○旭市道の駅の設置及び管理に関する条例施行規則

平成27年6月29日

規則第28号

(開館日及び開館時間)

第2条 旭市道の駅(以下「道の駅」という。)の開館日は、年間を通じ毎日とする。ただし、指定管理者が特に必要があると認めるときは、市長の承認を得て、これを変更し、又は臨時に休業日を定めることができる。

2 道の駅の開館時間は、午前9時から午後6時までとする。ただし、指定管理者が特に必要があると認めるときは、市長の承認を得て、これを延長し、又は短縮することができる。

(利用申請)

第3条 条例第7条第1項の規定による許可(以下「利用許可」という。)を受けようとする者は、旭市道の駅利用許可申請書(第1号様式)を指定管理者に提出しなければならない。

(利用許可)

第4条 指定管理者は、道の駅の利用を許可したときは、旭市道の駅利用許可書(第2号様式)を交付するものとする。

(利用の変更及び取消し)

第5条 道の駅の利用許可を受けた者(以下「利用者」という。)が利用の変更又は取消しをしようとするときは、直ちに旭市道の駅利用許可変更(取消し)申請書(第3号様式)に利用許可書を添えて指定管理者に提出し、その許可を受けなければならない。

2 指定管理者は、前項の申請があった場合において、利用について支障がないと認めたときは、旭市道の駅利用許可変更(取消し)許可書(第4号様式)を交付するものとする。

(利用料金の減免)

第6条 条例第14条の規定により指定管理者が利用料金を減額し、又は免除することができる場合及びその額は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 市又は市の機関が使用するとき 全額

(2) 指定管理者が市長の承認を受けて、特別の理由があると認めるとき 指定管理者が定める額

2 前項の場合において、減額後の額に10円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てるものとする。

3 利用料金の減免を受けようとする者は、利用申請の際、旭市道の駅利用料金減免申請書(第5号様式)を指定管理者に提出しなければならない。

4 指定管理者は、前項の申請に基づき利用料金の減免を承認したときは、旭市道の駅利用料金減免決定通知書(第6号様式)を利用者に交付するものとする。

(利用料金の還付)

第7条 指定管理者が利用料金を還付することができる場合及びその額は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 天災その他利用者の責めに帰さない理由により利用できないとき 全額

(2) 指定管理者が市長の承認を受けて、特に必要と認めたとき その都度指定管理者が定める額

(制限行為等)

第8条 利用者及び来場者は、道の駅の施設内において、次の各号に掲げる行為をしてはならない。ただし、指定管理者の許可を受けた場合は、この限りでない。

(1) 行商その他これに類する商行為

(2) 寄付の募集

(3) 宣伝その他これに類する行為

(4) 広告物等の掲示若しくは配付又は看板、立札類の設置

(入館の制限)

第9条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当する者に対して、道の駅への入館を拒否し、又は道の駅からの退去を命ずることができる。

(1) 感染症の疾病にかかっていると認められる者

(2) 騒音を発し、暴力を用いる等他人に迷惑をかける行為をする者

(3) 他人に危害を及ぼし、又は他人の迷惑となるおそれのある物品又は動物類を携行する者

(4) 前3号に掲げるもののほか、道の駅の管理運営上支障があると認める者

(損害の責任)

第10条 利用者は、道の駅の施設、附属設備、備品等を損傷し、又は滅失したときは、旭市道の駅施設等損傷(滅失)届出書(第7号様式)を指定管理者に提出しなければならない。

2 前項の損害に対する賠償額は、その都度指定管理者が市長の承認を受けて定めるものとする。

3 利用者が、天災その他使用者の責めに帰さない理由により、道の駅の施設、附属設備、備品等を損傷し、又は滅失したときは、指定管理者は市長の承認を受けて損害賠償の全部又は一部を免除することができる。

(読替規定)

第11条 条例第18条第1項の規定により、道の駅の管理業務を市長が行う場合における第2条から前条までの規定の適用については、第2条中「指定管理者が特に必要があると認めるときは、市長の承認を得て」とあるのは「市長が特に必要があると認めるときは」と、第3条から第10条までの規定(第6条第1項第2号第7条第2号並びに第10条第2項及び第3項の規定を除く。)中「指定管理者」とあるのは「市長」と、第3条から第5条までの規定中「利用許可」とあるのは「使用許可」と、第4条及び第5条の規定中「利用」とあるのは「使用」と、第6条及び第7条の規定中「利用料金」とあるのは「使用料」と、「指定管理者が市長の承認を受けて、」とあるのは「市長が」と、第10条第2項中「指定管理者が市長の承認を受けて」とあるのは「市長が」と、同条第3項中「指定管理者は市長の承認を受けて」とあるのは「市長は」とする。

(立入検査)

第12条 市長は施設の管理上必要があると認めたときは、市長が指定した者に使用中の施設の立入検査を行わせることができる。この場合において、利用者は当該立入検査を拒むことができない。

(その他)

第13条 この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成27年8月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

旭市道の駅の設置及び管理に関する条例施行規則

平成27年6月29日 規則第28号

(平成27年8月1日施行)