○旭市消防本部消防通信規程

平成30年3月19日

消防本部訓令第5号

目次

第1章 総則(第1条―第9条)

第2章 警報等(第10条)

第3章 管外出動(第11条)

第4章 有線通信(第12条―第14条)

第5章 管理(第15条―第18条)

第6章 補則(第19条)

附則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この訓令は、火災、救急、救助及びその他の災害(以下「災害」という。)に対処し、消防業務を迅速、かつ、的確に処理するため、消防通信業務の運用及び管理について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 共同指令センターとは、千葉市ほか10市1町8一部事務組合消防指令事務協議会規程(平成26年協議会規程第2号)第2条第1号に規定するちば消防共同指令センターをいう。

(2) 通信勤務員とは、消防本部並びに消防署及び分署において、災害通報の受報、出動指令の受令、消防車両の動態の登録又は変更その他通信業務並びに一般固定電話受付(以下「通信業務」という。)に従事する職員をいう。

(3) 消防通報用電話とは、電気通信番号規則(平成9年郵政省令第82号)第11条第3号に規定する電気通信番号で、共同指令センターへ災害を通報する電話をいう。

(4) 消防通信とは、災害時又は消防活動上必要な通信で、次に掲げる通信をいう。

 災害通報 災害が発生し、又は発生するおそれがあると認められるときに消防通報用電話及び消防機関に設置された一般加入電話(公衆回線に接続されている電話をいう。)、携帯電話、駆付け等により通報される通信をいう。

 指令 共同指令センター等から消防本部、署々に属する消防隊、救急隊及び救助隊(以下「消防隊等」という。)の出動及び災害時の活動(以下「災害活動」という。)に関する指示命令をする通信をいう。

 現場速報 災害活動に従事する消防隊から共同指令センター及び消防本部等へ通報される当該災害の状況、活動内容等に関する通信をいう。

 支援情報通信 共同指令センター等から災害活動に従事する消防隊等へ災害活動に必要とされる支援情報(災害活動を迅速かつ的確及び安全に遂行するため必要な情報をいう。)を伝達するための通信をいう。

 業務通信 共同指令センター、消防署等又は消防隊から警察、海上保安庁、電力、水道、ガス事業者、鉄道事業者その他の関係機関に対し、災害に関する情報を通報するための通信をいう。

 消防情報通信 共同指令センターから発せられる災害の推移状況、活動内容、その他消防活動上必要な情報を通知するための通信をいう。

 通常通信 災害以外の消防業務に関し行う通信をいう。

(5) 通信指令設備 有線設備、無線設備、電源装置その他情報通信機器で次に掲げる装置をいう。

 署所端末装置 消防本部及び消防署等に設置し、災害の受報、災害情報の収集伝達、消防隊の出動及びその運用に係る有線及び無線を媒介とした通信を行う装置をいう。

 情報共有端末装置 消防本部に設置し、災害情報の参照、指令管制員への災害地点特定支援、消防隊情報の表示、病院情報の表示、指令管制システムのデータメンテナンス、共同指令センターの指令台操作訓練等又は消防本部及び消防署等間の連絡事項の送受信を行う装置をいう。

 指令情報出力装置 消防本部及び消防署等に設置し、出動指令書の出力、災害情報の参照、指令管制員への災害地点特定支援、消防隊等の情報の表示及び設定、病院情報の表示、指令管制システムのデータメンテナンス又は消防本部及び消防署等間の連絡事項の送受信等を行う装置をいう。

 車両運用端末装置 消防隊等の車両に設置し、当該車両の動態の登録及び変更、指令の受信、現場速報の送信、地図の表示、支援情報の検索等を行う装置をいう。

(通信勤務員の責務)

第3条 通信勤務員は、法令を遵守し、通信指令設備の機能を十分発揮させるよう努めなければならない。

(目的以外の使用禁止)

第4条 通信勤務員は、通信指令設備及び通信業務上知り得た情報を、災害活動その他の消防業務の用に供する目的以外に使用してはならない。

(時刻の表示)

第5条 消防通信に使用する時刻表示は、24時間制により行うものとする。

(通信の順位)

第6条 消防通信の優先順位は、災害に係る緊急、かつ、重要な通信を優先し、原則として次の各号に定める順序によるものとする。

(1) 災害通報

(2) 出動指令

(3) 現場速報

(4) 支援情報通信

(5) 消防情報通信

(6) 業務通信

(7) 通常通信

(指示及び監督)

第7条 警防課長は、通信勤務員を監督し、及び必要な指示を与えなければならない。

2 警防課長に事故があるときは、警防課副課長が前項の業務を行うものとする。

(部隊運用及び状況掌握)

第8条 通信勤務員は、次の各号に掲げる手段により多数災害発生事案の部隊運用及び災害等の状況掌握に努めるものとする。

(1) 遠隔制御設備(遠制あさひしょうぼう)

(2) 携帯電話

(出動指令・災害区分)

第9条 消防隊への出動指令災害種別は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 火災出動指令

(2) 救助出動指令

(3) その他出動指令

(4) 救急出動指令

2 出動種別は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 特命出動

(2) 第1出動

(3) 第2出動

(4) 第3出動

第2章 警報等

(警報等発令の通報)

第10条 警報及び注意報等が発表された場合は、警防課通信班が各所属長に通報し、防災行政無線放送、災害情報支援システム、防災情報多様化システム等の情報入力をするものとする。

第3章 管外出動

(隣接応援の出動)

第11条 隣接応援の際は、共同指令センターから、その他「他市応援」出動指令により、消防隊を出動させるものとする。

第4章 有線通信

(災害通報の受報)

第12条 通信勤務員は、一般加入電話による災害通報を受報した時は、通報者に直接「119番」への掛け直しを依頼する。ただし、通報者の状態及び掛け直しができないと思われる場合は、駆け付け時と同じ要領で共同指令センターへ通報するものとする。

2 駆け付け等により災害通報を受報したときは、種別、場所、規模、傷病者の状況及び必要な事項を迅速かつ的確に把握し、直ちに共同指令センターに通報するものとする。ただし、災害が多数発生し共同指令センターへの通報が不通の場合は、消防本部で出動車両を選定し出動する。

(消防隊の動態等の掌握)

第13条 通信勤務員は、消防隊が訓練等に出向したときは、その編成及び動態を共同指令センターセンター長(以下「センター長」という。)に通知するものとする。この場合において、署長は、所属職員に消防隊の編成及び動態登録の操作を適切に行わせ、掌握しなければならない。

2 通信勤務員は、所属消防隊の車両が災害活動中又は業務出向中における事故、故障その他の事由により出動不能、解消したときは、速やかに、その旨をセンター長に通報するものとする。

(署所端末装置の取扱い)

第14条 通信勤務員は、次の各号に掲げるところにより署所端末装置を取り扱うものとする。

(1) 呼出応答は迅速に行わなければならない。

(2) 共同指令センター指令管制員の肉声による指令を確実に受信したときは、直ちに確受操作を行わなければならない。

(3) 指令の内容が不明なときは、受信終了後に確認を行うものとする。ただし、緊急を要するときは、受信中でも緊急呼出を行うことができるものとする。

第5章 管理

(消防長の責務)

第15条 消防長は、次の各号に掲げるところにより通信指令設備を適正に維持管理するものとする。

(1) 消防長は、通信勤務員に毎日1回以上、通信指令設備を点検させて、機能の保全に努めるものとする。

(2) 無線装置の点検は、原則として無線従事者に行わせるものとする。

2 消防長は、管理する消防本部及び消防署等の商用電源が停止したきは、直ちに通信指令設備の電源を確保するものとする。

(故障等の報告及び措置)

第16条 消防長は、通信指令設備に故障又は異常が発生したときは、直ちに必要な措置を講ずるとともに、共同指令センターに修理又は調査を依頼するものとする。

2 消防長は、通信指令設備に重大な損傷又は亡失事故が発生したときは、直ちに必要な措置を講ずるとともに、共同指令センターに報告するものとする。

(改修等の連絡)

第17条 消防長は、通信指令設備に影響を及ぼすおそれのある庁舎の改修、通信指令設備の移設その他の工事を行うときは、事前に共同指令センターに連絡するものとする。

(無線番号体系の把握及び報告)

第18条 消防長は、無線番号体系に関する事項について、次の各号に掲げるいずれかに該当するときは、速やかに共同指令センターに報告するものとする。

(1) 無線番号体系を追加したとき。

(2) 無線番号体系及び無線局呼出名称を変更又は削除したとき。

第6章 補則

(その他)

第19条 この訓令に定めるもののほか必要な事項は、消防長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、公示の日から施行する。

(旭市消防本部消防通信指令規程の廃止)

2 旭市消防本部消防通信指令規程(平成17年旭市消防本部訓令第16号)は、廃止する。

旭市消防本部消防通信規程

平成30年3月19日 消防本部訓令第5号

(平成30年3月19日施行)