○旭市農業委員会の農地利用最適化推進委員の委嘱の手続に関する要綱

平成29年1月24日

農業委員会告示第1号

(趣旨)

第1条 この要綱は、農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号。以下「農業委員会法」という。)及び旭市農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数に関する条例(平成28年旭市条例第40号)に基づき、旭市農業委員会の農地利用最適化推進委員(以下「推進委員」という。)の委嘱の手続きについて、法令に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、「候補者」とは、第4条第1項に規定する方法により、推進委員として推薦を受けた者又は推進委員の募集に応募した者をいう。

(推進委員が担当する区域及び定数)

第3条 推進委員が担当する区域及びその定数は、別表のとおりとする。

(候補者の推薦及び募集)

第4条 農業委員会法第19条第1項に規定する推進委員の推薦及び募集の方法は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 市内の区域からの推薦

(2) 団体等からの推薦

(3) 一般募集

2 農業委員会は、候補者の推薦及び募集に当たっては、推薦及び募集の期間、届出方法その他必要事項について、市ホームページ、広報紙等により公表するものとする。

(候補者の資格)

第5条 候補者は、農地等の利用の最適化の推進に熱意と識見を有し、推進委員が行うべき活動が可能な者とする。ただし、委嘱予定日において、次の各号に掲げるいずれかに該当する者は、推進委員となることができない。

(1) 農業委員会の委員

(2) 農業委員会法第18条第4項に該当する者

(3) 心身の故障等により職務の遂行が著しく困難である者

(4) その他の法令等により推進委員との兼職が禁止されている者

(推薦の手続き)

第6条 推進委員の推薦に当たっては、第4条第1項第1号に規定する方法の場合は農業者等3名以上が連名しその代表者が、同項第2号に規定する方法の場合は団体等の代表者が、旭市農業委員会の農地利用最適化推進委員推薦届(第1号様式)を農業委員会に届け出るものとする。

(応募の手続き)

第7条 第4条第1項第3号に規定する一般募集に応募する者は、旭市農業委員会の農地利用最適化推進委員応募届(第2号様式)を農業委員会に届け出るものとする。

(候補者の公表)

第8条 農業委員会は、前2条の規定により推薦を受けた候補者及び募集に応募した候補者に関する情報を整理し、公表するものとする。

(候補者の評価)

第9条 農業委員会は、必要があると認めるときは、旭市農業委員会の農地利用最適化推進委員候補者評価委員会設置要綱(平成29年旭市農業委員会告示第2号)に基づく旭市農業委員会の農地利用最適化推進委員候補者評価委員会に対し、候補者の評価について意見を求めることができる。

(推進委員の委嘱)

第10条 農業委員会は、農業委員会法第17条第1項の規定により、候補者のうちから推進委員を委嘱するものとする。

(推進委員の補充)

第11条 農業委員会は、解嘱、失職又は辞任により推進委員に欠員が生じた場合は、この要綱に定める手続きにより、速やかに欠員の補充に努めなければならない。ただし、欠員の補充により新たに委嘱された推進委員の任期は、当該欠員となった推進委員の残任期間とする。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この要綱は、公示の日から施行する。

別表(第3条関係)

区域

範囲

定数

第1区

大字イ、大字ロ、大字ハ、大字ニ、大字椎名内、大字東足洗、大字西足洗、大字野中、大字足川、大字仁玉、大字中谷里、大字神宮寺

4名

第2区

大字井戸野、大字川口、大字泉川、大字大塚原、大字駒込、大字新町、大字鎌数、大字琴田、大字江ケ崎

4名

第3区

海上地域

4名

第4区

飯岡地域

4名

第5区

干潟地域

4名

画像画像

画像

旭市農業委員会の農地利用最適化推進委員の委嘱の手続に関する要綱

平成29年1月24日 農業委員会告示第1号

(平成29年1月24日施行)