○旭市私立幼稚園第3子以降保育料等補助金交付要綱

令和元年9月30日

告示第122号

(趣旨)

第1条 この要綱は、私立幼稚園に就園する園児の入園料、保育料及び給食費(以下「保育料等」という。)を補助することにより保護者の経済的負担の軽減を図るため、旭市私立幼稚園第3子以降保育料等補助金(以下「補助金」という。)を交付することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 私立幼稚園 学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づき設置された私立幼稚園で新制度に未移行のものをいう。

(2) 第3子以降の園児 保護者に子が3人以上いる場合において、その3人目以降の私立幼稚園に在園する園児をいう。

(3) 保護者 私立幼稚園に在園する園児の保育料等の納入義務を有するものをいう。

(補助対象者)

第3条 補助金の交付を受けることができる者は、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子どもを3人以上養育し、かつ、本市に住所を有する第3子以降の園児の保護者とする。

(補助金の額)

第4条 補助金の額は、前条に規定する保護者の第3子以降の園児(以下「対象園児」という。)に係る当該年度に私立幼稚園に支払った保育料等(副食費については月額4,500円を限度とする。預かり保育事業は除く。)の額から、子ども・子育て支援法第30条の11の規定による施設等利用費及び旭市私立幼稚園副食費の実費徴収に係る補足給付事業実施要綱(令和元年旭市告示第121号)に基づく給付金に相当する額を減じて得た額に相当する額とする。

(交付申請)

第5条 補助金の交付の申請をしようとする者(以下「交付申請者」という。)は、旭市私立幼稚園第3子以降保育料等補助金申請書兼請求書(第1号様式)を教育委員会が指定する期日までに、市長に提出しなければならない。

(交付決定等)

第6条 市長は、前条の申請書の提出があったときは、その内容を審査して補助金交付の可否を決定し、旭市私立幼稚園第3子以降保育料等補助金交付決定(却下)通知書(第2号様式)により交付申請者に通知するものとする。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、令和元年10月1日から施行する。

画像画像

画像

旭市私立幼稚園第3子以降保育料等補助金交付要綱

令和元年9月30日 告示第122号

(令和元年10月1日施行)