○別府市例規審査委員会規則

昭和30年7月16日

規則第8号

(設置)

第1条 例規に関する重要事項を審査するため、別府市例規審査委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(審査事項)

第2条 委員会は、次に掲げる事項を審査する。

(1) 条例、規則、その他重要な訓令、告示等の制定若しくは改廃に関すること。

(2) 法令及び市の例規の解釈及び適用に関すること。

(3) その他法規に関係ある重要なこと。

(委員会の構成)

第3条 委員会は、委員長及び委員若干名で組織する。

2 委員長は、副市長をもって充てる。

3 委員は、市職員のうちから市長が任命する。

(一部改正〔平成2年規則33号・19年6号〕)

(委員長)

第4条 委員長は、会務を掌理し、会議の議長となる。

2 委員長に事故があるときは、あらかじめ委員長が指定する委員がその職務を代理する。

(付議の手続)

第5条 事案を審議会に付議しようとするときは、関係部課等の長の回議を経た後に、事案に提案理由を付して委員会に提出しなければならない。

2 委員会には当該事案の主管部課等の長又は立案者が必ず出席して、その内容を説明しなければならない。

(一部改正〔平成19年規則6号・29年16号〕)

(招集)

第6条 委員会の会議は、必要の都度委員長が招集する。

(結果の報告)

第7条 委員会において決定した事項は、原議に「例規審査委員会決定事項」として添付し、及び関係課等の長に返戻する。

(一部改正〔平成29年規則16号〕)

(庶務)

第8条 委員会の庶務は、例規担当課において処理する。

(雑則)

第9条 この規則で定めるもののほか、必要な事項は、委員長が別に定める。

この規則は、公布の日から施行する。

(昭和42年7月20日規則第21号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(昭和48年8月24日規則第38号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平成2年10月1日規則第33号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平成19年1月26日規則第6号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

(平成29年3月31日規則第16号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

別府市例規審査委員会規則

昭和30年7月16日 規則第8号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第3節 文書・公印
沿革情報
昭和30年7月16日 規則第8号
昭和42年7月20日 規則第21号
昭和48年8月24日 規則第38号
平成2年10月1日 規則第33号
平成19年1月26日 規則第6号
平成29年3月31日 規則第16号