○海老名市理事者会議に関する規程

平成19年5月1日

訓令第8号

海老名市理事者会議に関する規程

(趣旨)

第1条 この訓令は、海老名市の政策又は施策の立案へ向けた審査、調査等を行うため、海老名市理事者会議(以下「理事者会議」という。)を設置し、その組織及び運営に関し、必要な事項を定める。

(平成21訓令1・一部改正)

(所掌事務)

第2条 理事者会議は、原則として次に掲げる事項で、各部等から政策会議又は最高経営会議へ提案されていないものについて審査、調査等を行うものとする。

(1) 市長が必要と認めた事項

(2) 海老名市でこれまでに実施したことがない先進的事項

(3) 特に重要で緊急を要する政策的事項

(4) その他理事者会議の構成員が必要と認めた事項

2 前項の規定にかかわらず、最高経営会議の審議決定事項について、当該会議から委任を受けたときは、理事者会議が当該事項を審議し、決定するものとする。

(平成21訓令1・令和元訓令11・一部改正)

(組織)

第3条 理事者会議は、市長、副市長、教育長及び理事をもって組織する。

(会議等)

第4条 理事者会議の会議は、市長が招集する。

2 理事者会議の定例会議は、原則として毎月第3月曜日とする。ただし、市長は必要に応じて臨時会議を開くことができる。

3 理事者会議は、審査、調査等を行った結果、政策又は施策としていくべきと判断した事項については、当該部等に対して提案し、検討を命ずるものとする。ただし、理事者会議で政策会議又は最高経営会議へ直接提案すべきと判断したときは、いずれかの会議へ理事者会議が直接提案することができる。

(関係者の出席等)

第5条 理事者会議は、会議の開催に当たって、必要があると認めたときは、関係者の出席を求め、意見及び説明を聴き、資料の提出を求めることができる。

(庶務)

第6条 理事者会議の庶務は、秘書課において処理するものとする。

(平成22訓令10・一部改正)

(委任)

第7条 この訓令に定めるもののほか、理事者会議の運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(平成21訓令1・一部改正)

この訓令は、平成19年5月1日から施行する。

(平成21年2月9日訓令第1号)

この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

(平成22年3月31日訓令第10号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

(令和元年11月5日訓令第11号)

この訓令は、令和2年4月1日から施行する。

海老名市理事者会議に関する規程

平成19年5月1日 訓令第8号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成19年5月1日 訓令第8号
平成21年2月9日 訓令第1号
平成22年3月31日 訓令第10号
令和元年11月5日 訓令第11号