○別府市福祉サービス相談委員会条例

平成13年3月30日

条例第9号

(設置)

第1条 別府市が設置する保育所(以下「保育所」という。)の福祉サービスに関する利用者等の苦情に適切に対応することにより、利用者の権利を擁護し、利用者が福祉サービスを適切に受けることができるように支援するとともに、利用者等の苦情の円滑かつ円満な解決の促進、保育所の信頼の確保及び適正な福祉サービスの確保を図ることを目的とし、別府市福祉サービス相談委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(一部改正〔平成20年条例3号〕)

(所掌事務)

第2条 委員会は、保育所の利用者等からの苦情を解決するため、次に掲げる事務を所掌する。

(1) 苦情の内容の確認及び把握

(2) 苦情を申し出た利用者等及び苦情を受けた保育所の責任者への助言

(3) 苦情解決に向けての話合いへの立会い

(4) その他苦情解決に関し必要な事務

(一部改正〔平成20年条例3号〕)

(組織)

第3条 委員会は、苦情解決を図るため中立性、公平性を有する者のうちから、市長が委嘱する委員3名で組織する。

2 委員会に委員長を置き、委員の互選により選出する。

3 委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けたときは、あらかじめ委員長の指定する委員が、その職務を代理する。

(任期)

第4条 委員会の委員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会議)

第5条 委員会は、委員長が招集する。

2 委員会は、必要に応じて随時に開催する。

3 委員会には、必要に応じて苦情を申し出た利用者等及び保育所の苦情解決の責任者を出席させることができる。

(一部改正〔平成20年条例3号〕)

(秘密の保持)

第6条 委員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、また、同様とする。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は、福祉事務所内において処理する。

(委任)

第8条 この条例に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、規則で定める。

この条例は、平成13年4月1日から施行する。

(平成20年3月7日条例第3号)

(施行期日)

1 この条例は、平成20年4月1日から施行する。

別府市福祉サービス相談委員会条例

平成13年3月30日 条例第9号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第8編 社会福祉/第1章
沿革情報
平成13年3月30日 条例第9号
平成20年3月7日 条例第3号