行為を行おうとする者に協力してはならない。

(調査)

第4条 市長は、放置自動車を発見したときは、直ちに当該放置自動車の状況、所有者等その他の事項を調査するものとする。

2 前項の規定により放置自動車を調査する場合において、当該放置自動車に損傷を加えなければ調査の目的を達成できないときは、必要最小限の範囲内においてこれを行うことができる。

(警告)

第5条 市長は、放置自動車の所有者等に対し、放置自動車を速やかに移動すべき旨を告知する警告書を当該放置自動車にはり付けることができる。

(勧告等)

第6条 市長は、第4条第1項の規定による調査の結果、放置自動車の所有者等が判明したときは、当該所有者等に対して速やかに撤去するよう勧告するものとする。

2 市長は、第4条第1項の規定により調査を行ったにもかかわらず、放置自動車の所有者等が判明しないときは、当該放置自動車の状況その他の必要な事項を警察署長に情報提供するものとする。

(命令)

第7条 市長は、前条第1項の規定により勧告を行ったにもかかわらず、所有者等が放置自動車を撤去しないときは、当該所有者等に対して、期限を定めて当該放置自動車を撤去するよう命ずるものとする。

2 市長は、第4条第1項の規定による調査の結果、放置自動車の所有者等が判明しなかったとき、又は所有者等は判明したが、その者の行方がわからないときは、前項の規定による撤去命令を民法(明治29年法律第89号)第98条に規定する公示の方法により行うことができる。

(放置自動車の使用の終了)

第8条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、放置自動車の使用を終了したものとみなすことができる。

(1) 所有者等が、前条第1項の規定により撤去命令を受けたにもかかわらず、正当な理由なく、期限までに当該放置自動車を撤去しないとき。

(2) 前条第2項の規定により撤去命令を公示の方法により行った場合において、民法第98条第3項の規定により当該撤去命令が到達したものとみなす日から1か月以上経過しても、所有者等が当該放置自動車を撤去しないとき。

(3) 発見時において、タイヤ、エンジン等の損失、損壊等により自動車の走行が不可能な状態にあり、かつ、第4条第1項の規定による調査を行ったにもかかわらず、所有者等が判明しないとき又は所有者等は判明したが、その者の行方がわからないとき。

(移動)

第9条 市長は、放置自動車が著しく通行の妨げになっているため又は周囲の環境に著しく悪影響を与えているため、緊急の必要があると認めるときは、当該放置自動車を適切な場所に移動することができる。

(使用済自動車の再資源化等に関する法律との関係)

第10条 市長は、第8条の規定により使用が終了したものとみなした放置自動車については、使用済自動車の再資源化等に関する法律(平成14年法律第87号)に基づいて処理するため、引取業者に引き渡すことができる。

(費用の徴収)

第11条 市長は、この条例の目的を達成するために行った放置自動車の移動、引渡しその他必要な措置に要した費用については、当該放置自動車の所有者等から徴収するものとする。

(委任)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

旭市放置自動車の処理に関する条例

平成26年3月27日 条例第4号

(平成26年4月1日施行)