○府中市選挙管理委員会傍聴人規程

昭和63年7月29日

府(選)告示第43号

(傍聴人)

第1条 府中市選挙管理委員会の会議を傍聴しようとする者(以下「傍聴人」という。)は、あらかじめ委員長に所定の届出書(別記様式)を提出しなければならない。

(傍聴人の数)

第2条 傍聴人の数は、別に定める。

(傍聴できない者)

第3条 次の各号の一に該当する者は、傍聴することができない。

(1) 銃器、棒その他人に危害を加え、又は迷惑を及ぼすおそれのある物を携帯している者

(2) 拡声器、録音機、写真機、撮影機の類を携帯している者

(3) 酒気を帯びている者

(4) その他会議を妨害することを疑うに足りる顕著な事情が認められる者

(傍聴人の守るべき事項)

第4条 傍聴人は静粛を旨とし、次の事項を守らなければならない。

(1) 会議における言論に対して拍手その他の方法により可否を表明しないこと。

(2) 騒ぎ立てる等会議を妨害しないこと。

(3) 帽子、外とうの類を着用しないこと。ただし、病気その他正当な理由があると委員長が認めた場合はこの限りでない。

(4) 飲食等をしないこと。

(5) その他会議の秩序を乱し、又は会議の妨害となるような行為をしないこと。

(傍聴人の退室)

第5条 傍聴人は、次の各号の一に該当するときには、速やかに退室しなければならない。

(1) 委員長が非公開の会議であることを宣告したとき。

(2) 傍聴人がこの規程に違反し、委員長が退室を命じたとき。

この規程は、昭和63年8月1日から施行する。

画像

府中市選挙管理委員会傍聴人規程

昭和63年7月29日 選挙管理委員会告示第43号

(昭和63年7月29日施行)

体系情報
第2類 議会・選挙・監査/第2章
沿革情報
昭和63年7月29日 選挙管理委員会告示第43号