○旭市中小企業融資資金利子補給条例施行規則

平成29年12月25日

規則第22号

旭市中小企業融資資金利子補給条例施行規則(平成17年旭市規則第100号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、旭市中小企業融資資金利子補給条例(平成17年旭市条例第103号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利子補給金)

第2条 条例第4条に規定する利子補給金(以下「補給金」という。)の額は、条例第5条の規定により補給金の交付を受けようとする者(以下「利子補給対象者」という。)が毎年1月1日から12月31日までの間に支払った利子額(延滞利子を除く。)の合計に利子補給率を乗じて得た額を融資利率で除した額とする。

2 前項の規定により算出した補給金の額に1円未満の端数があるときは、これを切り捨てるものとする。

(交付申請)

第3条 利子補給対象者は、補給金の交付に係る申請、請求及び手続について旭市中小企業資金融資条例施行規則(平成17年旭市規則第99号)第6条に規定する取扱金融機関(以下「金融機関」という。)に委任するものとし、委任状(第1号様式)を金融機関を経て市長に提出しなければならない。

2 前項の規定による委任を受けた金融機関は、旭市中小企業融資資金利子補給金交付申請書(第2号様式)に利子補給金明細書(第3号様式。以下「明細書」という。)を添えて市長に提出しなければならない。

(交付決定)

第4条 市長は、前条の規定による申請があったときは、その内容を審査し、適当と認めるときは、補給金の交付及び交付すべき補給金の額を決定し、旭市中小企業融資資金利子補給金交付決定通知書(第4号様式)により金融機関へ通知するものとする。

(交付請求)

第5条 前条の規定による通知を受けた金融機関は、旭市中小企業融資資金利子補給金交付請求書(第5号様式)により市長に請求しなければならない。

(交付等)

第6条 市長は、前条の規定による請求があったときは、補給金を金融機関に交付するものとする。

2 前項の規定により補給金の交付を受けた金融機関は、明細書の補給金の額を利子補給対象者の口座に速やかに振り込まなければならない。

3 金融機関は、前項の規定による振込みが完了したときは、旭市中小企業融資資金利子補給金振込完了報告書(第6号様式)により市長に速やかに報告しなければならない。

附 則

この規則は、平成29年12月28日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

旭市中小企業融資資金利子補給条例施行規則

平成29年12月25日 規則第22号

(平成29年12月28日施行)