○旭市民生委員推薦会規則

平成26年3月28日

規則第15号

(趣旨)

第1条 この規則は、民生委員法施行令(昭和23年政令226号)第7条の規定に基づき、旭市民生委員推薦会(以下「推薦会」という。)の委員の定数その他推薦会に関し必要な事項を定めるものとする。

(委員の定数等)

第2条 推薦会の委員(以下「委員」という。)の定数は、14人以内とする。

2 委員は、次の各号に掲げる者のうちから、それぞれ2人以内を市長が委嘱する。

(1) 市議会の議員

(2) 民生委員

(3) 社会福祉事業の実施に関係のある者

(4) 市の区域を単位とする社会福祉関係団体の代表者

(5) 教育に関係のある者

(6) 関係行政機関の職員

(7) 学識経験のある者

(委員長及び副委員長)

第3条 推薦会に委員長及び副委員長各1人を置き、委員の互選により定める。

2 委員長は、会務を総理する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

(幹事及び書記)

第4条 委員会に幹事及び書記を置く。

2 幹事は、委員長の命を受けて庶務を整理し、書記は、委員長又は幹事の指揮のもと庶務に従事する。

(失職)

第5条 委員がその委嘱要件となった第3条第2項各号に掲げる者でなくなったときは、委員の職を失うものとする。

(委員の充足)

第6条 委員に欠員を生じた際、在任委員の数が7人を下回らない場合においても、第2条第2項各号のいずれかに掲げる者のうちから委嘱された委員がすべて欠けることとなったときは、当該欠員を生じた委員の後任委員を委嘱しなければならない。

(議事)

第7条 推薦会の議事は、非公開とする。

2 推薦会に出席した者は、議事の内容に関して秘密を保持しなければならない。

3 推薦会の幹事は、議事の状況を記録して保存するものとする。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、推薦会に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成26年4月1日から施行する。

(旭市民生委員推薦会委員の定数を定める規則の廃止)

2 旭市民生委員推薦会委員の定数を定める規則(平成17年旭市規則第48号)は、廃止する。

旭市民生委員推薦会規則

平成26年3月28日 規則第15号

(平成26年4月1日施行)