○旭市空家等の適切な管理に関する条例

平成29年3月23日

条例第2号

(目的)

第1条 この条例は、空家等の適切な管理に関し、空家等対策の推進に関する特別措置法(平成26年法律第127号)に定めるもののほか、必要な事項を定めることにより、市民が安全で安心して暮らすことのできる生活環境を保全することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 空家等 建築物又はこれに附属する工作物であって居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの及びその敷地(立木その他の土地に定着する物を含む。)をいう。ただし、国又は地方公共団体が所有し、又は管理するものを除く。

(2) 特定空家等 そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態又は著しく衛生上有害となるおそれのある状態、適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にあると認められる空家等をいう。

(所有者等の責務)

第3条 空家等の所有者又は管理者(以下「所有者等」という。)は、周辺の生活環境に悪影響を及ぼさないよう、空家等の適切な管理に努めるとともに、特定空家等にならないよう常に空家等の適切な管理を行わなければならない。

(市の責務)

第4条 市長は、警察その他の行政機関及び行政区等の地域団体と連携し、空家等の適切な管理に関する市民の意識の啓発を行うほか、この条例の目的を達成するための必要な施策を策定し、これを実施するものとする。

(情報提供)

第5条 市民等(市の区域内に居住し、滞在し、通勤し、又は通学する者をいう。)は、特定空家等に該当すると認められる空家等を発見したときは、市にその情報を提供するよう努めるものとする。

(関係機関との連携)

第6条 市長は、必要があると認めるときは、市の区域を管轄する警察署その他の関係機関に対して、当該空家等に関する情報を提供し、必要な協力を求めることができる。

(緊急安全措置)

第7条 市長は、適切な管理の行われていない空家等に倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態又は著しく衛生上有害となるおそれのある状態が急迫しており、そのまま放置すると市民に重大な危害を及ぼすおそれがある場合で、緊急に危険を回避する必要があると認めるときは、当該空家等の所有者等に代わって、当該危険を回避するための必要最低限度の措置を講ずることができる。

2 市長は、前項の措置を講じたときは、当該空家等の所在地及び当該措置の内容を当該空家等の所有者等に通知するものとする。

3 市長は、前項の規定にかかわらず、第1項の措置を講じた場合において、当該空家等の所有者等又はその連絡先を確知できないときは、当該措置に係る空家等の所在地及び当該措置の内容を告示するものとする。

4 市長は、第1項の規定により緊急安全措置を講じたときは、当該措置に要した費用を当該空家等の所有者等に請求することができる。

(民事による解決との関係)

第8条 この条例の規定は、適切な管理の行われていない空家等の所有者等と当該空家等が適切に管理されていないことにより被害を受けるおそれがある者との間で、民事による解決を図ることを妨げない。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、平成29年4月1日から施行する。

旭市空家等の適切な管理に関する条例

平成29年3月23日 条例第2号

(平成29年4月1日施行)