○福井市役所事務室等管理規程

昭和50年10月1日

訓令甲第7号

(目的)

第1条 この規程は、庁舎の効果的な利用に関し、必要な事項を定めるとともに、快適な環境で事務を執行し、事務能率を高めることができるようにするため、事務室等の管理について必要な事項を定めることを目的とする。

(基本理念)

第2条 事務室等の管理は、大部屋主義を原則とし、限られた面積を最大限に活用するとともに、市民にとっては親しみやすく、かつ、わかりやすいように、職員にとっては、機能的で、かつ、合理的に事務処理ができるようにすることを基本理念として行うものとする。

(定義)

第3条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 庁舎 福井市役所本館、別館及びそれらの附属物をいう。

(2) 事務室等 庁舎の事務室、会議室(企業局庁舎5階大ホールを含む。以下同じ。)、共通通路部分(階段、エレベーターを含む。以下同じ。)、市民ホール及び更衣室をいう。

(3) 保管庫 保管文書、行政資料、共通物品及び帳票等を収納するものをいう。

(4) 各課等 福井市行政組織規則(平成28年福井市規則第71号)第7条に定める課等、福井市議会事務局設置条例(昭和42年福井市条例第15号)第3条に定める課、福井市教育委員会行政組織規則(平成18年福井市教育委員会規則第3号)第7条に定める室及び課、監査事務局、選挙管理委員会事務局並びに農業委員会事務局をいう。

(事務室内の配置)

第4条 各課等の事務室内に設置してある机、電話、事務機械(印刷機械については、第13条の規定による。)、保管庫等(以下「机等」という。)について、みだりに配置を変更してはならない。やむを得ず配置を変更しようとするときは、各課等の長は、施設活用推進課長にあらかじめ配置図を添付して協議するとともに、その旨を届け出なければならない。

(机等の設置の基準)

第5条 各課等の事務室内に机等を設置するときは、次に定める基準によらなければならない。

(1) 高さが0.9メートルを超える保管庫の使用は、原則として認めない。ただし、壁面に密着できる場合、パーティション面に密着できる場合及び柱に密着し、その幅を超えない場合で全体の美観を損なわない程度で使用することができる。

(2) 事務室の区分を保管庫で行う場合は、原則としてその高さは、0.9メートル以内とする。ただし、やむを得ずレターケース等をのせる場合は、床から1.3メートル以内までとすることができる。

(3) 白板、カウンター、窓、ファンコイル及びパーティションの位置は変更できないので、そのことを考慮して机等を配置する。

(4) 電話及びコンセントの位置は、変更しないような配置とする。

(5) その他施設活用推進課長が必要と認めた事項

(事務機械以外の電気器具の使用許可)

第6条 各課等の長が、事務機械以外の電気器具(福井市役所防火・防災管理規程(平成18年福井市訓令甲第23号)により許可申請書を提出するものを除く。)を使用しようとするときは、電気器具使用許可申請書(第1号様式)を施設活用推進課長に提出し、許可を受けなければならない。

(会議室等の使用)

第7条 会議室等を所管する課を別表第1のとおり定める。

2 各課等の長が施設活用推進課の所管する会議室を使用しようとするときは、会議室予約システム(電子計算機を利用して施設活用推進課の所管する会議室に係る情報の管理等を行う情報処理システムをいう。)により、施設活用推進課長の許可を受けなければならない。

3 施設活用推進課の所管する会議室以外の会議室等を使用しようとする者は、その所管する各課等の長の許可を受けなければならない。

4 会議室等を使用しようとする者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 会議室等は、常に清潔に保つように努めること。

(2) 会議室等に配置してある設備及び備品は、丁寧に取り扱い、破損し、又は紛失しないように努めること。

(3) その他会議室等を所管する各課等の長が定めた事項を遵守すること。

(共通通路部分、前庭及び市民ホールの使用)

第8条 各課等の長が共通通路部分、前庭及び市民ホールを展示又は物を置く目的で使用しようとするときは、共通通路部分等の使用許可申請書(第2号様式)により施設活用推進課長の許可を受けなければならない。

(自転車置場)

第9条 職員が自転車で通勤したときは、当該自転車を、施設活用推進課長が指定した場所に整理して置かなければならない。

(更衣室)

第10条 職員は、更衣室及び衣類ロッカーについて、常に整理整頓に心がけなければならない。

(掲示物等)

第11条 職員は、掲示物等を掲示する際、次に定める事項を守らなければならない。

(1) 天井からいっさいの物をつり下げないこと。

(2) ポスター等は、次に掲げる掲示板の使用目的に従い、掲示するものとする。

 職員用掲示板 専ら職員に対する広報を目的とする。

 広報用掲示板 専ら市の事業の広報活動としての広報を目的とする。

 施設活用推進課掲示板 市の事業の広報を目的とする。

 一般用掲示板 専ら一般市民に対する広報を目的とする。

(3) 庁舎内で行われる行事等の案内のため、掲示板以外の場所に掲示を必要とするときは、施設活用推進課長の許可を得て移動掲示板その他これに類するものを用いることができる。

(4) カウンターの上には、課名表示スタンド以外の物を常時置いてはならない。ただし、花ばち等庁舎の美化に寄与する物は、この限りでない。

(5) 横断幕等の掲示は、施設活用推進課長が指定した場所に掲示しなければならない。

(6) 本館1階に設置する展示ケースは、市の事業を広報する目的で使用するものとする。

2 各課等の長は、前項第2号ウの掲示板を使用しようとするとき、同項第5号の規定により横断幕等を掲示するとき、又は同項第6号に規定する展示ケースを使用するときは、施設活用推進課長に掲示物を提示し、掲示物許可申請書(第3号様式)により許可を受けなければならない。

3 施設活用推進課の所管する以外の掲示板を使用するときは、その所管に属する長の許可を受けなければならない。

(保管庫の使用の原則)

第12条 各課等で使用する保管庫は、原則として次に掲げる場合のみ使用できるものとし、保管庫には、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める表示をしなければならない。

(1) 福井市文書管理規程(平成3年福井市訓令甲第2号)に規定する未完結文書、完結文書を整理し、及び保管するために使用する場合 保管文書

(2) 福井市行政資料の利用及び提供に関する規程(平成18年福井市訓令甲・福井市教育委員会訓令甲第1号)に規定する各課等に保管する行政資料を整理、保管するために使用する場合 行政資料

(3) 共通物品及び消耗品を保管するために使用する場合 共通物品

(4) 帳票を保管するために使用する場合 帳票

(5) 備品、器具類を保管するために使用する場合 器具等

(6) その他施設活用推進課長が必要と認めた用途に使用する場合 特例物品

2 前項の規定により表示をした保管庫のうち、災害等の発生により非常持出をする必要があるものには、施設活用推進課長が定める非常持出に掲げる場合の区分に応じ、施設活用推進課長が定める表示をしなければならない。

(印刷機械の集中管理)

第13条 文書法制課長は、印刷の合理化により経費の節減を図るため、印刷をする機械(以下「印刷機械」という。)を集中管理する。

(設置)

第14条 前条の目的を達成するため、印刷機械を設置しようとする各課等の長は、印刷機械の維持管理について文書法制課長と協議する。

(経費の負担)

第15条 職員は、経費の節減に努め、使用の用途に応じ、印刷機械を使用しなければならない。単に便利だから使用するという考えは、現に慎まなければならない。

2 印刷機械を使用することによって要する経費は、使用する各課等の負担とする。

(その他職員の守るべき事項)

第16条 職員は、前条までの規定のほか、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 庁舎内は、常に整理整頓し、庁舎の美化に努めること。

(2) 退庁の際、その各課等の出入口及び窓の戸締りを完全にし、盗難の予防に努めること。

(3) 電灯は、事務に必要な場合に使用し、使用後は、直ちに消灯すること。

(4) 庁舎を常に清潔に保つよう努めること。特に、洗面所、湯沸場及び水屋について清潔に保つこと。

(5) 私物(福井市財務会計規則(昭和39年福井市規則第11号)に定める財産を除く一切の財産をいう。)は、庁舎の事務室(更衣室を除く。)内に持ち込まないこと。

(6) 庁舎の施設又は設備を丁寧に取り扱い、破損又は汚損の防止に努めること。

(7) みだりに屋上、ベランダその他施設活用推進課長が特に立入りを禁止した場所に立ち入らないこと。

(8) 机の上を常に整理し、退庁の際は、机の上に物を置かないこと。

(9) 電気器具を使用する際に、配線をみだりに増やし、特にたこ足配線とならないようにすること。

(10) その他庁舎の管理上施設活用推進課長が必要と認めた事項

(協議)

第17条 各課等の長は、第4条に定める事務室内の配置の変更及び第12条第1項第6号の規定により保管庫を使用するときは、事務室内の配置等変更協議書(第4号様式)により施設活用推進課長に協議しなければならない。

2 施設活用推進課長は、前項の規定により協議を受けたときは、その結果を当該各課等の長に通知するものとする。

3 施設活用推進課長は、第1項の規定による協議を受けたときは、必要に応じ各課等の長の意見を聴き、変更を加えることができる。

(委任)

第18条 この規程の施行に関し、必要な事項は、別に定める。

1 この規程は、訓令の日から施行する。

2 この規程の施行前にすでに設置してある机等及び印刷等機械については、この規程の定めるところにより設置されたものとみなす。

(昭和53年訓令甲第3号)

この規程は、訓令の日から施行する。

(昭和53年訓令甲第8号)

この規程は、昭和53年7月1日から施行する。

(昭和53年訓令甲第14号)

この規程は、昭和53年10月1日から施行する。

(昭和55年訓令甲第10号)

この規程は、訓令の日から施行する。

(昭和56年訓令甲第15号)

この規程は、訓令の日から施行する。

(平成元年訓令甲第3号)

この規程は、平成元年4月1日から施行する。

(平成2年訓令甲第2号)

この訓令は、公布の日から施行する。

(平成2年訓令甲第4号)

この規程は、平成2年4月1日から施行する。

(平成3年訓令甲第5号)

この規程は、平成3年4月1日から施行する。

(平成4年訓令甲第1号)

この規程は、平成4年4月1日から施行する。

(平成6年訓令甲第4号)

この規程は、平成6年10月1日から施行する。

(平成10年訓令甲第8号抄)

(施行期日)

1 この訓令は、平成10年4月1日から施行する。

(平成10年訓令甲第8号の1)

この訓令は、平成10年4月1日から施行する。

(平成23年訓令甲第6号)

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

(平成25年4月1日訓令甲第17号)

この訓令は、平成25年4月1日から施行する。

(平成26年4月1日訓令甲第20号)

この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

(令和2年7月10日訓令甲第16号)

この訓令は、令和2年7月10日から施行する。

(令和6年4月1日訓令甲第13号)

この訓令は、令和6年4月1日から施行する。

別表第1(第7条関係)

会議室

所管する課

第8会議室A(本館8階)

第8会議室B(本館8階)

第3会議室A(本館3階)

第3会議室B(本館3階)

第3会議室C(本館3階)

第6会議室(本館6階)

第11会議室B(別館中2階)

第11会議室C(別館中2階)

第14会議室D(別館4階)

第15会議室B(別館5階)

上下水道局大ホール(上下水道局庁舎5階)

施設活用推進課

庁議室

秘書課

研修室

職員課

査定室

財政課

入札室

契約課

大講堂(別館5階)

危機管理課

第1委員会室

第2委員会室

第3委員会室

第4委員会室

議会事務局庶務課

画像

画像

画像

画像

福井市役所事務室等管理規程

昭和50年10月1日 訓令甲第7号

(令和6年4月1日施行)

体系情報
第4類 行政通則/第2章
沿革情報
昭和50年10月1日 訓令甲第7号
昭和53年4月1日 訓令甲第3号
昭和53年6月30日 訓令甲第8号
昭和53年9月30日 訓令甲第14号
昭和55年11月10日 訓令甲第10号
昭和56年10月1日 訓令甲第15号
平成元年3月30日 訓令甲第3号
平成2年3月9日 訓令甲第2号
平成2年3月26日 訓令甲第4号
平成3年3月27日 訓令甲第5号
平成4年3月26日 訓令甲第1号
平成6年9月30日 訓令甲第4号
平成10年4月1日 訓令甲第8号
平成10年4月1日 訓令甲第8号の1
平成23年4月1日 訓令甲第6号
平成25年4月1日 訓令甲第17号
平成26年4月1日 訓令甲第20号
令和2年7月10日 訓令甲第16号
令和6年4月1日 訓令甲第13号