○旭市農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例施行規程

令和2年4月1日

下水道事業管理規程第16号

(趣旨)

第1条 この規程は、旭市農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例(平成17年旭市条例第109号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(排水設備の接続等)

第2条 条例第8条第2号に規定する規程で定める設計は、排水設備の固着箇所を公共ますのインバート上流端の接続孔と管底高とに食い違いの生じないよう、かつ、公共ますの内壁に突き出さないよう差し入れるものとし、固着箇所の周囲をモルタルで埋め、内外面の上塗り仕上げをするものとする。ただし、特別の理由があるときは、別に市長の指示を受けるものとする。

(排水設備の基準)

第3条 条例第8条第2号に規定する規程で定める基準は、下水道法施行令(昭和34年政令第147号)第8条の規定のほか、次の各号に定めるとおりとする。

(1) 水洗便所、台所、浴場及び洗濯場等の汚水流出箇所には、防臭装置を取り付けること。

(2) 防臭装置の封水がサイホン作用又は逆流によって破られるおそれがあると認められるときは、通気管を設けること。

(3) 台所、浴場及び洗濯場等の汚水流出口には、ごみその他の固定物の流下を止めるために有効なストレーナー若しくは幅員1センチメートル以下の格子又は金網を設けること。

(4) 排水管の土かぶりは、私道内では45センチメートル以上、宅地内では20センチメートル以上を標準とすること。ただし、土かぶりがやむを得ず標準に満たない場合は、市長の指示に従うこと。

(5) 地下室その他の汚水の自然流下が十分でない場合における排水は、ポンプ施設を設けて行うこと。この場合におけるポンプ施設は、汚水が逆流しないような構造のものであること。

(排水設備の計画及び計画変更の確認)

第4条 条例第9条の規定により排水設備の計画又は計画変更の確認を受けようとする者は、旭市排水設備計画(変更)確認申請書(第1号様式)次の各号に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 平面図及び縦断図

(2) 除害施設を設けるときは、その構造図

(3) 他人の土地又は排水設備を使用しようとするときは、その同意書

(4) 排水設備の接続等の工事の実施者の資格証明書の写し

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

2 前項の申請があったときは、内容を審査し、適当と認めた場合は、申請者に旭市排水設備計画(変更)確認通知書(第2号様式)により通知する。

(工事完了の届出及び検査済証)

第5条 条例第12条の規定による届出は、旭市排水設備工事完了届(第3号様式)によって行わなければならない。

2 条例第12条の規定による検査に合格したときは、旭市検査済証(第4号様式)を交付する。

(使用開始等の届出)

第6条 条例第13条第1項に規定する使用開始等の届出は、旭市農業集落排水処理施設使用開始(休止・廃止・再開)(第5号様式)によって行わなければならない。

(その他)

第7条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

この規程は、令和2年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

旭市農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例施行規程

令和2年4月1日 下水道事業管理規程第16号

(令和2年4月1日施行)