○「あさひ輝いた人々」編さん委員会設置要綱

平成28年3月25日

告示第58号

(設置)

第1条 本市に対する郷土愛を育み、夢や希望を持って生き抜く力を養うため、本市の歴史を特徴づけ、発展に貢献し、又は社会の各分野において功労のあった人物(以下「あさひ輝いた人々」という。)についての編さん事業を行うことを目的として、「あさひ輝いた人々」編さん委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 委員会は、次の各号に掲げる事務を所掌する。

(1) 「あさひ輝いた人々」に係る史料の収集及び調査に関すること。

(2) 「あさひ輝いた人々」の選定に関すること。

(3) 「あさひ輝いた人々」に係る書物(以下「編さん物」という。)の編さん作業に関すること。

(4) 編さん物の製本、頒布及び広報に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、この要綱の目的を達成するために市長が必要と認めること。

(組織)

第3条 委員の定数は、15人以内とする。

2 委員は、次の各号に掲げる者のうちから、市長が委嘱又は任命する。

(1) 地域産業を代表する者

(2) 学識経験者

(3) 市の職員

(任期)

第4条 委員の任期は、委嘱又は任命の日から本事業の完了までとする。

(委員長)

第5条 委員会に委員長を置き、委員の互選によってこれを定める。

2 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。

3 委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは、あらかじめ委員長が指名する者がその職務を代理する。

(会議)

第6条 委員会の会議は委員長が招集し、委員長がその議長となる。

2 会議は、委員の半数以上の者が出席しなければ開くことができない。

3 会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数の場合は、議長の決するところによる。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は、旭市教育委員会生涯学習課において処理する。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年7月21日告示第135号)

この告示は、公示の日から施行する。

「あさひ輝いた人々」編さん委員会設置要綱

平成28年3月25日 告示第58号

(平成28年7月21日施行)

体系情報
第12編 教育/第3章 社会教育
沿革情報
平成28年3月25日 告示第58号
平成28年7月21日 告示第135号