○旭市DV相談等にかかる家庭相談員設置規程

平成27年4月1日

訓令第8号

(設置)

第1条 ドメスティックバイオレンス等(以下「DV等」という。)の被害者への適切な支援を行うため、DV相談等の業務に従事する家庭相談員(以下「相談員」という。)を置く。

(職務)

第2条 相談員は、DV等の被害者に対する相談に応じ、必要な対応を行うものとする。

2 相談員は、所属長の指示に従い、関係機関及び関係団体と密接な連携を図るものとする。

(任命)

第3条 相談員は、DV相談等に必要な識見と熱意を持っている者のうちから市長が委嘱する。

2 相談員は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条の2第1項第1号に掲げる職員とする。

(相談記録の作成)

第4条 相談員は、第2条の規定により相談等を行ったときは、その内容を相談記録票に記録し、所属長に報告するものとする。

(その他)

第5条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月31日訓令第5号)

この訓令は、令和2年4月1日から施行する。

旭市DV相談等にかかる家庭相談員設置規程

平成27年4月1日 訓令第8号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第7編 福祉、衛生/第1章 社会福祉/第1節 通則
沿革情報
平成27年4月1日 訓令第8号
令和2年3月31日 訓令第5号