○旭市交通安全指導員設置要綱

令和2年3月31日

告示第53号

(設置)

第1条 交通事故防止及び交通道徳の高揚を図り、併せて市内交通秩序を確保するため旭市交通安全指導員(以下「指導員」という。)を置く。

(委嘱)

第2条 指導員は、市内在住者の中から、人格円満及び身体強健であって交通安全に熱意を有し、かつ、指導力のある者のうちから市長が委嘱する。

2 指導員は、原則として年齢20歳以上70歳未満の者で、260人以内とする。

(任期)

第3条 指導員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

2 指導員が欠けた場合における補欠指導員の任期は、前任者の残任期間とする。

(任務)

第4条 指導員の任務は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 交通道徳の高揚及び関係法令の周知徹底

(2) 交通安全に関する広報宣伝活動

(3) 歩行者及び自転車利用者の交通安全対策

(4) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認めること。

(報償)

第5条 市長は、指導員の任務に対し、予算の範囲内で報償を支払う。

(指導員の留意事項)

第6条 指導員は、任務の遂行に当たり、次の各号に掲げる事項に留意しなければならない。

(1) 任務中交通事故を確認したときは、直ちに負傷者を救護し、警察官に連絡すること。

(2) 警察官の職権行為と紛わしい行為をしないこと。

(3) 服装及び姿勢を端正にし、指導員としての品位の保持に努めること。

(旭市交通安全指導員連絡協議会)

第7条 指導員の連携体制を強化し、適正かつ円滑に任務を遂行できるよう、旭市交通安全指導員連絡協議会(以下「協議会」という。)を設置する。

2 協議会に会長及び副会長を置く。

(出動計画)

第8条 指導員は、市長の定める出動計画に基づき任務に従事するものとする。

2 指導員は、前項の場合のほか、市長が緊急に交通の安全指導等の必要があると認める場合は、直ちにその任務に従事しなければならない。

3 市長は、第1項に規定する出動計画の決定に当たり、必要と認めたときは、あらかじめ関係機関及び協議会の会長と協議するものとする。

(指導員の派遣)

第9条 市長は、旭市行政連絡事務委託要綱(平成18年旭市告示第89号)第2条第1項に規定する区等又は市関係団体(以下「区等」という。)から、旭市交通安全指導員派遣申請書(別記様式)により区等の行事に派遣申請があったときは、内容を審査の上、派遣の可否を決定する。

(退任)

第10条 指導員が退任しようとするときは、あらかじめ文書をもって市長に願い出なければならない。

(解任)

第11条 市長は、指導員が次の各号のいずれかに該当するときは、指導員を解任することができる。

(1) 指導員としてふさわしくない行為があったとき。

(2) 任務上の義務に違反し、又は任務を怠ったとき。

(3) 心身の故障のため任務の遂行が困難となったとき。

(4) 前3号に掲げるほか、市長が解任を必要と認めたとき。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、令和2年4月1日から施行する。

画像

旭市交通安全指導員設置要綱

令和2年3月31日 告示第53号

(令和2年4月1日施行)