○富士宮市廃棄物の投棄又は埋立処分の規制に関する条例施行規則

昭和47年6月30日

富士宮市規則第10号

(趣旨)

第1条 この規則は、富士宮市廃棄物の投棄又は埋立処分の規制に関する条例(昭和47年富士宮市条例第20号。以下「条例」という。)第7条の規定に基づき、条例の施行について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 条例第3条第1項に規定する「多量の廃棄物の処理を行う場合」とは、次の各号に掲げる場合をいう。

(1) 廃棄物の容量が5立方メートル以上の場合

(2) 30平方メートル以上の土地に廃棄物を処理しようとする場合

(同意申請等)

第3条 条例第3条第1項の規定による市長の同意を得ようとする者は、第1号様式の同意申請書を市長に提出しなければならない。

2 市長は、同意又は不同意の決定をしたときは遅滞なく当該廃棄物の処理を行う者に対し、第2号様式の1又は第2号様式の2の決定通知書により通知するものとする。

(事故防止措置)

第4条 条例第3条第1項の規定による市長の同意を得た者は、当該廃棄物の処理を行う場合は、投棄又は埋立処分を行う場所に次の事故防止の措置を講じなければならない。

(1) 塀、柵その他の囲障

(2) その他市長が指示する措置

(表示)

第5条 条例第5条に規定する表示は、第3号様式によるものとする。

(中止命令)

第6条 条例第6条の規定により市長が当該廃棄物の処理を行う者又は土地の占有者に対し中止を命ずるときは、第4号様式の中止命令書によるものとする。

この規則は、昭和47年7月1日から施行する。

(令和3年3月5日規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は、令和3年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に改正前の様式(次項において「旧様式」という。)により使用されている書類は、改正後の様式によるものとみなす。

3 この規則の施行の際現にある旧様式による用紙については、当分の間、これを調整して使用することができる。

(一部改正〔令和3年規則6号〕)

画像

画像

画像

画像

画像

富士宮市廃棄物の投棄又は埋立処分の規制に関する条例施行規則

昭和47年6月30日 規則第10号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第4章 生/第2節 環境衛生
沿革情報
昭和47年6月30日 規則第10号
令和3年3月5日 規則第6号