○福井市大安寺温泉配湯条例

昭和43年6月24日

条例第24号

(趣旨)

第1条 この条例は、福井市大安寺温泉(以下「温泉」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(配湯の許可)

第2条 配湯を受けようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

(配湯料)

第3条 配湯料の額は、1立方メートルにつき103円を超えない範囲内で規則で定める。

(配湯料の減免)

第4条 市長は、公益上特に必要があると認めるときは、配湯料を減免することができる。

(配湯料の納付)

第5条 第3条の配湯料は、市長の定める日までに納付しなければならない。

(配湯料の不還付)

第6条 既納の配湯料は、還付しない。ただし、市長において特にやむを得ない事情があると認めるときは、その全部又は一部を返還することができる。

(許可の取消し等)

第7条 市長は、配湯を受けようとする者が次の各号の一に該当するときは、その使用を許可せず、又は許可を取り消すことができる。

(1) この条例に基づく規則に違反したとき。

(2) その他管理上支障があると認められるとき。

(損害賠償)

第8条 配湯を受けているものは、故意又は過失によりその施設を損傷又は滅失したときは、市長の定める損害額を賠償しなければならない。

(施行の細目)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が定める。

この条例は、公布の日から施行する。

(昭和59年条例第13号)

この条例は、昭和59年4月1日から施行する。

(平成元年条例第25号)

この条例は、平成元年4月1日から施行する。

(平成7年条例第13号)

この条例は、平成7年4月1日から施行する。

(平成9年条例第7号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成9年4月1日から施行する。

(平成26年3月25日条例第3号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(使用料等に関する経過措置)

2 この条例(第31条、第33条、第38条及び第39条の規定を除く。)による改正後のそれぞれの条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後の使用、利用、占用、観覧、配湯、採取及び搬入等(以下「使用等」という。)に係る使用料、利用料、利用料金、占用料、観覧料、配湯料、採取料、土砂採取料及び手数料(以下「使用料等」という。)について適用し、施行日前の使用等に係る使用料等については、なお従前の例による。

(平成31年3月20日条例第7号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成31年10月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(使用料等に関する経過措置)

2 この条例(第43条、第56条及び第57条の規定を除く。)による改正後のそれぞれの条例の規定は、施行日以後の使用、利用、占用、観覧、配湯、採取及び搬入等(以下「使用等」という。)に係る使用料、利用料、利用料金、占用料、観覧料、配湯料、採取料、土砂採取料及び手数料(以下「使用料等」という。)について適用し、施行日前の使用等に係る使用料等については、なお従前の例による。

福井市大安寺温泉配湯条例

昭和43年6月24日 条例第24号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
第10類 産業経済/第1章 商工・観光
沿革情報
昭和43年6月24日 条例第24号
昭和59年3月28日 条例第13号
平成元年3月24日 条例第25号
平成7年3月27日 条例第13号
平成9年3月24日 条例第7号
平成26年3月25日 条例第3号
平成31年3月20日 条例第7号