○別府市老人ホーム入所判定委員会条例

平成4年3月26日

条例第12号

(設置)

第1条 養護老人ホーム及び特別養護老人ホーム(以下「老人ホーム」という。)への適正な入所措置を図るため、別府市老人ホーム入所判定委員会(以下「入所判定委員会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 入所判定委員会は、次の各号に掲げる事項を審査する。

(1) 老人ホームの入所措置についての要否に関する事項

(2) その他老人ホームの入所等の措置に関し必要な事項

(組織)

第3条 入所判定委員会は、次に掲げる者10人以内で組織し、市長が委嘱し、又は任命する。

(1) 別府保健所長

(2) 医師(精神科医師を含む。)

(3) 別府市内の老人福祉施設の代表者

(4) 別府市福祉事務所に勤務する職員

2 入所判定委員会に会長を置き、委員の互選により選出する。

(任期)

第4条 入所判定委員会委員の任期は、2年とし、再任を妨げない。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(招集)

第5条 入所判定委員会は、会長が招集する。

(庶務)

第6条 入所判定委員会の庶務は、福祉事務所において処理する。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、運営に関し必要な事項は、市長か別に定める。

この条例は、平成4年4月1日から施行する。

別府市老人ホーム入所判定委員会条例

平成4年3月26日 条例第12号

(平成4年4月1日施行)

体系情報
第8編 社会福祉/第4章 老人福祉
沿革情報
平成4年3月26日 条例第12号