○旭市救急医療情報キット交付事業実施要綱

平成29年1月30日

告示第14号

(目的)

第1条 この要綱は、ひとり暮らしの高齢者等に対し、かかりつけ医療機関名、持病その他の救急時に必要な情報を記入した救急情報シート等を保管する救急医療情報キット(以下「キット」という。)を交付することにより、市民の安全及び安心の確保を図ることを目的とする。

(キットの内容)

第2条 交付するキットの内容は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 保管容器

(2) ステッカー

(3) 救急情報シート

(対象者)

第3条 キットの交付を受けることができる者は、本市に住所を有し、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 65歳以上のひとり暮らしの高齢者

(2) 身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者

(3) 前2号に掲げる者のほか、市長が特に必要と認める者

(交付の申請)

第4条 キットの交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、旭市救急医療情報キット交付申請書(第1号様式)により、市長に申請しなければならない。

(交付の決定)

第5条 市長は、前条の規定による申請を受けたときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、キットを交付するものとする。

(台帳の登載)

第6条 市長は、キットを交付したときは、当該キットを交付した者を旭市救急医療情報キット交付台帳(第2号様式)に登載するものとする。

(費用負担)

第7条 キットは、無償で交付する。

(キットの管理)

第8条 キットの交付を受けた者は、善良な管理者の注意をもってキットを使用するとともに、譲渡又は貸付をしてはならない。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、公示の日から施行する。

画像

画像

旭市救急医療情報キット交付事業実施要綱

平成29年1月30日 告示第14号

(平成29年1月30日施行)