○福井市体育施設の利用料金等に関する規則

平成19年3月27日

規則第16号

福井市体育施設使用料の徴収に関する規則(平成12年福井市規則第81号の2)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、福井市体育施設条例(平成18年福井市条例第169号。以下「条例」という。)に規定する利用料金及び使用料に関し必要な事項を定めるものとする。

(用語)

第2条 この規則における用語の意義は、条例の例による。

(利用料金の額に係る承認の申請)

第3条 条例第25条の規定による指定を受けて条例別表第1の1有料体育施設の表3の項から10の項まで及び25の項から29の項までに掲げる体育施設(以下「有料指定管理施設」という。)の管理を行う指定管理者は、条例第9条第2項後段の規定により利用料金の額に係る承認を受けようとするときは、あらかじめ福井市体育施設利用料金に関する承認申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(利用料金の額に係る承認)

第4条 市長は、前条の規定により有料指定管理施設の利用料金の額に関する承認申請書の提出があった場合は、その内容について検討し、適当と認めたときは、福井市体育施設利用料金に関する承認決定書(様式第2号)により通知するものとする。

(利用料金の後払い)

第5条 条例第10条ただし書の規定により、利用料金の後払いの承認を受けようとする者は、あらかじめ福井市体育施設利用料金等後払い承認申請書(様式第3号)を指定管理者に提出しなければならない。

2 指定管理者は、前項の規定により利用料金の後払いの申請があったときは、速やかにその内容を審査し、当該後払いの可否を決定し、その旨を当該申請をした者に書面により通知するものとする。

(利用料金の免除)

第6条 条例第11条の規定により、指定管理者が利用料金の全部又は一部を免除することができる場合は、別表に定めるとおりとする。

2 利用料金の免除を受けようとする者は、あらかじめ福井市体育施設利用料金等免除申請書(様式第4号)を指定管理者に提出しなければならない。

3 指定管理者は、前項の規定により利用料金の免除の申請があったときは、速やかにその内容を審査し、当該免除の可否を決定し、その旨を書面により当該申請をした者に通知するものとする。

(利用料金の返還)

第7条 条例第12条ただし書の規定により、指定管理者が利用料金の全部又は一部を返還することができる場合は、次の各号のいずれかに該当する場合とし、返還することができる額は、当該各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める額とする。

(1) 利用者の責めによらない理由により有料指定管理施設を利用することができなくなった場合 利用料金の100パーセントに相当する額

(2) 利用者が、有料指定管理施設の利用日前4日までに利用の取消しの申請をした場合 利用料金の75パーセントに相当する額

(3) 利用者が、有料指定管理施設の利用日前3日から利用日前日までに利用の取消しの申請をした場合 利用料金の50パーセントに相当する額

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が特別の事由があると認めた場合 市長が別に定める額

2 既に支払われた利用料金の返還を受けようとする者は、指定する書面(様式第5号)に支払ったことを証する書面を添えて指定管理者に提出しなければならない。

3 指定管理者は、前項の規定により利用料金の返還について申請があったときは、速やかにその内容を審査し、返還の可否を決定し、その旨を書面により当該申請をした者に通知するものとする。

(目的外使用)

第8条 条例第21条第1項に規定する体育施設の目的外使用の許可を受けようとする者は、福井市体育施設目的外使用許可申請書(様式第6号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の規定により目的外使用について申請があったときは、速やかにその内容を審査し、目的外使用の可否を決定し、その旨を書面により通知するものとする。

(目的外使用料の免除)

第9条 条例第21条第2項ただし書の規定により、体育施設の目的外使用料の全部又は一部を免除することができる場合は、次の各号のいずれかに該当する場合とし、免除することができる額は、当該各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める額とする。

(1) 条例別表第1の1有料体育施設の表1の項、2の項、4の項から8の項まで及び23の項に掲げる体育施設において、利用者が入場者から入場料を徴収して利用しようとする場合 使用料に相当する額

(2) 福井市財務会計規則(昭和39年福井市規則第11号)第172条の4第1項第1号から第3号までに掲げる場合 当該各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める額

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める場合 市長が必要と認める額

2 前項に規定する免除を受けようとする者は、福井市体育施設目的外使用料免除申請書(様式第7号)を市長に提出しなければならない。

3 市長は、前項の規定により目的外使用料の免除の申請があったときは、速やかにその内容を審査し、当該免除の可否を決定し、その旨を書面により当該申請をした者に通知するものとする。

(指定管理者施設以外の体育施設)

第10条 第5条から第7条まで及び別表の規定は、指定管理者施設以外の体育施設の使用料について準用する。この場合において、第5条から第7条までの規定中「利用料金」とあるのは「使用料」と、「指定管理者」とあるのは「市長」と、「返還」とあるのは「還付」と、「有料指定管理施設」を「指定管理施設以外の有料の体育施設」と、別表(備考を除く。)中「利用料金」とあるのは「使用料」と、同表備考中「条例別表第3の1専用利用料金の上限額の表の地域体育館の会議室、屋内運動場の会議室及び総合スポーツ施設きららパークの会議室又はミーティングルームの利用に係る利用料金」とあるのは「条例別表第4の1専用使用料の表の体育館の会議室及び多目的ホール、用途別優先体育館の会議室並びに総合スポーツ施設スポーツ公園野球場「福井フェニックススタジアム」の会議室及びブルペンの利用に係る使用料」と、それぞれ読み替えてこれらの規定を適用する。

(委任)

第11条 この規則に定めるもののほか、体育施設の利用に関し必要な事項は、市長が別に定める。

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

(平成20年規則第25号の4)

この規則は、福井市体育施設条例の一部を改正する条例(平成20年福井市条例第18号)の施行の日から施行する。

(平成20年規則第32号)

この規則は、平成20年7月1日から施行する。ただし、第9条の改正規定は、公布の日から施行する。

(平成24年規則第14号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

(平成26年9月30日規則第55号)

この規則中第1条の規定は平成26年10月1日から、第2条の規定は同年12月1日から施行する。

(平成28年6月29日規則第86号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平成31年3月25日規則第30号)

この規則は、平成31年4月1日から施行する。

(令和元年8月21日規則第9号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

(令和6年3月29日規則第23号)

(施行期日)

1 この規則は、令和6年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の別表の規定は、施行日以後の利用に係る利用料金及び使用料の免除について適用し、同日前の利用に係る利用料金及び使用料の免除については、なお従前の例による。

別表(第6条、第10条関係)

番号

免除の範囲

免除の割合又は免除の額

利用料金

附属設備等の利用料金

1

福井市又は福井市教育委員会が主催又は共催する体育行事で市民を対象とするもの

100%

100%

2

福井市又は福井市教育委員会が主催又は共催する体育行事で市民を対象としないもの

100%


3

福井市が実施する公益社団法人福井市スポーツ協会への委託事業

100%

100%

4

市を単位とする体育団体が主催又は共催する体育行事

100%


5

小学校区又は公民館を単位とする社会教育関係団体が主催する体育行事で地区住民を対象とするもの

100%


6

県を単位とする体育団体が主催又は共催する体育行事

50%


7

全国を単位とする団体が主催又は共催する体育行事

市外居住者が利用する場合の加算額


8

福井市又は福井市教育委員会が主催又は共催する行事(体育行事を除く。)で市民を対象とするもの

100%


9

小学校区又は公民館を単位とする社会教育関係団体が主催する行事(体育行事を除く。)で地区住民を対象とするもの

90%


10

市内に居住する障がい者の福祉の向上を目的として用途別優先体育館を利用した場合

100%

100%

11

その他市長が特に免除の必要があると認めた場合

市長が必要と認める割合

備考 条例別表第3の1専用利用料金の上限額の表の地域体育館の会議室、屋内運動場の会議室及び総合スポーツ施設きららパークの会議室又はミーティングルームの利用に係る利用料金の免除については、この表4の項から6の項まで及び8の項に定める免除の割合に係る規定にかかわらず、これらの規定は適用しない。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

福井市体育施設の利用料金等に関する規則

平成19年3月27日 規則第16号

(令和6年4月1日施行)

体系情報
第12類 育/第4章
沿革情報
平成19年3月27日 規則第16号
平成20年4月1日 規則第25号の4
平成20年6月27日 規則第32号
平成24年3月30日 規則第14号
平成26年9月30日 規則第55号
平成28年6月29日 規則第86号
平成31年3月25日 規則第30号
令和元年8月21日 規則第9号
令和6年3月29日 規則第23号