○八王子市職員の給与の支給等に関する規則

昭和28年9月29日

規則第28号

(目的)

第1条 この規則は、八王子市職員の給与に関する条例(昭和26年八王子市条例第21号。以下「条例」という。)に基き、給与の支給等について定めることを目的とする。

(給料の支給日)

第2条 給料は、毎月21日にこれを支給する。ただし、その支給する日が日曜日、土曜日又は国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日に当たるときは、繰り上げて支給する。

2 都合により前項の支給日にかかわらず、その全部若しくは一部を繰り上げ、又は繰り下げて支給することができる。

(給料の日割計算)

第3条 職員が給与期間(条例第5条第1項に規定する給与期間をいう。以下同じ。)の中途において、次の各号のいずれかに該当する場合におけるその給与期間の給料は、日割計算により算出した額(その額に、1円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。)を支給する。

(1) 休職にされ、又は休職の終了により復職した場合

(2) 地方公務員法(昭和25年法律第261号。以下「法」という。)第26条の6第1項の規定により配偶者同行休業を始め、又は配偶者同行休業の終了により職務に復帰した場合

(3) 法第55条の2第1項ただし書に規定する許可を受け、又は許可の有効期間の終了により復職した場合

(5) 地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号)第2条の規定により育児休業を始め、又は育児休業の終了により職務に復帰した場合

(6) 停職にされ、又は停職の終了により職務に復帰した場合

(再任用短時間勤務職員及び任期付短時間勤務職員の給料月額の端数計算)

第3条の2 法第28条の5第1項又は第28条の6第2項の規定により採用された職員及び八王子市一般職の任期付職員の採用に関する条例(平成17年八王子市条例第49号)第4条の規定により採用された職員について、条例第4条の2各項の規定による給料月額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額をもつて当該職員の給料月額とする。

(扶養親族の範囲)

第4条 条例第7条に規定する他に生計の途がなく主としてその職員の扶養を受けているものとは、次の各号に該当する者をいう。

(1) その者について他から扶養手当に相当する給与の支給がなされていない者

(2) その者の勤労所得、資産所得、事業所得その他の収入の合計額が年額130万円未満である者

(3) 重度心身障害者の場合は前2号によるほか、終身労務に服することができない程度である者

第5条 条例第8条第1項の届出は、庶務事務システム(職員の勤務状況等の管理に関する事務を処理する電子計算組織をいう。以下同じ。)により行うものとする。ただし、これにより難い場合において、新たに扶養手当の支給を受けようとするときは、扶養親族認定申請書(別記様式第1)により、従前扶養手当の支給を受けていた職員に同項第1号又は第2号に該当する事実が生じたときは、扶養親族異動認定申請書(別記様式第2)により行うことができる。

(同一の親族を扶養する場合)

第6条 同一の親族を扶養する者が2人以上ある場合(条例によつて給与を受ける者以外の者が扶養する場合を含む。)の扶養手当の受給者は、それらの者の年令、同居、別居の別、資力その他一切の事情を考慮してこれを定める。

(扶養手当の返納)

第7条 扶養親族の認定について虚偽の申請により不当の扶養手当の支給を受けたときは、その不当の手当は返納させなお以後の扶養手当を支給しないことができる。

(扶養手当の支給)

第8条 扶養手当は、別に定めるもののほか、給料の支給に準じて支給する。

(給与の減額免除)

第9条 条例第12条第1項の規定に基づく給与の減額免除に係る任命権者の承認の申請は、別に定めるもののほか給与減額免除申請書(別記様式第3)により行わなければならない。

2 条例第12条第1項の市規則で定める日数は、一の生理につき2日とする。

3 結核性疾患及びその他の疾病による休養職員の給与の取扱については別に定めるところによる。

(給与の減額)

第9条の2 条例第12条に規定する給与の減額は、減額すべき事実のあつた日の属する月又はその翌月の給料支給の際、行うものとする。ただし、やむを得ない理由により、当該給料支給の際に給与の減額をすることができない場合には、その後の給料支給の際、行うことができる。

2 前項の場合において、一の給与期間における減額の基礎となる時間の合計に1時間未満の端数があるときは、その端数が30分以上のときは1時間とし、30分未満のときは切り捨てる。

3 給与期間において勤務すべき全期間が欠勤(法令又は任命権者が定める基準によらないで、正規の勤務時間に勤務しないことをいう。)であつたとき、又は減額すべき給与額が減額すべき事実のあつた日の属する給与期間において支給されるべき給与額を超えるときは、当該給与期間において支給されるべき当該給与額を減額するものとする。

(時間外勤務の手続)

第10条 所属長は職員に時間外勤務を命ずる場合においては、庶務事務システムにより行わなければならない。

2 前項の勤務命令を事前に受けることなく勤務した場合はこれを時間外勤務として取り扱わない。ただし、緊急の事件で命令を受ける暇のない場合はこの限りでない。

(時間外勤務手当)

第10条の2 条例第13条第1項の市規則で定める割合は、次の各号に掲げる勤務の区分に応じて、当該各号に定める割合とする。

(1) 条例第13条第1項第1号に掲げる勤務 100分の125

(2) 条例第13条第1項第2号に掲げる勤務 100分の135

2 条例第13条第3項の市規則で定める時間は、職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例(平成13年八王子市条例第3号。以下「勤務時間条例」という。)第2条第2項第3項又は第4項の規定によりあらかじめ定められた1週間の正規の勤務時間(以下「変更前の正規の勤務時間」という。)が38時間45分に満たない場合について、38時間45分から当該変更前の正規の勤務時間を減じた時間とする。

3 条例第13条第3項の市規則で定める割合は、100分の25とする。

(休日勤務手当の支給割合)

第10条の3 条例第14条第2項の市規則で定める割合は、100分の135とする。

(時間外勤務等の時間及び1時間当たりの給与額)

第11条 時間外勤務手当等の支給の基礎となる勤務時間数は、その月の全時間(手当のうち支給割合を異にする部分があるときは、その異にする部分ごとにそれぞれ計算した時間数)によつて計算するものとし、この場合において、その端数が30分以上のときは1時間とし、30分未満のときはこれを切り捨てる。

2 条例第16条第1号に規定する特殊勤務手当のうち市規則で定めるもの及びその額は、別表のとおりとする。

3 条例第16条第2号に規定する特殊勤務手当のうち市規則で定めるものは別表のとおりとし、市規則で定める額は別に定める額とする。

4 条例第16条第1号及び第2号に規定する市規則で定める年間の勤務時間数は、次の各号に掲げる職員の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める時間とする。

(1) 次号に規定する職員以外の職員 1週間当たりの勤務時間に52を乗じて得た時間から休日(勤務時間条例第10条に規定する日をいう。)の合計日数に7.75を乗じて得たものを減じた時間

(2) 再任用職員及び任期付短時間勤務職員 前号に規定する時間に、1週間当たりの勤務時間を38.75で除して得たものを乗じて得た時間

5 1時間当たり給与額の円位未満は、切り捨てる。

(期末手当、勤勉手当の支給)

第12条 条例第17条及び第18条に規定する期末手当及び勤勉手当の支給について必要な事項は別に定める。

第13条 勤務場所に常時起居する職員に対しては特に命ぜられた場合を除く外条例第19条による手当は支給しない。

(口座振替による給与の支払)

第14条 条例第23条に規定する申出は、庶務事務システムにより行うものとする。ただし、これにより難い場合は、給料等口座振込依頼書(別記様式第4)により行うことができる。

2 前項に定めるもののほか、口座振替の方法による給与の支払の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則施行の際従前の規定により認定された扶養手当についてはこの規則によつてなされたものとみなす。

3 八王子市職員給与条例施行規則は、廃止する。

附 則(昭和31年10月16日規則第21号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和32年10月10日規則第26号)

1 この規則は、公布の日から施行し、改正後の規則第1条、第2条(改正前の条例第2条を削る改正規定)附則第2項、同第4項及び同第5項の規定は、昭和32年4月1日から適用する。

(八王子市職員に対する期末手当支給に関する規則の一部改正)

2 八王子市職員に対する期末手当支給に関する規則(昭和28年八王子市規則第12号)の一部を次のように改正する。

第7条中「、扶養手当及び勤務地手当」を「及び扶養手当」に改める。

(市内出張旅費支給規則の一部改正)

3 市内出張旅費支給規則(昭和28年八王子市規則第25号)の一部を次のように改正する。

第4条第3項中「超過勤務手当」を「時間外勤務手当」に改める。

(結核性疾患及びその他の疾病による休養職員の給与等取扱規則の一部改正)

4 結核性疾患及びその他の疾病による休養職員の給与等取扱規則(昭和27年八王子市規則第7号)の一部を次のように改正する。

第4条中「扶養手当及び勤務地手当」を「及び扶養手当」に改める。

附 則(昭和34年12月5日規則第23号)

この規則は、昭和34年12月5日から施行する。

附 則(昭和36年5月26日規則第17号)

この規則は、昭和36年6月1日から施行する。

附 則(昭和39年5月1日規則第24号)

この規則は、昭和39年5月1日から施行する。

附 則(昭和41年4月1日規則第10号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和46年3月31日規則第3号)

(施行期日)

1 この規則は、昭和46年4月1日から施行する。

(八王子市職員の給与の支給等に関する規則の一部を改正する規則の一部改正)

2 八王子市職員の給与の支給等に関する規則の一部を改正する規則(昭和32年八王子市規則第26号)の一部を次のように改正する。

附則第5項を削る。

附 則(昭和47年4月1日規則第35号)

1 この規則は、昭和47年4月1日から施行する。

2 この規則第3条から第5条まで、第7条及び第9条から第12条までの規定による改正後の各様式については、昭和47年度に限り、在庫品を使用することができる。

附 則(昭和47年12月22日規則第70号)

この規則は、昭和48年1月1日から施行する。

附 則(昭和48年12月28日規則第43号)

この規則は、昭和49年1月1日から施行する。

附 則(昭和50年1月16日規則第1号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和50年1月1日から適用する。

附 則(昭和50年12月17日規則第37号)

この規則は、昭和51年1月1日から施行する。

附 則(昭和51年12月23日規則第60号)

この規則は、昭和52年1月1日から施行する。

附 則(昭和53年1月24日規則第1号)

この規則は、公布の日から施行し、この規則による改正後の八王子市職員の給与の支給等に関する規則の規定は、昭和53年1月1日から適用する。

附 則(昭和53年3月31日規則第7号)

この規則は、公布の日から施行し、この規則による改正後の八王子市職員の給与の支給等に関する規則附則第4項から第6項までの規定は、昭和51年4月1日から適用する。

附 則(昭和56年5月9日規則第17号)

この規則は、公布の日から施行し、この規則による改正後の八王子市職員の給与の支給等に関する規則の規定は、昭和56年5月1日から適用する。

附 則(昭和57年10月15日規則第31号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和59年9月29日規則第37号)

この規則は、昭和59年10月1日から施行する。

附 則(昭和62年3月31日規則第9号抄)

(施行期日)

1 この規則は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(平成元年6月30日規則第33号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成元年7月1日から施行する。

附 則(平成元年10月30日規則第48号)

この規則は、平成元年11月1日から施行する。

附 則(平成2年1月29日規則第7号)

この規則は、平成2年2月1日から施行する。

附 則(平成2年9月29日規則第44号)

この規則は、平成2年10月1日から施行する。

附 則(平成3年12月27日規則第59号)

この規則は、平成4年1月1日から施行する。

附 則(平成4年4月1日規則第23号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成4年10月1日規則第46号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成5年3月31日規則第16号)

この規則は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成6年3月31日規則第11号)

この規則は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成6年6月30日規則第31号)

この規則は、平成6年7月1日から施行する。

附 則(平成9年3月31日規則第12号)

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成11年3月31日規則第9号)

1 この規則は、平成11年4月1日から施行する。

2 この規則施行の際、この規則による改正前の様式による用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(平成13年3月30日規則第14号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成13年6月29日規則第53号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成13年7月1日から施行する。

附 則(平成13年12月28日規則第98号)

この規則は、公布の日から施行し、この規則による改正後の八王子市職員の給与の支給等に関する規則別表の規定は、平成13年12月17日から適用する。

附 則(平成14年3月29日規則第20号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成14年12月27日規則第79号抄)

1 この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成15年8月15日規則第69号抄)

1 この規則は、平成15年8月18日から施行する。

附 則(平成17年3月31日規則第18号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日規則第15号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年12月28日規則第91号)

この規則は、平成19年1月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規則第28号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成19年9月28日規則第101号)

この規則は、平成19年10月1日から施行する。

附 則(平成20年11月28日規則第66号)

この規則は、平成20年12月1日から施行する。

附 則(平成21年3月31日規則第18号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月31日規則第19号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月31日規則第12号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月29日規則第9号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成25年8月23日規則第40号)

この規則は、平成25年8月26日から施行する。

附 則(平成30年2月28日規則第1号)

この規則は、平成30年3月1日から施行する。

附 則(平成31年3月27日規則第11号)

この規則は、平成31年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月25日規則第12号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。ただし、第3条及び第9条の改正規定、同条の次に1条を加える改正規定並びに様式第3の改正規定は、公布の日から施行する。

別表(第11条関係)

番号

特殊勤務手当の種類

金額

1

一般職員の特殊勤務手当支給に関する条例(昭和28年八王子市条例第24号。以下「特殊勤務手当支給条例」という。)別表第2号(1)の項の手当

8,400円

2

特殊勤務手当支給条例別表第2号(2)の項の手当

7,350円

3

特殊勤務手当支給条例別表第2号(3)の項のごみに係る業務の手当

1万1,550円

4

特殊勤務手当支給条例別表第2号(3)の項のし尿等に係る業務の手当

1万3,650円

5

特殊勤務手当支給条例別表第2号(4)の項の手当

8,400円

画像

画像

画像

画像

八王子市職員の給与の支給等に関する規則

昭和28年9月29日 規則第28号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第6類 与/第2章 給料、諸手当
沿革情報
昭和28年9月29日 規則第28号
昭和31年10月16日 規則第21号
昭和32年10月10日 規則第26号
昭和34年12月5日 規則第23号
昭和36年5月26日 規則第17号
昭和39年5月1日 規則第24号
昭和41年4月1日 規則第10号
昭和46年3月31日 規則第3号
昭和47年4月1日 規則第35号
昭和47年12月22日 規則第70号
昭和48年12月28日 規則第43号
昭和50年1月16日 規則第1号
昭和50年12月17日 規則第37号
昭和51年12月23日 規則第60号
昭和53年1月24日 規則第1号
昭和53年3月31日 規則第7号
昭和56年5月9日 規則第17号
昭和57年10月15日 規則第31号
昭和59年9月29日 規則第37号
昭和62年3月31日 規則第9号
平成元年6月30日 規則第33号
平成元年10月30日 規則第48号
平成2年1月29日 規則第7号
平成2年9月29日 規則第44号
平成3年12月27日 規則第59号
平成4年4月1日 規則第23号
平成4年10月1日 規則第46号
平成5年3月31日 規則第16号
平成6年3月31日 規則第11号
平成6年6月30日 規則第31号
平成9年3月31日 規則第12号
平成11年3月31日 規則第9号
平成13年3月30日 規則第14号
平成13年6月29日 規則第53号
平成13年12月28日 規則第98号
平成14年3月29日 規則第20号
平成14年12月27日 規則第79号
平成15年8月15日 規則第69号
平成17年3月31日 規則第18号
平成18年3月31日 規則第15号
平成18年12月28日 規則第91号
平成19年3月30日 規則第28号
平成19年9月28日 規則第101号
平成20年11月28日 規則第66号
平成21年3月31日 規則第18号
平成22年3月31日 規則第19号
平成23年3月31日 規則第12号
平成25年3月29日 規則第9号
平成25年8月23日 規則第40号
平成30年2月28日 規則第1号
平成31年3月27日 規則第11号
令和2年3月25日 規則第12号