○旭市消防本部大規模災害消防応援出動規程

平成30年3月19日

消防本部訓令第1号

目次

第1章 総則(第1条・第2条)

第2章 出動計画(第3条)

第3章 応援出動等(第4条―第8条)

第4章 現場活動(第9条―第13条)

第5章 招集(第14条・第15条)

第6章 装備及び物資(第16条―第25条)

第7章 訓練(第26条)

第8章 報告(第27条)

附則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この訓令は、管外において大規模災害等が発生した際に派遣する緊急消防援助隊、千葉県消防広域応援隊の出動に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令の用語の意義は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 千葉県広域消防相互応援協定(以下「応援協定」という。)とは、消防組織法(昭和22年法律第226号)第39条に基づく千葉県広域消防相互応援協定(昭和60年4月調印施行)をいう。

(2) 緊急消防援助隊要綱(以下「援助隊要綱」という。)とは、消防組織法第44条に基づく緊急消防援助隊要綱(平成7年消防救第179号)をいう。

(3) 千葉県消防広域応援基本計画(以下「応援基本計画」という。)とは、千葉県が定める千葉県消防応援基本計画(平成8年5月千葉県策定)をいう。

(4) 応援とは、消防組織法第39条に基づく応援協定及び同法第44条に基づく援助隊要綱に規定する応援活動をいう。

(5) 応援隊とは、消火部隊、救助部隊、救急部隊又は後方支援部隊のことをいう。

第2章 出動計画

(出動計画等)

第3条 この訓令に定める応援隊の出動計画及び活動報告その他事務処理は、応援協定及び援助隊要綱に基づく応援基本計画に定めるところによる。

第3章 応援出動等

(応援要請受報時等の処置)

第4条 警防課長は、管外において大規模災害等が発生し応援隊派遣要請を受報した場合は、直ちに消防長へ報告しなければならない。

2 警防課長は、管外において応援隊の派遣要請が予測される大規模災害等の発生を知った場合には、速やかにその概要を消防長へ報告しなければならない。

3 警防課長は、前2項の報告とあわせ、他所属長へその内容を連絡しなければならない。

(災害情報の収集及び報告)

第5条 警防課長は、応援隊の派遣対象となる大規模災害等又は応援隊の派遣要請が予測される大規模災害等について、災害の規模、災害発生地の被災状況、他消防機関応援部隊及び関係防災機関の出動状況その他災害情報の収集に努め、その概要を随時消防長へ報告しなければならない。

2 警防課長は、前項の報告とあわせ、他所属長へその内容を連絡しなければならない。

(所属長等の招集)

第6条 消防長は、応援隊の出動要請を受けた場合又は災害情報により応援隊の出動要請があると予測される場合には、各所属長及び関係職員を招集して、応援隊の出動準備作業に着手させるものとする。

(派遣命令)

第7条 応援隊の派遣は、消防長の命令により出動するものとする。

2 前項の派遣決定に際して消防長に事故がある場合は、消防次長が代理するものとし、消防次長に事故がある場合は、消防署長が代理するものとする。

3 各所属長は、消防長の派遣命令発令後は、直ちに所要の出動準備を開始しなければならない。

4 警防課長は、応援隊の出動準備完了後、直ちに関係機関へ報告しなければならない。

(応援隊の構成等)

第8条 応援隊のうち消防活動を実施する部隊は、緊急消防援助隊及び千葉県消防広域応援隊登録車両とし、活動隊及び後方支援隊2隊1組で出動するものとする。

第4章 現場活動

(応援隊の任務)

第9条 援隊の各隊の任務は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 活動隊 災害発生地へ出動し、消防車両及び積載装備並びに各種資機材を活用して、火災その他災害の直接的防御活動に当たる。

(2) 後方支援隊 災害発生地へ出動し、活動隊が72時間以上の活動を可能にするために必要な資機材や物資を搬送するとともに、災害発生地等での連絡調整等を実施し、支援業務に当たる。

(応援隊の編成及び出動車両)

第10条 応援隊の編成及び出動車両は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 消防隊

 消火部隊

隊員は、消防署職員5人とし、出動車両は、消火部隊として登録された消防車両とする。

 救助部隊

隊員は、救助隊員5人とし、出動車両は、救助部隊として登録された車両とする。

 救急部隊

隊員は、救急隊員3人とし、出動車両は、救急部隊として登録された救急車とする。

(2) 後方支援部隊

隊員は、消防職員3人とし、出動車両は登録された車両とする。

2 前項の隊ごとにその責任者として小隊長を置き、原則として消防司令又は消防司令補の階級にある者をもって充てる。

3 部隊の編成に際しては、救急有資格者が多数となるように考慮しなければならない。

(部隊編成責任者の指定)

第11条 応援隊のうち活動隊の部隊編成責任者は消防署長、後方支援部隊の部隊編成責任者は警防課長とする。

(部隊編成責任者の任務)

第12条 部隊編成責任者は、派遣命令発令後直ちに当該出動指定部隊の編成を実施し、出動車両、積載装備及び所定資機材の点検確認、必要物資の積載、不足物資の調達その他出動準備作業を開始しなければならない。

2 部隊編成責任者は、部隊編成及び資機材の準備完了後は、消防長に出動準備完了を報告するとともに、警防課長へその旨連絡しなければならない。

(経過記録及び報告)

第13条 応援隊の各小隊長は、出動から任務終了し帰署するまでの活動経過及びその間の災害情報を整理し、又は記録する事項は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 出動途上の道路状況及び災害認知状況

(2) 応援部隊集結場所への他消防機関の集結状況及び集結部隊の活動についての協議決定事項

(3) 災害現場付近の被災状況

(4) 災害現場への到着並びに活動区域部署位置及び防ぎょ活動実施状況

(5) 支援活動状況、物資調達状況及び連絡調整事項

(6) 前各号に掲げるもののほか、必要な事項

2 応援隊の各小隊長は、相互に連携して災害情報を共有し、円滑な応援活動が実施されるよう努めなければならない。

第5章 招集

(非番員等の招集)

第14条 消防長は、応援隊の派遣決定後は、直ちに非番員等を招集し、応援隊出動後の管内警防態勢の確保を図るものとする。

2 消防署における招集人員は、原則として応援隊の出動人員と同数とし、階級及び各種資格に配慮しなければならない。ただし、人員が不足した場合は、消防長が必要な措置を講ずる。

(部隊交代)

第15条 消防署長は、活動隊出動時に隊員交代を必要とする場合は、非番員等により交代要員を指名しておくものとする。

2 警防課長は、後方支援隊出動時に隊員交代を必要とする場合は、消防本部職員により交代要員を指名しておくものとする。

第6章 装備及び物資

(物資の備蓄)

第16条 消防長は、応援隊派遣に備えて活動上必要な物資について備蓄に努めるものとする。

2 前項の備蓄物資は、おおむね一次派遣隊の活動上必要なものを優先し備蓄しておくものとする。

(備蓄場所等)

第17条 物資の備蓄場所は、消防署倉庫とし、通常業務における管理責任者は、消防副署長とする。

(応援隊の装備等)

第18条 応援隊の出動時装備は、通常運用時における車両積載装備品、予備燃料及び出動隊員の当初活動に必要な食料、飲料水その他の消耗品とする。

2 応援隊の各小隊長は、災害状況により通常の車両積載装備品及び備蓄物資のみでは活動に支障があると判断される場合は、予備資機材から出動車両へ追加積載するものとする。ただし、通常運用装備を追加積載したことにより管内消防活動に支障がある場合には、追加積載してはならない。

(物資の兼用)

第19条 備蓄物資のうち、各署々において現に消防活動や事務その他消防署業務に使用中のもので、通常の消防活動に支障がなく、かつ、派遣命令後直ちに出動車両へ積載可能な物資については、兼用とする。

(物資の搬送)

第20条 活動隊が積載する以外の必要物資は、すべて後方支援隊が搬送するものとする。

(不足物資の調達)

第21条 警防課長は備蓄物資のうち、備蓄が困難で派遣命令後に調達しなければならない物資及び活動隊の活動上必要な物資で備蓄品が不足する場合には、当該部隊への派遣命令後直ちに調達しなければならない。

(備蓄状況の把握)

第22条 消防署長及び警防課長は、備蓄物資を必要に応じて調査確認し、備蓄物資の保管状況を常に把握しておかなければならない。

(定期点検)

第23条 消防副署長は、応援隊出動指定車両、積載装備及び備蓄物資を定期的に点検確認し、その状況に応じて整備、修理、交換、補充及びその他必要な措置を執らなければならない。

2 前項の点検は、点検表に基づいて月1回以上実施するものとし、その結果を消防署長へ報告しなければならない。

3 指定されている署々の中隊長は、応援隊出動指定車両及び積載装備を定期的に点検確認し、その状況に応じて整備、修理及びその他必要な措置を執らなければならない。

(隊員の携行品)

第24条 応援出動する隊員は、災害発生地での当初消防活動に必要な生活用具、その他身の廻り品を各々の責任により準備し携行しなければならない。

2 前項の携行品の量は、おおむね3日分程度とする。

(応援基本計画の周知徹底)

第25条 消防署長及び警防課長は、大規模災害等発生時における管外への応援基本計画について消防本部職員及び消防署職員への周知徹底を図り、常に有事即応態勢を確立しておかなければならない。

第7章 訓練

(訓練)

第26条 消防署長及び警防課長は、応援基本計画に基づく応援活動の円滑実施及び適正運用を図るため、消防本部職員及び消防署職員をして定期的に応援出動用資機材及び備蓄物資の取扱訓練を実施させなければならない。

第8章 報告

(活動報告等)

第27条 応援隊の各小隊長は、当該部隊の応援活動内容を帰署後直ちに口答で消防長に概要報告しなければならない。

2 応援隊の各小隊長は、当該部隊の応援活動内容を帰署後7日以内に旭市消防本部広域消防応援活動実施報告書(別記様式)により消防長へ正式報告しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、公示の日から施行する。

(旭市消防本部大規模災害消防応援出場規程の廃止)

2 旭市消防本部大規模災害消防応援出場規程(平成17年旭市消防本部訓令第12号)は、廃止する。

画像

旭市消防本部大規模災害消防応援出動規程

平成30年3月19日 消防本部訓令第1号

(平成30年3月19日施行)

体系情報
第11編 防災、消防/第2章 消防/第1節 消防本部・消防署
沿革情報
平成30年3月19日 消防本部訓令第1号