○八王子市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例

昭和59年12月28日

条例第34号

(目的)

第1条 この条例は、建築基準法(昭和25年法律第201号。以下「法」という。)第68条の2第1項の規定に基づき、地区計画の区域内における建築物の敷地、構造及び用途に関する制限を定めることにより、適正かつ合理的な土地利用を図り、もつて健全な都市環境を確保することを目的とする。

(適用区域等)

第2条 この条例を適用する区域(以下「地区整備計画区域」という。)及びその面積は、別表第1のとおりとする。

(用途の制限)

第3条 地区整備計画区域においては、それぞれ、別表第2(あ)欄の計画地区(地区整備計画区域に係る地区整備計画において区分された地区をいう。以下同じ。)の区分に応じ同表(い)欄に掲げる建築物は、建築してはならない。

(容積率の最高限度又は最低限度)

第4条 建築物の延べ面積(同一敷地内に2以上の建築物がある場合においては、その延べ面積の合計。以下同じ。)の敷地面積に対する割合(以下「容積率」という。)は、次に定めるところによる。

(1) 建築物の容積率の最高限度の数値は、それぞれ、別表第2(あ)欄の計画地区の区分に応じ同表(う)の最高限度の欄に掲げる数値とする。

(2) 建築物の容積率の最低限度の数値は、それぞれ、別表第2(あ)欄の計画地区の区分に応じ同表(う)の最低限度の欄に掲げる数値とする。

2 前項第1号に規定する建築物の容積率は、別表第2に特別の定めがある場合を除き、法第52条第14項の規定による許可を受けた建築物については、当該許可の範囲内において、前項第1号の規定による限度を超えるものとすることができる。

3 第1項第1号の規定は、法第68条の4の規定により、市長が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めるものについては、別表第2(う)の最高限度の欄第2号の数値は、適用しない。

4 第1項第1号に規定する建築物の容積率の算定の基礎となる延べ面積には、別表第2に特別の定めがある場合を除き、次の各号に掲げる建築物の部分の床面積は、当該建築物の部分の区分に応じ、当該各号に定める面積を限度として算入しない。

(1) 自動車車庫その他の専ら自動車又は自転車の停留又は駐車のための施設(誘導車路、操車場所及び乗降場を含む。)の用途に供する部分 当該敷地内の建築物の各階の床面積の合計(同一敷地内に2以上の建築物がある場合においては、それらの建築物の各階の床面積の合計の和(以下この項において同じ。))の5分の1

(2) 専ら防災のために設ける備蓄倉庫の用途に供する部分 当該敷地内の建築物の各階の床面積の合計の50分の1

(3) 蓄電池(床に据え付けるものに限る。)を設ける部分 当該敷地内の建築物の各階の床面積の合計の50分の1

(4) 自家発電設備を設ける部分 当該敷地内の建築物の各階の床面積の合計の100分の1

(5) 貯水槽を設ける部分 当該敷地内の建築物の各階の床面積の合計の100分の1

(6) 宅配ボックス(配達された物品(荷受人が不在その他の事由により受け取ることができないものに限る。)の一時保管のための荷受箱をいう。)を設ける部分 当該敷地内の建築物の各階の床面積の合計の100分の1

5 第1項第1号に規定する建築物の容積率の算定の基礎となる延べ面積には、建築物の地階でその天井が地盤面からの高さ1メートル以下にあるものの住宅又は老人ホーム、福祉ホームその他これらに類するもの(以下この項及び第7項において「老人ホーム等」という。)の用途に供する部分(建築基準法施行令(昭和25年政令第338号。以下「令」という。)第129条の3第1項第1号に規定する昇降機(以下この条において「エレベーター」という。)の昇降路の部分又は共同住宅若しくは老人ホーム等の共用の廊下若しくは階段の用に供する部分を除く。以下この項において同じ。)の床面積(当該床面積が当該建築物の住宅及び老人ホーム等の用途に供する部分の床面積の合計の3分の1を超える場合においては、当該建築物の住宅及び老人ホーム等の用途に供する部分の床面積の合計の3分の1)は、算入しない。

6 前項の地盤面とは、建築物が周囲の地面と接する位置の平均の高さにおける水平面をいい、その接する位置の高低差が3メートルを超える場合においては、その高低差3メートル以内ごとの平均の高さにおける水平面をいう。ただし、八王子市斜面地における建築物の建築の制限に関する条例(平成21年八王子市条例第15号)第4条の規定の適用を受ける建築物については、同条に規定する地盤面の規定を適用する。

7 第1項第1号に規定する建築物の容積率の算定の基礎となる延べ面積には、エレベーターの昇降路の部分又は共同住宅若しくは老人ホーム等の共用の廊下若しくは階段の用に供する部分の床面積は、算入しない。

8 第1項第1号に規定する建築物の容積率の算定の基礎となる延べ面積には、別表第2に特別の定めがある場合を除き、都市の低炭素化の促進に関する法律(平成24年法律第84号)第2条第3項に規定する低炭素建築物のうち、次に掲げる施設又は設備を設ける部分の床面積(当該床面積の合計が当該低炭素建築物の延べ面積の20分の1を超える場合においては、当該低炭素建築物の延べ面積の20分の1)は、算入しない。

(1) 太陽熱集熱設備、太陽光発電設備その他再生可能エネルギー源を利用する設備であつて低炭素化に資するもの

(2) 燃料電池設備

(3) コージェネレーション設備

(4) 地域熱供給設備

(5) 蓄熱設備

(6) 蓄電池(床に据え付けるものであつて、再生可能エネルギー発電設備と連系するものに限る。)

(7) 全熱交換器

(8) 雨水、井戸水又は雑排水の利用設備

9 第1項第1号に規定する建築物の容積率の算定の基礎となる延べ面積には、別表第2に特別の定めがある場合を除き、建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(平成27年法律第53号)第32条に規定する認定建築物エネルギー消費性能向上計画に係る建築物のうち、次に掲げる施設又は設備を設ける部分の床面積(当該床面積の合計が当該建築物の延べ面積の10分の1を超える場合においては、当該建築物の延べ面積の10分の1)は、算入しない。

(1) 太陽熱集熱設備、太陽光発電設備その他再生可能エネルギー源を利用する設備であつてエネルギー消費性能の向上に資するもの

(2) 燃料電池設備

(3) コージェネレーション設備

(4) 地域熱供給設備

(5) 蓄熱設備

(6) 蓄電池(床に据え付けるものであつて、再生可能エネルギー発電設備と連系するものに限る。)

(7) 全熱交換器

(建蔽率の最高限度)

第5条 建築物の建築面積(同一敷地内に2以上の建築物がある場合においては、その建築面積の合計。以下第11条において同じ。)の敷地面積に対する割合(以下「建蔽率」という。)は、それぞれ、別表第2(あ)欄の計画地区の区分に応じ同表(え)欄に掲げる数値を超えてはならない。

(敷地面積の最低限度)

第6条 建築物の敷地面積は、それぞれ、別表第2(あ)欄の計画地区の区分に応じ同表(お)欄に掲げる数値以上でなければならない。

2 前項の規定は、同項の規定の施行又は適用の際、現に建築物の敷地として使用されている土地で同項の規定に適合しないもの又は現に存する所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならば同項の規定に適合しないこととなる土地について、その全部を一の敷地として使用する場合においては、適用しない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、この限りでない。

(1) 前項の規定の改正後の同項の規定の施行又は適用の際、改正前の同項の規定に違反している建築物の敷地又は所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならば改正前の同項の規定に違反することとなつた土地

(2) 次項から第5項までに定める場合を除き、前項の規定に適合するに至つた建築物の敷地又は所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならば同項の規定に適合するに至つた土地

3 第1項の規定は、法第86条の9第1項各号に掲げる事業の施行による建築物の敷地面積の減少(次項に該当する場合を除く。)により、当該事業の施行の際現に建築物の敷地として使用されている土地で第1項の規定に適合しなくなるもの又は当該事業の施行の際現に存する所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならば同項の規定に適合しないこととなる土地について、その全部を一の敷地として使用する場合においては、適用しない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、この限りでない。

(1) 法第86条の9第1項各号に掲げる事業の施行により面積が減少した際、当該面積の減少がなくとも第1項の規定に違反していた建築物の敷地又は所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならば同項の規定に違反することとなつた土地

(2) 第1項の規定に適合するに至つた建築物の敷地又は所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならば同項の規定に適合するに至つた土地

4 第1項の規定は、土地区画整理法(昭和29年法律第119号)第98条第1項に規定する仮換地を指定する場合であつて、その効力発生の日(以下「仮換地指定日」という。)の前日において現に建築物の敷地として使用されている土地で第1項の規定に適合しているもの又は現に存する所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならば同項の規定に適合することとなる土地の仮換地が、同項の規定に適合しないものであるときは、その全部を一の敷地として使用する場合においては、適用しない。ただし、仮換地指定日以後に同項の規定に適合するに至つた建築物の敷地又は所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならば同項の規定に適合するに至つた土地については、この限りでない。

5 第1項の規定は、前2項に該当する事業以外の公共事業の施行による建築物の敷地面積の減少により、当該事業の施行の際現に建築物の敷地として使用されている土地で第1項の規定に適合しなくなるもの又は当該事業の施行の際現に存する所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならば同項の規定に適合しないこととなる土地について、その全部を一の敷地として使用する場合で、市長が公共事業の施行のためやむを得ないと認めるものについては、適用しない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、この限りでない。

(1) 前2項に該当する事業以外の公共事業の施行により面積が減少した際、当該面積の減少がなくとも第1項の規定に違反していた建築物の敷地又は所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならば同項の規定に違反することとなつた土地

(2) 第1項の規定に適合するに至つた建築物の敷地又は所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならば同項の規定に適合するに至つた土地

(壁面の位置の制限)

第7条 建築物の外壁又はこれに代わる柱(以下「外壁等」という。)の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離は、それぞれ、別表第2(あ)欄の計画地区の区分に応じ同表(か)の距離の欄に掲げる数値以上でなければならない。

2 前項の規定は、同項に規定する数値に満たない距離にある建築物又は建築物の部分(以下「建築物等」という。)がそれぞれ同表(か)の適用除外の建築物等の欄に掲げるものに該当する場合においては、当該建築物等の外壁等の面には、適用しない。

(高さの最高限度又は最低限度)

第8条 建築物の高さは、次の各号に定めるところによる。

(1) 建築物の高さの最高限度の数値は、それぞれ、別表第2(あ)欄の計画地区の区分に応じ同表(き)の最高限度の欄に掲げる数値とする。

(2) 建築物の高さの最低限度の数値は、それぞれ、別表第2(あ)欄の計画地区の区分に応じ同表(き)の最低限度の欄に掲げる数値とする。

2 前項の建築物の高さの算定については、別表第2に特別の定めがある場合を除き、それぞれ次の各号に定めるところによる。

(1) 階段室、昇降機塔、装飾塔、物見塔、屋窓その他これらに類する建築物の屋上部分の水平投影面積の合計が当該建築物の建築面積の8分の1以内の場合においては、その部分の高さは、5メートルまでは、当該建築物の高さに算入しない。

(2) 棟飾、防火壁の屋上突出部その他これらに類する屋上突出物は、当該建築物の高さに算入しない。

(垣又はさくの構造の制限)

第9条 垣又はさく(門柱その他これらに類するものを除く。)の構造は、それぞれ、別表第2(あ)欄の計画地区の区分に応じ同表(く)欄に掲げるものとしてはならない。

(建築物の敷地が地区計画の区域の内外にわたる場合の措置)

第10条 建築物の敷地が当該地区整備計画区域の内外にわたる場合においては、第3条又は第6条第1項の規定の適用については、当該建築物又は当該敷地の全部について、これらの規定を適用し、第4条第1項第2号の規定の適用については、当該建築物の全部について、この規定は、適用しない。

(建築物の敷地が二の計画地区にわたる場合の措置)

第11条 建築物の敷地が二の計画地区にわたる場合における第3条又は第6条第1項の規定の適用については、当該建築物又は当該敷地の全部について、当該敷地の過半が存する計画地区に係る規定を適用する。

2 建築物の敷地が二の計画地区にわたる場合においては、第4条第1項第1号又は第5条の規定による制限を、それぞれ法第52条第1項の規定による建築物の容積率の限度又は法第53条第1項の規定による建築物の建蔽率の限度とみなして、法第52条第7項又は法第53条第2項の規定を適用する。

3 建築物の敷地が二の計画地区にわたる場合における第4条第1項第2号の規定による建築物の容積率の最低限度の数値は、それぞれ、別表第2(あ)欄の計画地区の区分に応じ同表(う)の最低限度の欄に掲げる数値にその敷地の当該計画地区内にある各部分の面積の敷地面積に対する割合を乗じて得たものの合計とする。

(一の敷地とみなすこと等による制限の緩和)

第12条 建築物の敷地又は建築物の敷地以外の土地で2以上のものが一団地を形成している場合において、当該一団地(その内に法第86条第8項の規定により現に公告されている他の対象区域があるときは、当該他の対象区域の全部を含むものに限る。以下この項において同じ。)内に建築される1又は2以上の構えを成す建築物(2以上の構えを成すものにあつては、総合的設計によつて建築されるものに限る。以下この項において「1又は2以上の建築物」という。)のうち、法第86条第1項の規定により、市長が当該1又は2以上の建築物の位置及び構造が安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めたものに対する第4条第1項第5条又は第7条の規定の適用については、当該一団地を当該1又は2以上の建築物の一の敷地とみなす。

2 一定の一団の土地の区域(その内に法第86条第8項の規定により現に公告されている他の対象区域があるときは、当該他の対象区域の全部を含むものに限る。以下この項において同じ。)内に現に存する建築物の位置及び構造を前提として、総合的見地からした設計によつて当該区域内に建築物が建築される場合において、法第86条第2項の規定により市長がその位置及び構造が安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めたものに対する第4条第1項第5条又は第7条の規定の適用については、当該一定の一団の土地の区域をこれらの建築物の一の敷地とみなす。

(用途の制限、敷地面積の最低限度及び高さの最高限度又は最低限度の特例)

第13条 市長が当該地区整備計画区域における土地利用の状況等に照らして、適正な都市機能と健全な都市環境の確保に支障がないと認めて許可した建築物又は建築物の敷地については、当該許可の範囲内において、第3条第6条第1項及び第8条第1項の規定は、適用しない。ただし、別表第2に特別の定めがある場合においては、この限りでない。

2 市長は、前項の規定による許可をする場合においては、あらかじめ、当該地区整備計画区域の土地について所有権、建築物の所有を目的とする対抗要件を備えた地上権若しくは賃借権又は登記した先取特権、質権若しくは抵当権を有する者及びこれらの権利に関する仮登記、これらの権利に関する差押えの登記又はその土地に関する買戻しの特約の登記の登記名義人の出頭を求めて公開による意見の聴取を行わなければならない。

3 市長は、前項の規定による意見の聴取を行う場合においては、その許可しようとする建築物の建築の計画並びに意見の聴取の期日及び場所を期日の3日前までに公告しなければならない。

(公益上必要な建築物の特例)

第14条 市長がこの条例の各規定の適用に関して、公益上必要な建築物で用途上又は構造上やむを得ないと認めて許可したものについては、当該許可の範囲内において、当該各規定は、適用しない。

(既存の建築物に対する制限の緩和)

第15条 法第3条第2項(法第86条の9第1項において準用する場合を含む。以下次項において同じ。)の規定により、第3条第4条第1項第1号第5条第7条又は第8条第1項第1号の規定の適用を受けない建築物について、市規則で定める範囲内において増築、改築、大規模の修繕又は大規模の模様替をする場合においては、法第3条第3項第3号及び第4号(法第86条の9第1項において準用する場合を含む。以下次項において同じ。)の規定にかかわらず、第3条第4条第1項第1号第5条第7条又は第8条第1項第1号の規定は、適用しない。

2 法第3条第2項の規定により、第4条第1項第2号又は第8条第1項第2号の規定の適用を受けない建築物については、法第3条第3項第3号及び第4号の規定にかかわらず、第4条第1項第2号又は第8条第1項第2号の規定は、適用しない。

(委任)

第16条 この条例の施行について必要な事項は、市規則で定める。

(罰則)

第17条 次の各号のいずれかに該当する者は、50万円以下の罰金に処する。

(1) 第3条又は第6条第1項の規定に違反した場合における当該建築物の建築主(建築物を建築した後において、当該建築物の敷地を分割したことによつて第6条第1項の規定に違反した場合においては、当該建築物の敷地の所有者、管理者又は占有者)

(2) 第4条第1項第5条第7条第1項又は第8条第1項の規定に違反した場合における当該建築物の設計者(設計図書を用いないで工事を施工し、又は設計図書に従わないで工事を施工した場合においては、当該建築物の工事施工者)

(3) 法第87条第2項において準用する第3条の規定に違反した場合における当該建築物の所有者、管理者又は占有者

2 前項第2号に規定する違反があつた場合において、その違反が建築主の故意によるものであるときは、当該設計者又は工事施工者を罰するほか、当該建築主に対して同項の刑を科する。

第18条 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者がその法人又は人の業務に関して、前条の違反行為をした場合においては、その行為を罰するほか、その法人又は人に対して同条の罰金刑を科する。ただし、法人又は人の代理人、使用人その他の従業者の当該違反行為を防止するため、当該業務に対し、相当の注意及び監督が尽されたことの証明があつたときは、その法人又は人については、この限りでない。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、昭和60年1月1日から施行する。

(八王子市南陽台地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例等の廃止)

2 次に掲げる条例(以下「旧条例」という。)は、廃止する。

(1) 八王子市南陽台地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例(昭和59年八王子市条例第4号)

(2) 八王子市みつい台地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例(昭和59年八王子市条例第5号)

(経過措置)

3 この条例施行の際現に旧条例の規定により市長がした許可については、この条例の相当規定に基づいて市長がした許可とみなす。

4 この条例の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

附 則(昭和60年3月22日条例第3号)

この条例は、昭和60年4月1日から施行する。ただし、第3条並びに別表第2、1 みつい台地区整備計画区域の部及び2 南陽台地区整備計画区域の部の改正規定は、公布の日から施行する。

附 則(昭和61年3月17日条例第4号)

この条例は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年6月17日条例第34号)

この条例は、昭和61年7月1日から施行する。

附 則(昭和61年9月30日条例第38号)

この条例は、昭和61年10月1日から施行する。

附 則(昭和61年12月25日条例第47号)

この条例は、昭和62年1月1日から施行する。

附 則(昭和62年3月14日条例第5号)

この条例は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(昭和62年3月27日条例第24号)

この条例は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(昭和62年6月30日条例第33号)

この条例は、昭和62年8月1日から施行する。

附 則(昭和62年12月22日条例第46号)

この条例は、昭和63年1月1日から施行する。

附 則(昭和63年3月24日条例第8号)

この条例は、昭和63年4月1日から施行する。ただし、別表第1第1号及び別表第2、14、絹ケ丘地区整備計画区域の部の改正規定は、公布の日から施行する。

附 則(昭和63年9月30日条例第35号)

この条例は、昭和63年10月1日から施行する。

附 則(平成元年3月17日条例第8号)

この条例は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成2年6月29日条例第32号)

この条例は、平成2年7月1日から施行する。ただし、別表第2、9 由木中央地区整備計画区域の部、(か)欄及び13 片倉地区整備計画区域の部、(か)欄の改正規定は、公布の日から施行する。

附 則(平成2年9月29日条例第35号)

この条例は、平成2年10月1日から施行する。

附 則(平成3年3月12日条例第7号)

この条例は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成3年6月26日条例第30号)

この条例は、平成3年7月1日から施行する。ただし、別表第2、9 由木中央地区整備計画区域の部の改正規定は、公布の日から施行する。

附 則(平成3年9月26日条例第40号)

この条例は、平成3年10月1日から施行する。

附 則(平成3年12月21日条例第60号)

この条例は、平成4年1月1日から施行する。

附 則(平成4年9月30日条例第38号)

この条例は、平成4年10月1日から施行する。

附 則(平成5年6月18日条例第23号)

この条例は、平成5年7月1日から施行する。

附 則(平成5年9月30日条例第28号)

この条例は、平成5年10月1日から施行する。ただし、附則の改正規定については、公布の日から施行する。

附 則(平成6年3月16日条例第10号)

この条例は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成6年9月30日条例第48号)

この条例は、平成6年10月1日から施行する。

附 則(平成6年12月16日条例第63号)

この条例は、平成7年1月1日から施行する。

附 則(平成7年6月30日条例第26号)

この条例は、平成7年7月1日から施行する。

附 則(平成7年12月19日条例第59号)

この条例は、平成8年1月1日から施行する。ただし、第13条第2項及び第3項の改正規定は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成8年6月28日条例第24号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成8年9月30日条例第33号)

この条例は、平成8年10月1日から施行する。

附 則(平成9年6月20日条例第21号)

この条例は、平成9年7月1日から施行する。ただし、第4条に2項を加える改正規定並びに別表第2、9 由木中央地区整備計画区域の部、12 めじろ台地区整備計画区域の部、19 辺名地区整備計画区域の部、22 南大沢三丁目地区整備計画区域の部、23 南大沢五丁目地区整備計画区域の部、34 都立大北地区整備計画区域の部及び35 都立大西地区整備計画区域の部の改正規定は、公布の日から施行する。

附 則(平成9年9月30日条例第33号)

この条例は、平成9年10月1日から施行する。ただし、第4条に1項を加える改正規定は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年6月30日条例第23号)

この条例は、平成11年7月1日から施行する。ただし、第4条、第5条、第11条及び第12条の改正規定は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年12月22日条例第47号)

この条例は、平成12年1月1日から施行する。

附 則(平成12年3月8日条例第10号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年6月27日条例第49号)

この条例は、平成12年7月1日から施行する。

附 則(平成12年12月18日条例第74号)

この条例は、平成13年1月1日から施行する。

附 則(平成13年3月8日条例第11号)

この条例は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成13年6月21日条例第39号)

この条例は、平成13年7月1日から施行する。

附 則(平成13年9月28日条例第54号)

この条例は、平成13年10月1日から施行する。

附 則(平成14年3月8日条例第16号)

この条例は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成14年9月30日条例第52号)

この条例は、平成14年10月1日から施行する。

附 則(平成15年3月10日条例第6号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成15年9月25日条例第46号)

この条例は、平成15年10月1日から施行する。

附 則(平成16年3月8日条例第8号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成16年6月28日条例第30号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成16年9月28日条例第40号)

この条例は、平成16年10月1日から施行する。

附 則(平成17年3月8日条例第9号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成17年6月28日条例第25号)

1 この条例は、平成17年7月1日から施行する。

2 この条例の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

附 則(平成17年9月30日条例第56号)

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 この条例による改正後の八王子市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例第6条第3項及び第5項の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後に公共事業の施行等により建築物の敷地面積が減少した場合について適用し、施行日前に公共事業の施行等により建築物の敷地面積が減少した場合については、なお従前の例による。

附 則(平成18年6月26日条例第29号)

この条例は、平成18年7月1日から施行する。

附 則(平成19年6月29日条例第42号)

この条例は、平成19年7月1日から施行する。

附 則(平成19年12月18日条例第57号)

この条例は、平成19年12月20日から施行する。

附 則(平成20年3月10日条例第6号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月27日条例第14号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。ただし、第4条第4項の改正規定は、平成21年7月1日から施行する。

附 則(平成23年6月27日条例第15号)

この条例は、平成23年7月1日から施行する。

附 則(平成23年9月27日条例第18号)

この条例は、平成23年10月1日から施行する。

附 則(平成24年12月19日条例第50号)

この条例は、平成25年1月1日から施行する。

附 則(平成25年3月7日条例第9号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成25年6月26日条例第34号)

この条例は、平成25年7月1日から施行する。

附 則(平成25年12月16日条例第47号)

この条例は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成26年12月15日条例第81号)

この条例は、平成27年1月1日から施行する。

附 則(平成27年3月6日条例第5号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成27年12月15日条例第63号)

この条例は、平成28年1月1日から施行する。

附 則(平成28年3月29日条例第30号)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。ただし、第4条第5項及び第7項の改正規定は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年6月24日条例第41号)

この条例は、平成28年7月1日から施行する。

附 則(平成28年9月26日条例第42号)

この条例は、平成28年10月1日から施行する。

附 則(平成29年6月27日条例第23号)

この条例は、平成29年7月1日から施行する。

附 則(平成30年3月27日条例第34号)

この条例は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(平成30年6月26日条例第52号)

この条例は、平成30年7月1日から施行する。

附 則(平成30年9月21日条例第55号)

この条例は、建築基準法の一部を改正する法律(平成30年法律第67号)附則第1条第2号に規定する政令で定める日から施行する。

附 則(平成30年12月18日条例第60号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成31年3月27日条例第21号)

この条例は、平成31年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

番号

区域

面積(ヘクタール)

1

昭和58年八王子市告示第118号に定める八王子都市計画みつい台地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「みつい台地区整備計画区域」という。)

34.5

2

昭和58年八王子市告示第119号に定める八王子都市計画八王子市南陽台地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「南陽台地区整備計画区域」という。)

35.3

3

昭和59年八王子市告示第117号に定める八王子都市計画グリーンタウン高尾地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「グリーンタウン高尾地区整備計画区域」という。)

30.7

4

昭和60年八王子市告示第2号に定める八王子都市計画唐松団地地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「唐松団地地区整備計画区域」という。)

2.6

5

昭和60年八王子市告示第3号に定める八王子都市計画ダイヤタウン地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「ダイヤタウン地区整備計画区域」という。)

4.1

6

昭和60年八王子市告示第101号に定める八王子都市計画宇津木台地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「宇津木台地区整備計画区域」という。)

74.0

7

昭和61年八王子市告示第30号に定める八王子都市計画高尾台地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「高尾台地区整備計画区域」という。)

15.8

8

昭和61年八王子市告示第31号に定める八王子都市計画松子舞地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「松子舞地区整備計画区域」という。)

9.2

9

昭和61年八王子市告示第76号に定める八王子都市計画由木中央地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「由木中央地区整備計画区域」という。)

202.4

10

昭和61年八王子市告示第101号に定める八王子都市計画東めじろ台地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「東めじろ台地区整備計画区域」という。)

6.0

11

昭和62年八王子市告示第3号に定める八王子都市計画桑陽台地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「桑陽台地区整備計画区域」という。)

1.1

12

昭和62年八王子市告示第38号に定める八王子都市計画めじろ台地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「めじろ台地区整備計画区域」という。)

107.0

13

昭和62年八王子市告示第55号に定める八王子都市計画片倉地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「片倉地区整備計画区域」という。)

26.5

14

昭和62年八王子市告示第141号に定める八王子都市計画絹ケ丘地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「絹ケ丘地区整備計画区域」という。)

48.8

15

昭和63年八王子市告示第4号に定める八王子都市計画さくら台地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「さくら台地区整備計画区域」という。)

4.3

16

昭和63年八王子市告示第5号に定める八王子都市計画宝生寺地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「宝生寺地区整備計画区域」という。)

25.8

17

昭和63年八王子市告示第28号に定める八王子都市計画館町団地地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「館町団地地区整備計画区域」という。)

8.2

18

昭和63年八王子市告示第101号に定める八王子都市計画南大沢四丁目地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「南大沢四丁目地区整備計画区域」という。)

7.1

19

平成元年八王子市告示第26号に定める八王子都市計画辺名地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「辺名地区整備計画区域」という。)

1.9

20

平成2年八王子市告示第41号に定める八王子都市計画北野駅前地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「北野駅前地区整備計画区域」という。)

3.1

21

平成2年八王子市告示第42号に定める八王子都市計画打越地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「打越地区整備計画区域」という。)

10.4

22

平成2年八王子市告示第43号に定める八王子都市計画南大沢三丁目地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「南大沢三丁目地区整備計画区域」という。)

2.8

23

平成2年八王子市告示第44号に定める八王子都市計画南大沢五丁目地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「南大沢五丁目地区整備計画区域」という。)

2.4

24

平成2年八王子市告示第45号に定める八王子都市計画しんぼく地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「しんぼく地区整備計画区域」という。)

2.6

25

平成2年八王子市告示第46号に定める八王子都市計画堀之内駅前地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「堀之内駅前地区整備計画区域」という。)

12.1

26

平成2年八王子市告示第117号に定める八王子都市計画サンランド地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「サンランド地区整備計画区域」という。)

2.5

27

平成2年八王子市告示第118号に定める八王子都市計画打越南部地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「打越南部地区整備計画区域」という。)

20.9

28

平成2年八王子市告示第119号に定める八王子都市計画北野台地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「北野台地区整備計画区域」という。)

69.6

29

平成2年八王子市告示第133号に定める八王子都市計画堀之内・越野南地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「堀之内・越野南地区整備計画区域」という。)

1.9

30

削除

削除

31

平成3年八王子市告示第21号に定める八王子都市計画釜貫地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「釜貫地区整備計画区域」という。)

10.7

32

平成3年八王子市告示第37号に定める八王子都市計画別所地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「別所地区整備計画区域」という。)

17.9

33

平成3年八王子市告示第155号に定める八王子都市計画天野地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「天野地区整備計画区域」という。)

33.5

34

平成4年八王子市告示第88号に定める八王子都市計画首都大学東京北地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「首都大学東京北地区整備計画区域」という。)

37.2

35

平成4年八王子市告示第89号に定める八王子都市計画首都大学東京西地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「首都大学東京西地区整備計画区域」という。)

47.5

36

平成5年八王子市告示第136号に定める八王子都市計画南八王子地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「南八王子地区整備計画区域」という。)

394.3

37

平成5年八王子市告示第193号に定める八王子都市計画城山手地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「城山手地区整備計画区域」という。)

29.0

38

平成6年八王子市告示第132号に定める八王子都市計画長池地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「長池地区整備計画区域」という。)

11.5

39

平成6年八王子市告示第133号に定める八王子都市計画鑓水南地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「鑓水南地区整備計画区域」という。)

39.1

40

平成6年八王子市告示第166号に定める八王子都市計画元八王子町二丁目地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「元八王子町二丁目地区整備計画区域」という。)

33.8

41

平成7年八王子市告示第91号に定める八王子都市計画紅葉台地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「紅葉台地区整備計画区域」という。)

15.4

42

平成7年八王子市告示第183号に定める八王子都市計画松木地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「松木地区整備計画区域」という。)

5.3

43

削除

削除

44

平成8年八王子市告示第96号に定める八王子都市計画館町ゆりのき台地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「館町ゆりのき台地区整備計画区域」という。)

30.6

45

平成8年八王子市告示第97号に定める八王子都市計画石川・大谷地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「石川・大谷地区整備計画区域」という。)

11.0

46

平成8年八王子市告示第98号に定める八王子都市計画水甫地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「水甫地区整備計画区域」という。)

30.5

47

平成9年八王子市告示第31号に定める八王子都市計画浄瑠璃地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「浄瑠璃地区整備計画区域」という。)

46.7

48

平成9年八王子市告示第32号に定める八王子都市計画見附地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「見附地区整備計画区域」という。)

16.5

49

平成9年八王子市告示第33号に定める八王子都市計画南大沢センター地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「南大沢センター地区整備計画区域」という。)

38.0

50

削除

削除

51

平成9年八王子市告示第35号に定める八王子都市計画多摩美大西地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「多摩美大西地区整備計画区域」という。)

7.2

52

平成9年八王子市告示第183号に定める八王子都市計画片倉台地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「片倉台地区整備計画区域」という。)

53.9

53

平成11年八王子市告示第36号に定める八王子都市計画片倉台西地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「片倉台西地区整備計画区域」という。)

2.0

54

平成11年八王子市告示第217号に定める八王子都市計画高嶺団地地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「高嶺団地地区整備計画区域」という。)

9.0

55

平成11年八王子市告示第218号に定める八王子都市計画宇津木地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「宇津木地区整備計画区域」という。)

58.6

56

平成11年八王子市告示第219号に定める八王子都市計画大塚八幡山地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「大塚八幡山地区整備計画区域」という。)

2.8

57

平成12年八王子市告示第13号に定める八王子都市計画さつきの台地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「さつきの台地区整備計画区域」という。)

3.2

58

平成12年八王子市告示第246号に定める八王子都市計画下柚木地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「下柚木地区整備計画区域」という。)

15.1

59

平成13年八王子市告示第107号に定める八王子都市計画さつきの台東地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「さつきの台東地区整備計画区域」という。)

2.1

60

平成14年八王子市告示第165号に定める八王子都市計画戸吹地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「戸吹地区整備計画区域」という。)

34.0

61

平成14年八王子市告示第166号に定める八王子都市計画宮下・加住地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「宮下・加住地区整備計画区域」という。)

65.8

62

平成14年八王子市告示第167号に定める八王子都市計画丹木地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「丹木地区整備計画区域」という。)

38.0

63

平成14年八王子市告示第168号に定める八王子都市計画滝山地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「滝山地区整備計画区域」という。)

39.2

64

平成14年八王子市告示第169号に定める八王子都市計画谷野・梅坪地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「谷野・梅坪地区整備計画区域」という。)

87.5

65

平成14年八王子市告示第170号に定める八王子都市計画平地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「平地区整備計画区域」という。)

10.5

66

平成14年八王子市告示第171号に定める八王子都市計画宇津木中央地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「宇津木中央地区整備計画区域」という。)

26.9

67

平成14年八王子市告示第172号に定める八王子都市計画石川地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「石川地区整備計画区域」という。)

36.1

68

平成14年八王子市告示第173号に定める八王子都市計画小宮地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「小宮地区整備計画区域」という。)

64.8

69

平成14年八王子市告示第174号に定める八王子都市計画上川・川口地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「上川・川口地区整備計画区域」という。)

92.3

70

平成14年八王子市告示第175号に定める八王子都市計画川口地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「川口地区整備計画区域」という。)

117.0

71

平成14年八王子市告示第176号に定める八王子都市計画犬目・楢原地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「犬目・楢原地区整備計画区域」という。)

42.4

72

平成14年八王子市告示第177号に定める八王子都市計画美山地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「美山地区整備計画区域」という。)

44.8

73

平成14年八王子市告示第178号に定める八王子都市計画西寺方地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「西寺方地区整備計画区域」という。)

107.2

74

平成14年八王子市告示第179号に定める八王子都市計画下恩方地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「下恩方地区整備計画区域」という。)

42.0

75

平成14年八王子市告示第180号に定める八王子都市計画元八王子北部地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「元八王子北部地区整備計画区域」という。)

82.7

76

平成14年八王子市告示第181号に定める八王子都市計画元八王子中央地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「元八王子中央地区整備計画区域」という。)

76.9

77

平成14年八王子市告示第182号に定める八王子都市計画元八王子南部地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「元八王子南部地区整備計画区域」という。)

69.5

78

平成14年八王子市告示第183号に定める八王子都市計画元八王子西部地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「元八王子西部地区整備計画区域」という。)

51.7

79

平成14年八王子市告示第184号に定める八王子都市計画川町桑の葉地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「川町桑の葉地区整備計画区域」という。)

7.1

80

平成14年八王子市告示第185号に定める八王子都市計画長房地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「長房地区整備計画区域」という。)

2.2

81

平成14年八王子市告示第186号に定める八王子都市計画北長沼地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「北長沼地区整備計画区域」という。)

2.0

82

平成14年八王子市告示第187号に定める八王子都市計画駒木野地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「駒木野地区整備計画区域」という。)

12.2

83

平成14年八王子市告示第188号に定める八王子都市計画初沢・廿里地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「初沢・廿里地区整備計画区域」という。)

27.8

84

平成14年八王子市告示第189号に定める八王子都市計画南浅川地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「南浅川地区整備計画区域」という。)

21.7

85

平成14年八王子市告示第190号に定める八王子都市計画館地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「館地区整備計画区域」という。)

75.8

86

平成14年八王子市告示第191号に定める八王子都市計画寺田地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「寺田地区整備計画区域」という。)

26.3

87

平成14年八王子市告示第192号に定める八王子都市計画椚田・大船地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「椚田・大船地区整備計画区域」という。)

49.0

88

平成14年八王子市告示第193号に定める八王子都市計画小比企地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「小比企地区整備計画区域」という。)

10.9

89

平成14年八王子市告示第194号に定める八王子都市計画片倉高校北地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「片倉高校北地区整備計画区域」という。)

14.8

90

平成14年八王子市告示第195号に定める八王子都市計画上柚木・鑓水地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「上柚木・鑓水地区整備計画区域」という。)

46.1

91

平成14年八王子市告示第196号に定める八王子都市計画下柚木・中山地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「下柚木・中山地区整備計画区域」という。)

33.1

92

平成14年八王子市告示第197号に定める八王子都市計画下柚木・越野地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「下柚木・越野地区整備計画区域」という。)

21.2

93

平成14年八王子市告示第198号に定める八王子都市計画堀之内寺沢地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「堀之内寺沢地区整備計画区域」という。)

14.3

94

平成14年八王子市告示第199号に定める八王子都市計画東中野地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「東中野地区整備計画区域」という。)

42.4

95

平成14年八王子市告示第200号に定める八王子都市計画大塚日向地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「大塚日向地区整備計画区域」という。)

26.6

96

平成14年八王子市告示第201号に定める八王子都市計画大塚堰場橋東地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「大塚堰場橋東地区整備計画区域」という。)

9.1

97

平成15年八王子市告示第244号に定める八王子都市計画越野・堀之内地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「越野・堀之内地区整備計画区域」という。)

20.8

98

平成16年八王子市告示第166号に定める八王子都市計画子安町二丁目地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「子安町二丁目地区整備計画区域」という。)

1.0

99

平成16年八王子市告示第167号に定める八王子都市計画横川中学校西地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「横川中学校西地区整備計画区域」という。)

1.1

100

平成16年八王子市告示第168号に定める八王子都市計画八王子駅南口周辺地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「八王子駅南口周辺地区整備計画区域」という。)

1.5

101

平成16年八王子市告示第169号に定める八王子都市計画片倉丘の上地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「片倉丘の上地区整備計画区域」という。)

12.7

102

平成16年八王子市告示第170号に定める八王子都市計画大船町地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「大船町地区整備計画区域」という。)

4.5

103

平成18年八王子市告示第60号に定める八王子都市計画楢原西部地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「楢原西部地区整備計画区域」という。)

9.4

104

平成18年八王子市告示第61号に定める八王子都市計画尾根幹線南地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「尾根幹線南地区整備計画区域」という。)

7.6

105

平成19年八王子市告示第107号に定める八王子都市計画内裏公園北地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「内裏公園北地区整備計画区域」という。)

5.6

106

平成19年八王子市告示第440号に定める八王子都市計画戸吹北地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「戸吹北地区整備計画区域」という。)

23.3

107

平成19年八王子市告示第441号に定める八王子都市計画下柚木野猿峠地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「下柚木野猿峠地区整備計画区域」という。)

0.7

108

平成20年八王子市告示第438号に定める八王子都市計画堀之内・東中野地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「堀之内・東中野地区整備計画区域」という。)

46.7

109

平成23年八王子市告示第296号に定める八王子都市計画新長房地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「新長房地区整備計画区域」という。)

11.8

110

平成25年八王子市告示第325号に定める八王子都市計画滝山・梅坪地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「滝山・梅坪地区整備計画区域」という。)

22.6

111

平成27年八王子市告示第7号に定める八王子都市計画八王子インター北地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「八王子インター北地区整備計画区域」という。)

16.6

112

平成27年八王子市告示第371号に定める八王子都市計画左入・滝山地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「左入・滝山地区整備計画区域」という。)

5.3

113

平成28年八王子市告示第193号に定める八王子都市計画鑓水二丁目地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「鑓水二丁目地区整備計画区域」という。)

22.9

114

平成28年八王子市告示第196号に定める八王子都市計画明神町裁判所跡地地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「明神町裁判所跡地地区整備計画区域」という。)

1.1

115

平成29年八王子市告示第57号に定める八王子都市計画旭町・明神町地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「旭町・明神町地区整備計画区域」という。)

1.2

116

平成29年八王子市告示第58号に定める八王子都市計画館ヶ丘西地区地区計画の区域のうち、地区整備

計画が定められた区域(以下次表において「館ヶ丘西地区整備計画区域」という。)

6.2

117

平成29年八王子市告示第59号に定める八王子都市計画館ヶ丘団地地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「館ヶ丘団地地区整備計画区域」という。)

45.5

118

平成29年八王子市告示第402号に定める八王子都市計画宮下町大学用地地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「宮下町大学用地地区整備計画区域」という。)

13.2

119

平成29年八王子市告示第403号に定める八王子都市計画美山工業団地地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「美山工業団地地区整備計画区域」という。)

13.1

120

平成30年八王子市告示第56号に定める八王子都市計画八王子西インターチェンジ北地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「八王子西インターチェンジ北地区整備計画区域」という。)

171.0

121

平成30年八王子市告示第318号に定める八王子都市計画南大谷団地地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「南大谷団地地区整備計画区域」という。)

1.6

122

平成31年八王子市告示第25号に定める八王子都市計画狭間駅前地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区域(以下次表において「狭間駅前地区整備計画区域」という。)

11.9

別表第2(第3条―第9条、第11条、第13条関係)

1 みつい台地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋を除く。)

2 住宅で診療所(患者の収容施設を有するものを除く。)の用途を兼ねるもの

3 前2号の建築物に附属するもの

10分の8

10分の4

160平方メートル

隣地境界線までの距離1.5メートル

1 軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内である物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供するもの

2 軒の高さが2.3メートル以下である自動車車庫

9メートル

店舗地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅で店舗の用途を兼ねるもの

2 前号の建築物に附属するもの

1 この表(う)欄における建築物の容積率の算定の基礎となる延べ面積には、自動車車庫その他の専ら自動車の停留又は駐車のための施設(誘導車路、操車場所及び乗降場を含む。)の用途に供する部分の床面積を算入する。

2 この表(き)欄における建築物の高さには、階段室、昇降機塔、装飾塔、屋窓その他これらに類する建築物の屋上部分及び棟飾、防火壁の屋上突出部その他これらに類する屋上突出物は、当該建築物の高さに算入する。

2 南陽台地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋を除く。)

2 住宅で診療所(患者の収容施設を有するものを除く。)の用途を兼ねるもの

3 前2号の建築物に附属するもの

10分の8

10分の4

150平方メートル

隣地境界線までの距離 1メートル

1 軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内である物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供するもの

2 軒の高さが2.3メートル以下である自動車車庫

9メートル

店舗地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 店舗

2 住宅で店舗の用途を兼ねるもの

3 前2号の建築物に附属するもの

150平方メートル

住宅地区内の敷地に接する隣地境界線までの距離 1メートル

1 軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内である物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供するもの

2 軒の高さが2.3メートル以下である自動車車庫

10メートル

1 この表(う)欄における建築物の容積率の算定の基礎となる延べ面積には、自動車車庫その他の専ら自動車の停留又は駐車のための施設(誘導車路、操車場所及び乗降場を含む。)の用途に供する部分の床面積を算入する。

2 この表(き)欄における建築物の高さには、階段室、昇降機塔、装飾塔、屋窓その他これらに類する建築物の屋上部分及び棟飾、防火壁の屋上突出部その他これらに類する屋上突出物は、当該建築物の高さに算入する。

3 グリーンタウン高尾地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

住宅地区A

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋を除く。)

2 住宅で診療所(患者の収容施設を有するものを除く。)の用途を兼ねるもの

3 前2号の建築物に附属するもの

150平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

コンクリートブロック造、補強コンクリートブロック造、石造、レンガ造又はこれらに類するもの

住宅地区B

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋を除く。)

2 前号の建築物に附属するもの

145平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

コンクリートブロック造、補強コンクリートブロック造、石造、レンガ造又はこれらに類するもの

センター地区

1 住宅

2 共同住宅

3 寄宿舎又は下宿

この表センター地区の項(い)欄に掲げる建築物については、第13条第1項本文の規定は、適用しない。

4 唐松団地地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋を除く。)

2 診療所(患者の収容施設を有するものを除く。)

3 前2号の建築物に附属するもの

170平方メートル

9メートル、かつ、軒の高さは7メートル

5 ダイヤタウン地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋を除く。)

2 診療所(患者の収容施設を有するものを除く。)

3 前2号の建築物に附属するもの

140平方メートル

9メートル、かつ、軒の高さは7メートル

6 宇津木台地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

一般住宅地区

150平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

集合住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 共同住宅又は寄宿舎

2 住宅(長屋に限る。)

3 集会所

4 前3号の建築物に附属するもの

10分の15

10分の5

店舗集合住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 共同住宅又は寄宿舎

2 事務所

3 店舗又は飲食店

4 前3号の建築物に附属するもの

10分の15

10分の5

1 道路(八王子都市計画道路3・4・29号線を除く。)境界線又は隣地境界線までの距離 1メートル

2 道路(八王子都市計画道路3・4・29号線)境界線までの距離 6メートル

1 道路(八王子都市計画道路3・4・29号線を除く。)境界線又は隣地境界線については、次のとおりとする。

ア 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

イ 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

ウ 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

2 道路(八王子都市計画道路3・4・29号線)境界線については、物置その他これに類する用途(自転車置場に限る。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下であるもの

住宅専用地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(3戸以上の長屋を除く。次号において同じ。)

2 住宅で次のア又はイに該当する用途を兼ねるもの(これらの用途に供する部分の床面積の合計が50平方メートルを超えるものを除く。)のうち、延べ面積の2分の1以上を居住の用に供するもの

ア 学習塾、華道教室、囲碁教室その他これらに類する施設

イ 出力の合計が0.2キロワット以下の原動機を使用する美術品又は工芸品を製作するためのアトリエ又は工房

3 前2号の建築物に附属するもの

10分の8

10分の4

180平方メートル

1 道路(八王子都市計画道路3・4・29号線を除く。)境界線又は隣地境界線までの距離 1メートル

2 道路(八王子都市計画道路3・4・29号線)境界線までの距離 6メートル

道路(八王子都市計画道路3・4・29号線を除く。)境界線又は隣地境界線については、次のとおりとする。

ア 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

イ 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

ウ 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

10メートル

商業施設地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 店舗(次号に規定する店舗を除く。)又は飲食店

2 銀行の支店その他これに類するサービス店舗

3 診療所

4 前3号の建築物に附属するもの

道路(緑道)境界線までの距離 1メートル

建築物の1階部分及び当該階より下の階で当該敷地が接する道路(緑道)の各部分の高さより上にある部分の外壁等以外のもの

誘致施設地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 大学、高等専門学校、専修学校その他これらに類するもの

2 図書館、博物館又は美術館

3 体育館又は水泳場

4 事務所

5 令第130条の9に規定する危険物の貯蔵又は処理に供する建築物のうち次に掲げる危険物の貯蔵又は処理に供するもの

ア 塩素酸塩類

イ 過塩素酸塩類

ウ 過酸化水素水

エ アルコール

オ エーテル

カ 酢酸エステル

キ ニトロセルローズ

ク 石油類(第1石油類から第4石油類まで)

ケ 圧縮ガス

コ 液化ガス

6 前各号の建築物に附属するもの

10分の15

10分の5

道路境界線までの距離6メートル

7 高尾台地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋を除く。)

2 住宅で令第130条の3各号に掲げる用途を兼ねるもの

3 診療所(患者の収容施設を有するものを除く。)

4 前3号の建築物に附属するもの

150平方メートル

9メートル

8 松子舞地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋を除く。)

2 住宅で令第130条の3各号に掲げる用途(食堂又は喫茶店を除く。)を兼ねるもの

3 診療所(患者の収容施設を有するものを除く。)

4 前3号の建築物に附属するもの

160平方メートル

9メートル

9 由木中央地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

一般市街地区

150平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.7メートル

2 道路(八王子都市計画道路3・2・5号線、同3・3・31号線及び同3・4・8号線)境界線までの距離 1メートル

隣地境界線については、次のとおりとする。

ア 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

イ 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

駅前商業施設地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 1階部分の床面積の2分の1以上が事務所、店舗又は飲食店であるもの

2 前号の建築物に附属するもの

150平方メートル

道路境界線までの距離1メートル

当該道路の路面の中心から高さ2.5メートルを超える当該建築物の部分

駅周辺地区

150平方メートル

道路(八王子都市計画道路3・2・5号線及び同3・3・31号線)境界線までの距離 1メートル

近隣センター地区

150平方メートル

由木事務所周辺地区

1 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

2 ホテル又は旅館

150平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.7メートル

2 道路(八王子都市計画道路3・4・8号線)境界線までの距離 1メートル

隣地境界線については、次のとおりとする。

ア 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

イ 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

10 東めじろ台地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋を除く。)

2 住宅で次のアからオまでのいずれかに該当する用途を兼ねるもの

ア 令第130条の3第1号に掲げるもの

イ 同条第2号に掲げる店舗

ウ 同条第3号に掲げる理髪店、美容院又は貸本屋

エ 同条第6号に掲げるもの

オ 同条第7号に掲げるもの(原動機を使用する場合にあつては、その出力の合計が0.2キロワット以下のものに限る。)

3 診療所(患者の収容施設を有するものを除く。)

4 前3号の建築物に附属するもの

150平方メートル

隣地境界線までの距離0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

11 桑陽台地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋を除く。)

2 診療所(患者の収容施設を有するものを除く。)

3 前2号の建築物に附属するもの

140平方メートル

隣地境界線までの距離1メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

12 めじろ台地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

住宅地区

共同住宅又は寄宿舎

160平方メートル

住宅専用地区

1 住宅(3戸建以上の長屋に限る。)

2 共同住宅又は寄宿舎

160平方メートル

低層住宅地区

1 住宅(長屋に限る。次号において同じ。)

2 住宅で令第130条の3各号に掲げる用途を兼ねるもの

3 共同住宅又は寄宿舎

4 診療所(患者の収容施設を有するもの)

160平方メートル

隣地境界線までの距離0.7メートル

1 外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

駅前地区

1 共同住宅(床若しくは壁又は戸で区画された各住戸の床面積が29平方メートル以上のものを除く。)

2 ホテル又は旅館

3 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

駅周辺地区

共同住宅(床若しくは壁又は戸で区画された各住戸の床面積が29平方メートル以上のものを除く。)

160平方メートル

13 片倉地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

駅前地区

1 建築物の1階部分を事務所又は店舗以外の用に供するもの

2 ホテル又は旅館

3 工場で令第130条の6に定める工場以外のもの

120平方メートル

道路(片倉駅前広場及び八王子都市計画道路3・4・45号線)境界線までの距離1メートル

片倉駅前広場歩道面から高さ2.5メートルを超える当該建築物の部分

駅北口周辺地区

ホテル又は旅館

130平方メートル

駅南口地区

寄宿舎又は下宿

130平方メートル

隣地境界線までの距離0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

沿道サービス地区

寄宿舎又は下宿

140平方メートル

隣地境界線までの距離0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

道路(八王子都市計画道路3・4・45号線)境界線までの距離1メートル

住宅地区

140平方メートル

隣地境界線までの距離0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

14 絹ケ丘地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

一般住宅地区絹ケ丘一丁目

1 住宅(3戸建以上の長屋に限る。)

2 共同住宅

3 寄宿舎

150平方メートル

隣地境界線までの距離0.5メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

一般住宅地区絹ケ丘二丁目、絹ケ丘三丁目

1 住宅(5戸建以上の長屋に限る。)

2 共同住宅(住戸又は住室が5以上のものに限る。)

3 寄宿舎

140平方メートル

隣地境界線までの距離0.5メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

路線沿地区

140平方メートル

15 さくら台地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

1 住宅(長屋に限る。)

2 共同住宅又は寄宿舎

160平方メートル

隣地境界線までの距離0.5メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

16 宝生寺地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋を除く。次号において同じ。)

2 住宅で次のアからウまでのいずれかに該当する用途を兼ねるもの

ア 令第130条の3第1号に掲げるもの

イ 同条第6号に掲げるもの

ウ 同条第7号に掲げるもの(原動機を使用する場合にあつては、その出力の合計が0.2キロワット以下のものに限る。)

3 診療所(患者の収容施設を有するものを除く。)

4 前3号の建築物に附属するもの

160平方メートル

隣地境界線までの距離0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

店舗地区

1 住宅(長屋に限る。)

2 共同住宅、寄宿舎又は下宿

10メートル

17 館町団地地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

1 住宅(3戸建以上の長屋に限る。)

2 共同住宅又は寄宿舎

140平方メートル

隣地境界線までの距離0.5メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

18 南大沢四丁目地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋を除く。次号及び第3号において同じ。)

2 住宅で次のアからウまでのいずれかに該当する用途を兼ねるもの

ア 令第130条の3第1号に掲げるもの

イ 同条第3号に掲げるもののうち理髪店又は美容院

ウ 同条第6号に掲げるもの

3 住宅で診療所(患者の収容施設を有するものを除く。)の用途を兼ねるもの

4 前3号の建築物に附属するもの

170平方メートル

1 道路境界線までの距離1.5メートル

2 隣地境界線までの距離1メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

隣地境界線までの真北方向の距離2メートル

建築物の1階部分及び地階部分の外壁等

19 辺名地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

工場団地地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 工場

2 工場で事務所の用途を兼ねるもののうち延べ面積の2分の1以上を工場の用に供するもの(事務所の用途に供する部分の床面積が50平方メートルを超えるものを除く。)

3 前2号の建築物に附属するもの

300平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離1メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

沿道業務地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋に限る。)

2 住宅で事務所、店舗の用途を兼ねるもの

3 共同住宅又は寄宿舎

4 事務所又は店舗

5 工場

6 道路運送法(昭和26年法律第183号。以下「運送法」という。)第3条第1号イ若しくはロ又は第2号の規定に該当する事業に係るもの

7 前各号の建築物に附属するもの

150平方メートル

隣地境界線までの距離1メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

20 北野駅前地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

1 キャバレー

2 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号。以下「風営法」という。)第2条第6項の規定に該当する営業に係るもの

10分の20

200平方メートル

10メートル ただし、鉄道の高架橋下部及び八王子都市計画北野町特定街区の区域内の建築物は、この限りでない。

21 打越地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

駅前商業施設地区

1 建築物の1階及び2階部分が住宅、共同住宅、寄宿舎又は下宿であるもの

2 キャバレー

3 風営法第2条第6項の規定に該当する営業に係るもの

10分の20

200平方メートル

道路(八王子都市計画道路3・4・42号線、北野駅南口駅前広場及び幅員9メートルの区画道路)境界線までの距離1メートル

建築物の1階部分の外壁等以外のもの

10メートル ただし、鉄道の高架橋下部の建築物は、この限りでない。

商業西地区

建築物の1階部分が住宅、共同住宅、寄宿舎又は下宿であるもの

10分の15

165平方メートル

道路(幅員9メートルの区画道路)境界線までの距離1メートル

建築物の1階部分の外壁等以外のもの

商業南地区

10分の15

140平方メートル

道路(八王子都市計画道路3・4・42号線)境界線までの距離1メートル

建築物の1階部分の外壁等以外のもの

住宅地区A

140平方メートル

隣地境界線までの距離0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

住宅地区B

10分の14

140平方メートル

隣地境界線までの距離0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

10メートル

中高層住宅地区

ホテル又は旅館

10分の15

200平方メートル

隣地境界線までの距離0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

道路(幅員9メートルの区画道路)境界線までの距離1メートル

建築物の1階部分の外壁等以外のもの

22 南大沢三丁目地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

次に掲げる建築物以外の建築物

1 運送法第3条第1号イ若しくはロ又は第2号の規定に該当する事業に係るもの

2 前号の建築物に附属するもの

300平方メートル

隣地境界線までの距離1メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

23 南大沢五丁目地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

次に掲げる建築物以外の建築物

1 運送法第3条第1号イ若しくはロ又は第2号の規定に該当する事業に係るもの

2 前号の建築物に附属するもの

300平方メートル

隣地境界線までの距離1メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

24 しんぼく地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅

2 共同住宅

3 集会所

4 前3号の建築物に附属するもの

170平方メートル

道路(住区道路8号線及びサービス道路6号線を除く。)境界線及び隣地境界線までの距離0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

道路(住区道路8号線及びサービス道路6号線)境界線までの距離1.5メートル

道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

25 堀之内駅前地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

駅前商業地区

1 建築物の1階部分を居住の用に供するもの

2 倉庫業を営む倉庫

500平方メートル

道路(市道由木607号線)境界線までの距離 1メートル

公共用歩廊

駅東地区

1 建築物の1階部分を居住の用に供し、かつ、居住の用に供する部分の床面積の合計が延べ面積の2分の1以上であるもの

2 マージャン屋、ぱちんこ屋

500平方メートル

道路境界線までの距離1メートル

1 外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

駅南地区

1 住宅(長屋を除く。)

2 マージャン屋、ぱちんこ屋

150平方メートル

道路境界線までの距離1メートル

1 外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

26 サンランド地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋を除く。次号において同じ。)

2 住宅で診療所(患者の収容施設を有するものを除く。)の用途を兼ねるもの

3 前2号の建築物に附属するもの

170平方メートル

10メートル

27 打越南部地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋を除く。次号において同じ。)

2 住宅で次のア又はイに該当する用途を兼ねるもの

ア 学習塾、華道教室、囲碁教室その他これらに類する施設

イ 美術品又は工芸品を製作するためのアトリエ又は工房(原動機を使用する場合にあつては、その出力の合計が0.2キロワット以下のものに限る。)

3 公民館、地区集会所

4 診療所(患者の収容施設を有するものを除く。)

5 前各号の建築物に附属するもの

150平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離1メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

沿道利用地区

1 住宅(長屋を除く。)

2 寄宿舎又は下宿

150平方メートル

道路(八王子都市計画道路3・4・14号線)境界線までの距離1メートル

28 北野台地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

住宅地区

1 住宅(3戸以上の長屋に限る。)

2 共同住宅

3 寄宿舎

160平方メートル

隣地境界線までの距離0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

店舗地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもののうち、令第130条の3で定めるもの

2 事務所

3 店舗

4 病院

5 診療所

6 前各号の建築物に附属するもの

160平方メートル

29 堀之内・越野南地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

共同住宅(床若しくは壁又は戸で区画された各住戸の床面積が29平方メートル以上のものを除く。)

170平方メートル

隣地境界線までの距離0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

30 削除

31 釜貫地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

住宅地区

寄宿舎又は下宿

140平方メートル

隣地境界線までの距離0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

低層住宅地区

1 住宅(7戸建以上の長屋に限る。)

2 共同住宅(住戸又は住室が10以上のものに限る。)

3 寄宿舎又は下宿

150平方メートル

隣地境界線までの距離0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

32 別所地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

誘致施設地区

1 住宅

2 住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもの

3 共同住宅、寄宿舎又は下宿

4 ホテル又は旅館

5 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

500平方メートル

道路境界線及び隣接境界線までの距離2メートル

幹線沿道地区A

ホテル又は旅館

150平方メートル

1 道路(八王子都市計画道路3・3・31号線及び同3・4・3号線)境界線までの距離1メートル

2 隣地境界線までの距離0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

幹線沿道地区B

マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

150平方メートル

1 道路(八王子都市計画道路3・3・31号線及び同3・4・3号線)境界線までの距離1メートル

2 隣地境界線までの距離0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

低層戸建住宅地区

1 住宅(3戸建以上の長屋に限る。)

2 共同住宅、寄宿舎又は下宿

170平方メートル

1 道路境界線までの距離1.5メートル

2 隣地境界線までの距離1メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

33 天野地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

低層住宅地区

1 住宅(3戸建以上の長屋に限る。)

2 住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもの

3 共同住宅、寄宿舎又は下宿

10分の8

10分の4(法第53条第3項第2号に該当する建築物にあつては、10分の5)

140平方メートル

隣地境界線までの距離0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

住宅地区

140平方メートル

隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

沿道地区A

140平方メートル

隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

道路(幅員12メートルの道路)境界線までの距離1メートル

沿道地区B

160平方メートル

隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

道路(八王子都市計画道路3・3・30号線)境界線までの距離 1メートル

駅前地区A

建築物の1階部分が共同住宅、寄宿舎又は下宿であるもの

160平方メートル

道路(八王子都市計画道路3・4・8号線及び同3・3・30号線)境界線までの距離1メートル

駅前地区B

建築物の1階部分が住宅、共同住宅、寄宿舎又は下宿であるもの

500平方メートル

道路(八王子都市計画道路3・3・30号線及び幅員12メートルの道路)境界線までの距離 1メートル

34 首都大学東京北地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

集合住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋に限る。第3号において同じ。)

2 共同住宅

3 住宅又は共同住宅で床若しくは壁又は戸で区画された各住戸の床面積の2分の1以上を居住の用に供し、かつ、次のアからカまでのいずれかに該当する用途を兼ねるもの

ア 事務所

イ 日用品の販売を主たる目的とする店舗又は喫茶店

ウ 理髪店、美容院

エ 出力の合計が0.75キロワット以下の原動機を使用して自家販売のために食品製造業を営むパン屋、菓子屋その他これらに類するもの

オ 学習塾、華道教室、囲碁教室その他これらに類する施設

カ 出力の合計が0.2キロワット以下の原動機を使用する美術品又は工芸品を製作するためのアトリエ又は工房

4 神社、寺院、教会その他これらに類するもの

5 公民館、集会所その他これらに類するもの

6 児童館

7 巡査派出所、公衆電話所その他これらに類する令第130条の4で定める公益上必要なもの

8 前各号の建築物に附属するもの

道路(歩行者専用道路を除く幅員10メートル以上のもの)境界線までの距離 3メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心等の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫

生活関連地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 学校(大学、高等専門学校、専修学校及び各種学校を除く。)

2 神社、寺院、教会その他これらに類するもの

3 養老院、託児所、保育所その他これらに類するもの

4 診療所、又は住宅で診療所の用途を兼ねるもの

5 巡査派出所、公衆電話所その他これらに類する令第130条の4で定める公益上必要なもの

6 日用品の販売を主たる目的とする店舗

7 共同住宅

8 前各号の建築物に附属するもの

道路(歩行者専用道路を除く幅員10メートル以上のもの)境界線までの距離 3メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫

35 首都大学東京西地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

集合住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋に限る。第3号において同じ。)

2 共同住宅

3 住宅で床若しくは壁又は戸で区画された各住戸の床面積の2分の1以上を居住の用に供し、かつ、次のアからカまでのいずれかに該当する用途を兼ねるもの

ア 事務所

イ 日用品の販売を主たる目的とする店舗又は喫茶店

ウ 理髪店、美容院

エ 出力の合計が0.75キロワット以下の原動機を使用して自家販売のために食品製造業を営むパン屋、菓子屋その他これらに類するもの

オ 学習塾、華道教室、囲碁教室その他これらに類する施設

カ 出力の合計が0.2キロワット以下の原動機を使用する美術品又は工芸品を製作するためのアトリエ又は工房

4 神社、寺院、教会その他これらに類するもの

5 公民館、集会所その他これらに類するもの

6 児童館

7 巡査派出所、公衆電話所その他これらに類する令第130条の4で定める公益上必要なもの

8 前各号の建築物に附属するもの

1 道路(歩行者専用道路を除く幅員10メートル以上のもの)境界線までの距離 3メートル

2 歩行者専用道路(都市計画道路八3・4・7号線に接する幅員6メートルのものに限る。)境界線までの距離 6メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫

生活関連地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 学校(大学、高等専門学校、専修学校及び各種学校を除く。)

2 神社、寺院、教会その他これらに類するもの

3 老人ホーム、保育所その他これらに類するもの

4 診療所、又は住宅で診療所の用途を兼ねるもの

5 巡査派出所、公衆電話所その他これらに類する令第130条の4で定める公益上必要なもの

6 日用品の販売を主たる目的とする店舗

7 共同住宅

8 前各号の建築物に附属するもの





1 道路(歩行者専用道路を除く幅員10メートル以上のもの)境界線までの距離 3メートル

2 歩行者専用道路(都市計画道路八3・4・7号線に接する幅員6メートルのものに限る。)境界線までの距離 6メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫




36 南八王子地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

センターA地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 事務所

2 店舗、飲食店その他これらに類するもの

3 研究所又は研修所

4 ホテル又は旅館(風営法第2条第6項第4号の規定に該当する営業に係るものを除く。)

5 キャバレー、料理店その他これらに類するもの

6 劇場、映画館、演芸場若しくは観覧場又はナイトクラブその他これに類するもの

7 集会所、公会堂、展示場、スタジオその他これらに類するもの

8 学校、図書館その他これらに類するもの

9 保育所

10 消防署、公共用歩廊、公衆便所、巡査派出所、公衆電話所その他これらに類する公益上必要なもの

11 学習塾、華道教室、囲碁教室その他これらに類するもの

12 診療所

13 神社、寺院、教会その他これらに類するもの

14 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場その他これらに類するもの

15 カラオケボックスその他これに類するもの

16 ボーリング場、スケート場、水泳場その他これらに類する運動施設

17 倉庫(倉庫業を営む倉庫を除く。)

18 公衆浴場(風営法第2条第6項第1号の規定に該当する営業に係るものを除く。)

19 自動車車庫又は自転車駐車場

20 地域冷暖房施設

21 前各号の建築物に附属するもの

3,000平方メートル

道路境界線までの距離 3.5メートル

公共用歩廊その他これに類する公益上必要なもの

センターB地区

1 建築物の1階及び2階部分を居住の用に供するもの(管理人室等に供する部分を除く。)

2 倉庫業を営む倉庫

3 自動車教習所

4 畜舎

5 危険物の貯蔵又は処理に供するもの(建築物に附属するものを除く。)

6 勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

1,000平方メートル

道路境界線までの距離 3.5メートル

公共用歩廊その他これに類する公益上必要なもの

一般住宅地区

165平方メートル

1 道路境界線までの距離 1メートル

2 隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

集合住宅地区

住宅(長屋を除く。)

300平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 3メートル

ふれあい通り地区

165平方メートル

1 道路境界線までの距離 1メートル

2 隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

14メートル

道路(八王子都市計画道路3・4・69号線)境界線までの距離 2メートル

沿道型住宅地区

1 自動車教習所

2 床面積が15平方メートルを超える畜舎

3 危険物の貯蔵又は処理に供するもの(石油類の販売に供するもの及び建築物に附属するものを除く。)

165平方メートル

1 道路境界線までの距離 1メートル

2 隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

1 道路(八王子都市計画道路3・4・8号線、同3・4・11号線、同3・4・14号線及び同3・4・69号線)に接するものは、18メートル

2 道路(八王子都市計画道路3・3・68号線(これに接し並行する道路を含む。)及び区画道路101号線)に接するものは、10メートル(道路境界線からの距離が6メートル以上の部分を除く。)

道路(八王子都市計画道路3・4・11号線、同3・4・14号線、同3・3・68号線(これに接し並行する道路を含む。)、同3・4・69号線及び区画道路101号線)境界線までの距離 2メートル

生活関連施設A地区

1 自動車教習所

2 床面積が15平方メートルを超える畜舎

3 カラオケボックスその他これに類するもの

4 危険物の貯蔵又は処理に供するもの(石油類の販売に供するもの及び建築物に附属するものを除く。)

5 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

165平方メートル

1 道路境界線までの距離 1メートル

2 隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

道路(八王子都市計画道路3・3・2号線、同3・4・8号線及び同3・4・11号線)に接するものは、18メートル

道路(八王子都市計画道路3・3・2号線、同3・4・11号線及び区画道路101号線)境界線までの距離 2メートル

生活関連施設B地区

1 自動車教習所

2 床面積が15平方メートルを超える畜舎

3 カラオケボックスその他これに類するもの

4 危険物の貯蔵又は処理に供するもの(石油類の販売に供するもの及び建築物に附属するものを除く。)

5 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

165平方メートル

1 道路境界線までの距離 1メートル

2 隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

14メートル

道路(八王子都市計画道路3・3・2号線)境界線までの距離 2メートル

生活関連施設C地区

1 自動車教習所

2 床面積が15平方メートルを超える畜舎

3 カラオケボックスその他これに類するもの

4 危険物の貯蔵又は処理に供するもの(石油類の販売に供するもの及び建築物に附属するものを除く。)

5 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

165平方メートル

1 敷地面積が1,000平方メートル未満の建築物の敷地における道路(八王子都市計画道路3・3・2号線及び同3・4・8号線を除く。)境界線までの距離 1メートル

2 敷地面積が1,000平方メートル未満の建築物の敷地における隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

1 敷地面積が1,000平方メートル未満の建築物の敷地における道路(八王子都市計画道路3・3・2号線及び同3・4・8号線)境界線までの距離 2メートル

2 敷地面積が1,000平方メートル以上の建築物の敷地における道路境界線までの距離 5メートル

3 敷地面積が1,000平方メートル以上の建築物の敷地における隣地境界線までの距離 3メートル

広域幹線沿道A地区

1 自動車教習所

2 床面積が15平方メートルを超える畜舎

3 カラオケボックスその他これに類するもの

4 倉庫業を営む倉庫

5 危険物の貯蔵又は処理に供するもの(石油類の販売に供するもの及び建築物に附属するものを除く。)

6 勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

165平方メートル

1 道路境界線までの距離 1メートル

2 隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

道路(八王子都市計画道路3・3・2号線)に接するものは、18メートル

道路(八王子都市計画道路3・3・2号線)境界線までの距離 2メートル

広域幹線沿道C地区

1 自動車教習所

2 床面積が15平方メートルを超える畜舎

3 カラオケボックスその他これに類するもの

4 倉庫業を営む倉庫

5 危険物の貯蔵又は処理に供するもの(石油類の販売に供するもの及び建築物に附属するものを除く。)

6 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

7 劇場、映画館、演芸場若しくは観覧場又はナイトクラブその他これに類するもの

8 ボーリング場、スケート場、水泳場、スキー場、ゴルフ練習場及びバッティング練習場の用途に供する運動施設でその用途に供する部分の床面積の合計が3,000平方メートルを超えるもの

9 店舗、飲食店その他これらに類するものでその用途に供する部分の床面積の合計が3,000平方メートルを超えるもの

10 前2号に掲げる用途に供するものでその用途に供する部分の床面積の合計が3,000平方メートルを超えるもの

165平方メートル

1 道路境界線までの距離 1メートル

2 隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

道路(八王子都市計画道路3・3・2号線及び同3・4・14号線(これに接し並行する道路を含む。))に接するものは、18メートル

道路(八王子都市計画道路3・3・2号線及び同3・4・14号線(これに接し並行する道路を含む。))境界線までの距離 2メートル

広域幹線沿道D地区

1 自動車教習所

2 床面積が15平方メートルを超える畜舎

3 カラオケボックスその他これに類するもの

4 倉庫業を営む倉庫

5 危険物の貯蔵又は処理に供するもの(石油類の販売に供するもの及び建築物に附属するものを除く。)

6 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

7 劇場、映画館、演芸場若しくは観覧場又はナイトクラブその他これに類するもの

8 ボーリング場、スケート場、水泳場、スキー場、ゴルフ練習場及びバッティング練習場の用途に供する運動施設でその用途に供する部分の床面積の合計が3,000平方メートルを超えるもの

9 店舗、飲食店その他これらに類するものでその用途に供する部分の床面積の合計が3,000平方メートルを超えるもの

10 前2号に掲げる用途に供するものでその用途に供する部分の床面積の合計が3,000平方メートルを超えるもの

165平方メートル

1 道路境界線までの距離 1メートル

2 隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

道路(八王子都市計画道路3・3・2号線)に接するものは、18メートル

道路(八王子都市計画道路3・3・2号線及び区画道路101号線)境界線までの距離 2メートル

業務施設B地区

1 住宅

2 共同住宅、寄宿舎又は下宿

3 ボーリング場、スケート場、水泳場その他これらに類する運動施設

4 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

5 ホテル又は旅館

6 自動車教習所

7 床面積が15平方メートルを超える畜舎

8 カラオケボックスその他これに類するもの

9 劇場、映画館、演芸場若しくは観覧場又はナイトクラブその他これに類するもの

10 キャバレー、料理店その他これらに類するもの

11 倉庫業を営む倉庫

10分の4(敷地面積が1ヘクタール未満のものにあつては、10分の5)

1,000平方メートル

1 道路境界線までの距離 5メートル

2 隣地境界線までの距離 3メートル

業務施設C地区

1 住宅(長屋に限る。)

2 共同住宅、寄宿舎又は下宿

3 ボーリング場、スケート場、水泳場その他これらに類する運動施設

4 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

5 ホテル又は旅館

6 自動車教習所

7 床面積が15平方メートルを超える畜舎

8 カラオケボックスその他これに類するもの

9 劇場、映画館、演芸場若しくは観覧場又はナイトクラブその他これに類するもの

10 キャバレー、料理店その他これらに類するもの

165平方メートル

1 道路境界線までの距離 1メートル

2 隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

業務施設D地区

1 住宅

2 共同住宅、寄宿舎又は下宿

3 ボーリング場、スケート場、水泳場その他これらに類する運動施設

4 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

5 ホテル又は旅館

6 自動車教習所

7 床面積が15平方メートルを超える畜舎

8 カラオケボックスその他これに類するもの

9 劇場、映画館、演芸場若しくは観覧場又はナイトクラブその他これに類するもの

10 キャバレー、料理店その他これらに類するもの

11 倉庫業を営む倉庫

12 令第130条の9に規定する危険物の貯蔵又は処理に供するもののうち火薬類の貯蔵又は処理に供するもの

10分の4(敷地面積が1ヘクタール未満のものにあつては、10分の5)

1,000平方メートル

1 道路境界線までの距離 5メートル

2 隣地境界線までの距離 3メートル

緑地的施設地区

1 住宅

2 共同住宅、寄宿舎又は下宿

10分の3

500平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 5メートル

緑地地区

37 城山手地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

戸建住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(3戸以上の長屋を除く。)

2 住宅で診療所(患者の収容施設を有するものを除く。)の用途を兼ねるもの

3 住宅で次のいずれかの用途を兼ねるもの

ア 学習塾、華道教室、囲碁教室その他これらに類するもの

イ 出力の合計が0.2キロワット以下の原動機を使用し、美術品又は工芸品を製作するためのアトリエ又は工房

4 集会所

5 前各号の建築物に附属するもの

170平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

タウンハウス地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅

2 共同住宅

3 保育所

4 前3号の建築物に附属するもの

170平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

サービス施設地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 店舗

2 事務所

3 住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもの

4 診療所

5 共同住宅又は寄宿舎

6 住宅

7 集会所

8 前各号の建築物に附属するもの

10分の10(長屋を除く住宅に限る。)

10分の5(長屋を除く住宅に限る。)

170平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

15メートル

沿道地区

危険物の貯蔵又は処理に供するもの(石油類の販売に供するもの及び建築物に附属するものを除く。)

170平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

38 長池地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

集合住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅

2 共同住宅

3 住宅又は共同住宅で各住戸の床面積の2分の1以上を居住の用に供し、かつ、次のアからカまでのいずれかに該当する用途を兼ねるもの

ア 事務所

イ 日用品の販売を主たる目的とする店舗又は喫茶店

ウ 理髪店、美容院、クリーニング取次店

エ 出力の合計が0.75キロワット以下の原動機を使用して自家販売のために食品製造業を営むパン屋、菓子屋その他これらに類するもの

オ 学習塾、華道教室、囲碁教室その他これらに類する施設

カ 出力の合計が0.2キロワット以下の原動機を使用する美術品又は工芸品を製作するためのアトリエ又は工房

4 公民館、集会所その他これらに類するもの

5 児童館

6 巡査派出所、公衆電話所その他これらに類するもの

7 前各号の建築物に附属するもの

道路(八王子都市計画道路3・4・3号線)境界線までの距離 3メートル

低層戸建住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(3戸以上の長屋を除く。)

2 住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもののうち延べ面積の2分の1以上を居住の用に供し、かつ、次のアからエまでのいずれかに該当する用途を兼ねるもの(これらの用途に供する部分の床面積の合計が50平方メートルを超えるものを除く。)

ア 事務所

イ 日用品の販売を主たる目的とする店舗又は喫茶店

ウ 理髪店、美容院、クリーニング取次店

エ 学習塾、華道教室、囲碁教室、その他これらに類する施設

3 診療所

4 前3号の建築物に附属するもの

170平方メートル

1 道路境界線までの距離 1.5メートル

2 隣地境界線までの距離 1メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

39 鑓水南地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

集合住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅

2 共同住宅

3 公民館、集会所その他これらに類するもの

4 保育所

5 巡査派出所、公衆電話所その他これらに類するもの

6 店舗、飲食店その他これらに類するもの

7 前各号の建築物に附属するもの

170平方メートル

1 道路(歩行者専用道路を除く幅員10メートル以上のもの)境界線までの距離 3メートル

2 隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫

低層住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅

2 共同住宅

3 住宅で床面積の2分の1以上を居住の用に供し、かつ、次のアからカまでのいずれかに該当する用途を兼ねるもの

ア 事務所

イ 日用品の販売を主たる目的とする店舗、食堂又は喫茶店

ウ 理髪店、美容院、クリーニング取次店

エ 出力の合計が0.75キロワット以下の原動機を使用して自家販売のために食品製造業を営むパン屋、菓子屋その他これらに類するもの

オ 学習塾、華道教室、囲碁教室その他これらに類する施設

カ 出力の合計が0.75キロワット以下の原動機を使用する美術品又は工芸品を製作するためのアトリエ又は工房

4 診療所又は住宅で診療所の用途を兼ねるもの

5 公民館、集会所その他これらに類するもの

6 巡査派出所、公衆電話所その他これらに類するもの

7 前各号の建築物に附属するもの

170平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下のもの

10メートル

生活関連施設地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 学校(大学、高等専門学校、専修学校及び各種学校を除く。)

2 老人ホーム、保育所その他これらに類するもの

3 病院、診療所又は住宅で診療所の用途を兼ねるもの

4 巡査派出所、公衆電話所その他これらに類するもの

5 店舗、飲食店その他これらに類するもの

6 共同住宅

7 公民館、集会所その他これらに類するもの

8 前各号の建築物に附属するもの

1 道路(歩行者専用道路を除く幅員10メートル以上のもの)境界線までの距離 3メートル

2 道路(八王子市道由木802号線)境界線までの距離30メートルただし、建築物又は建築物の部分の高さが10メートル以下のものについては、1メートル

道路(歩行者専用道路を除く幅員10メートル以上のもの)境界線については、次のとおりとする。

ア 外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

イ 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

ウ 自動車車庫

道路(八王子市道由木591号線)北側、道路(八王子都市計画道路八3・4・7号線)又は道路(八王子市道由木802号線)のいずれかに接する敷地については、20メートルただし、道路(八王子市道由木802号線)境界線から30メートル以内の部分を除く。

40 元八王子町二丁目地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

戸建住宅地区A

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋を除く。)

2 保育所

3 集会所

4 前3号の建築物に附属するもの

170平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

戸建住宅地区B

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(3戸以上の長屋を除く。)

2 前号の建築物に附属するもの

270平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 1.5メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

サービス施設地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 店舗

2 事務所

3 診療所

4 住宅(3戸以上の長屋を除く。以下この項において同じ。)

5 令第130条の3各号に掲げる用途を兼ねる住宅(以下この項において「兼用住宅」という。)

6 前各号の建築物に附属するもの

10分の10(住宅及び兼用住宅に限る。)

10分の5(住宅及び兼用住宅に限る。)

500平方メートル(住宅及び兼用住宅にあつては、170平方メートル)

道路境界線及び隣地境界線までの距離 2メートル(住宅及び兼用住宅にあつては、1メートル)

住宅及び兼用住宅並びにこれらに附属するもののうち次のいずれかに該当するもの

ア 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

イ 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

ウ 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

15メートル(住宅及び兼用住宅にあつては、9メートル)

41 紅葉台地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋を除く。次号において同じ。)

2 住宅で事務所、店舗、診療所その他これらに類する用途を兼ねるもの

3 前2号の建築物に附属するもの

150平方メートル

隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

42 松木地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

低層集合住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 共同住宅

2 住宅(長屋に限る。)

3 建築物の1階部分を令第130条の5の3各号に定めるものに供し、その部分の床面積の合計が500平方メートル以内で、かつ、延べ面積の2分の1以上を共同住宅の用に供するもの

4 神社

5 前各号の建築物に附属するもの

道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

10メートル

低層戸建住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(3戸以上の長屋を除く。)

2 住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもののうち延べ面積の2分の1以上を居住の用に供し、かつ、次のアからオまでのいずれかに該当する用途を兼ねるもの(これらの用途に供する部分の床面積の合計が50平方メートルを超えるものを除く。)

ア 事務所

イ 日用品の販売を主たる目的とする店舗又は喫茶店

ウ 理髪店、美容院、クリーニング取次店

エ 学習塾、華道教室、囲碁教室その他これらに類する施設

オ 出力の合計が0.75キロワット以下の原動機を使用する美術品又は工芸品を製作するためのアトリエ又は工房

3 診療所

4 前3号の建築物に附属するもの

10分の8

10分の4(法第53条第3項第2号に該当する建築物にあつては、10分の5)

170平方メートル

1 道路(歩行者専用道路を除く。)境界線までの距離 1メートル

2 隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

43 削除

44 館町ゆりのき台地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

戸建住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(3戸以上の長屋を除く。)

2 住宅で診療所(患者の収容施設を有するものを除く。)の用途を兼ねるもの

3 住宅で次のア又はイに該当する用途を兼ねるもの(これらの用途に供する部分の床面積の合計が50平方メートルを超えるものを除く。)のうち延べ面積の2分の1以上を居住の用に供するもの

ア 学習塾、華道教室、囲碁教室その他これらに類する施設

イ 出力の合計が0.75キロワット以下の原動機を使用する美術品又は工芸品を製作するためのアトリエ又は工房

4 集会所

5 保育所

6 前各号の建築物に附属するもの

170平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

公益施設地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもの

2 事務所

3 店舗

4 診療所

5 集会所

6 前各号の建築物に附属するもの

500平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 2メートル

道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

45 石川・大谷地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

集合住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 共同住宅

2 保育所

3 巡査派出所、公衆電話所その他これらに類するもの

4 老人福祉センター、児童厚生施設その他これらに類するもの

5 集会所その他これに類するもの

6 前各号の建築物に附属するもの

300平方メートル

道路境界線までの距離 3メートル

医療施設地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 病院

2 共同住宅又は寄宿舎

3 高等専門学校、専修学校及び各種学校

4 前3号の建築物に附属するもの

2,000平方メートル

1 道路境界線までの距離 3メートル

2 隣地境界線までの距離 2メートル

46 水甫地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

集合住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅

2 共同住宅

3 公民館、集会所その他これらに類するもの

4 保育所

5 巡査派出所、公衆電話所その他これらに類するもの

6 店舗、飲食店その他これらに類するもの

7 前各号の建築物に附属するもの

170平方メートル

1 道路(歩行者専用道路を除く幅員10メートル以上のもの)境界線までの距離 3メートル

2 隣地境界線までの距離 0.7メートル

道路(歩行者専用道路を除く幅員10メートル以上のもの)境界線及び隣地境界線については、次のとおりとする。

ア 道路(歩行者専用道路を除く幅員10メートル以上のもの)境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

イ 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

ウ 自動車車庫

低層住宅地区A

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅

2 共同住宅

3 住宅で床面積の2分の1以上を居住の用に供し、かつ、次のアからカまでのいずれかに該当する用途を兼ねるもの

ア 事務所

イ 日用品の販売を主たる目的とする店舗、食堂又は喫茶店

ウ 理髪店、美容院、クリーニング取次店

エ 出力の合計が0.75キロワット以下の原動機を使用して自家販売のために食品製造業を営むパン屋、菓子屋その他これらに類するもの

オ 学習塾、華道教室、囲碁教室その他これらに類する施設

カ 出力の合計が0.75キロワット以下の原動機を使用する美術品又は工芸品を製作するためのアトリエ又は工房

4 診療所又は住宅で診療所の用途を兼ねるもの

5 公民館、集会所その他これらに類するもの

6 巡査派出所、公衆電話所その他これらに類するもの

7 前各号の建築物に附属するもの

170平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下のもの

10メートル

低層住宅地区B

170平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下のもの

一般住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅

2 共同住宅

3 公民館、集会所その他これらに類するもの

4 保育所

5 巡査派出所、公衆電話所その他これらに類するもの

6 店舗、飲食店その他これらに類するもの

7 前各号の建築物に附属するもの

170平方メートル

1 道路(歩行者専用道路を除く幅員10メートル以上のもの)境界線までの距離 3メートル

2 隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路(歩行者専用道路を除く幅員10メートル以上のもの)境界線については、外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以下のもの

3 自動車車庫

道路(八王子市道由木813号線(低層住宅地区Aに面する部分に限る。))境界線までの距離 20メートル(建築物又は建築物の部分の高さが10メートル以下のものについては、1メートル)

生活利便施設地区

1 ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

2 ホテル又は旅館

3 自動車教習所

4 畜舎

5 住宅

1,500平方メートル

道路(歩行者専用道路を除く幅員10メートル以上のもの)境界線までの距離3メートル

1 外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫

47 浄瑠璃地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

集合住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋に限る。次号において同じ。)

2 住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもの

3 共同住宅

4 店舗、飲食店その他これらに類する用途に供するもの

5 幼稚園

6 前各号の建築物に附属するもの

500平方メートル

道路境界線までの距離 1メートル

低中層集合住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(長屋に限る。次号において同じ。)

2 住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもの

3 共同住宅

4 前3号の建築物に附属するもの

10分の12

300平方メートル

道路境界線までの距離 1メートル

15メートル

低層戸建住宅A地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(3戸以上の長屋を除く。次号において同じ。)

2 住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもの

3 集会所

4 前3号の建築物に附属するもの

170平方メートル

1 道路(歩行者専用道路を除く。)境界線までの距離 1メートル

2 隣地(緑地を除く。)境界線までの距離 0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

低層戸建住宅B地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅(3戸以上の長屋を除く。次号において同じ。)

2 住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもの

3 集会所

4 前3号の建築物に附属するもの

10分の8

10分の4(法第53条第3項第2号に該当する建築物にあつては、10分の5)

170平方メートル

1 道路(歩行者専用道路を除く。)境界線までの距離 1メートル

2 隣地(緑地を除く。)境界線までの距離 0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

住宅地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 住宅

2 共同住宅

3 店舗、飲食店その他これらに類する用途に供するもの

4 住宅で前号の用途を兼ねるもの

5 住宅で事務所の用途を兼ねるもの

6 前各号の建築物に附属するもの

170平方メートル

1 道路(歩行者専用道路を除く。)境界線までの距離 1メートル

2 隣地(緑地を除く。)境界線までの距離 0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

生活利便施設地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 店舗、飲食店その他これらに類する用途に供するもの

2 診療所

3 住宅で前2号の用途を兼ねるもの

4 住宅で事務所の用途を兼ねるもの

5 集会所

6 保育所

7 住宅(3戸以上の長屋を除く。)

8 前各号の建築物に附属するもの

180平方メートル

1 道路(歩行者専用道路を除く。)境界線までの距離 1メートル

2 隣地(緑地を除く。)境界線までの距離 0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

48 見附地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

誘致施設地区

1 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

2 カラオケボックスその他これに類するもの

3 建築物の延べ面積の10分の1以上を居住の用に供するもの

3,000平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離2メートル

沿道サービス地区

1 住宅

2 共同住宅

500平方メートル

49 南大沢センター地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

センターA地区

1 住宅

2 共同住宅、寄宿舎又は下宿

3 学校(専修学校及び各種学校は除く。)

4 自動車教習所

5 倉庫業を営む倉庫

6 自動車修理工場

7 危険物の貯蔵又は処理に供するもの(建築物に附属するものを除く。)

8 風営法第2条第6項の規定に該当する営業に係るもの

1,000平方メートル

センターB地区

1 住宅

2 寄宿舎又は下宿

3 学校(専修学校及び各種学校は除く。)

4 自動車教習所

5 倉庫業を営む倉庫

6 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

7 危険物の貯蔵又は処理に供するもの(建築物に附属するものを除く。)

1,000平方メートル

沿道型業務施設地区

1 寄宿舎又は下宿

2 建築物の延べ面積の2分の1以上を居住の用に供するもの

3 建築物の1階部分を居住の用に供するもの(管理人室等に供する部分を除く。)

4 学校(専修学校及び各種学校は除く。)

300平方メートル

公益施設地区

1 住宅

2 寄宿舎又は下宿

3 建築物の延べ面積の2分の1以上を居住の用に供するもの

4 建築物の1階部分を居住の用に供するもの(管理人室等に供する部分を除く。)

5 危険物の貯蔵又は処理に供するもの(建築物に附属するものを除く。)

1,000平方メートル

50 削除

51 多摩美大西地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

誘致施設A地区

1 建築物の1階部分を居住の用に供するもの(管理人室等に供する部分を除く。)

2 寄宿舎又は下宿

3 ホテル又は旅館

4 劇場、映画館、演芸場又は観覧場

5 学校(専修学校及び各種学校を除く。)

1,000平方メートル

誘致施設B地区

1 建築物の1階部分を居住の用に供するもの(管理人室等に供する部分を除く。)

2 寄宿舎又は下宿

3 ホテル又は旅館

4 学校(専修学校及び各種学校を除く。)

5 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

6 カラオケボックスその他これに類するもの

7 劇場、映画館、演芸場又は観覧場

8 倉庫業を営む倉庫

9 畜舎

10 令第130条の9に規定する危険物の貯蔵又は処理に供する建築物(建築物に附属するものを除く。)

11 次に掲げる事業を営む工場

ア 骨炭その他の動物質炭の製造

イ 瓦、れんが、土器、陶磁器、人造と石、るつぼ又はほうろう鉄器の製造

ウ ガラスの製造又は砂吹

エ スプリングハンマーを使用する金属の鍛造

オ 練炭の製造

カ 出力の合計が3.75キロワットを超える原動機を使用する木材の引割り又はかんな削り

キ 原動機を使用する鉱物、岩石、土砂、コンクリート、アスファルト・コンクリート、硫黄、金属、ガラス、れんが、陶磁器、骨又は貝殻の粉砕

ク レディミクストコンクリートの製造

12 風営法第2条第1項第1号から第3号までに規定する営業に係るもの

500平方メートル

52 片倉台地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

住宅地区

1 住宅(3戸以上の長屋に限る。)

2 共同住宅、寄宿舎又は下宿

160平方メートル

隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

利便施設地区

1 住宅(3戸以上の長屋に限る。)

2 共同住宅、寄宿舎又は下宿

130平方メートル

隣地境界線までの距離 0.5メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

生活関連施設地区

次に掲げる建築物以外の建築物

1 店舗、飲食店その他これらに類する用途に供するもののうち令第130条の5の3で定めるもの

2 住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもののうち令第130条の3で定めるもの

3 病院

4 診療所

5 公民館又は集会所

6 小学校

7 住宅

8 巡査派出所、公衆電話所その他これらに類する令第130条の4で定める公益上必要なもの

9 前各号の建築物に附属するもの

160平方メートル

隣地境界線までの距離 0.5メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

12メートル(小学校を除く。)

53 片倉台西地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

1 住宅(3戸以上の長屋に限る。)

2 共同住宅、寄宿舎又は下宿

160平方メートル

隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

54 高嶺団地地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

1 住宅(3戸以上の長屋に限る。)

2 共同住宅

3 寄宿舎

140平方メートル

隣地境界線までの距離 0.5メートル

物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

9メートル

55 宇津木地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

低層住宅地区

1 住宅(各住戸の床面積が29平方メートル未満の長屋に限る。)

2 共同住宅(各住戸の床面積が29平方メートル未満のものに限る。)

3 寄宿舎又は下宿

1 区域の特性に応じた最高限度 10分の10

2 公共施設の整備の状況に応じた最高限度 10分の8

140平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

住宅地区

1 住宅(3戸以上の長屋に限る。)

2 共同住宅(各住戸の床面積が29平方メートル未満のものに限る。)

3 寄宿舎又は下宿

1 区域の特性に応じた最高限度 10分の20

2 公共施設の整備の状況に応じた最高限度 10分の8

140平方メートル

1 道路(八王子都市計画道路3・4・71号線、同3・4・72号線及び区画道路1号)境界線までの距離 1メートル

2 道路(八王子都市計画道路3・4・71号線、同3・4・72号線及び区画道路1号を除く。)境界線及び隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

18メートルただし、八王子都市計画道路3・4・71号線の西側でその道路境界線からの距離が20メートルを超え、かつ、同3・4・72号線の北側でその道路境界線からの距離が20メートルを超える部分については、12メートル

沿道A地区

1 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

2 自動車教習所

3 畜舎

1 八王子都市計画道路3・3・41号線又はこれに接し、並行する道路に接する敷地 300平方メートル

2 前号に掲げる道路以外の道路のみに接する敷地 160平方メートル

1 道路(八王子都市計画道路3・3・41号線及びこれに接し、並行する道路)境界線までの距離 1メートル

2 道路(八王子都市計画道路3・3・41号線及びこれに接し、並行する道路を除く。)境界線及び隣地境界線までの距離 0.5メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

沿道B地区

1 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

2 自動車教習所

3 畜舎

4 法別表第2(ほ)項第1号、第3号及び第4号に掲げる建築物(八王子都市計画道路3・3・41号線又はこれに接し、並行する道路以外の道路のみに接する敷地の場合に限る。)

1 区域の特性に応じた最高限度 10分の20

2 公共施設の整備の状況に応じた最高限度 10分の8

1 八王子都市計画道路3・3・41号線又はこれに接し、並行する道路に接する敷地 300平方メートル

2 前号に掲げる道路以外の道路のみに接する敷地 160平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 0.5メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

業務施設A地区

1 学校(専修学校及び各種学校を除く。)

2 自動車教習所

3 畜舎

4 勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

160平方メートル

1 道路(八王子都市計画道路3・3・10号線、同3・3・41号線、同3・4・71号線及び同3・4・72号線)境界線までの距離 1メートル

2 道路(八王子都市計画道路3・3・10号線、同3・3・41号線、同3・4・71号線及び同3・4・72号線を除く。)境界線及び隣地境界線までの距離0.5メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

業務施設B地区

1 学校(専修学校及び各種学校を除く。)

2 自動車教習所

3 畜舎

4 勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

5 キャバレー、料理店その他これらに類するもの

6 共同住宅又は住宅(長屋に限る。)の用に供する部分(住戸のある階に限る。)の階数の合計が3を超える建築物

7 ホテル又は旅館

8 八王子市特別工業地区建築条例(平成16年八王子市条例第7号)別表第2に掲げる建築物

1 区域の特性に応じた最高限度 10分の20

2 公共施設の整備の状況に応じた最高限度 10分の8

160平方メートル

1 道路(八王子都市計画道路3・4・72号線)境界線までの距離 1メートル

2 道路(八王子都市計画道路3・4・72号線を除く。)境界線及び隣地境界線までの距離 0.5メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

業務施設C地区

1 学校(専修学校及び各種学校を除く。)

2 自動車教習所

3 畜舎

4 勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

5 キャバレー、料理店その他これらに類するもの

6 共同住宅又は住宅(長屋に限る。)の用に供する部分(住戸のある階に限る。)の階数の合計が3を超える建築物

1 区域の特性に応じた最高限度 10分の20

2 公共施設の整備の状況に応じた最高限度 10分の8

160平方メートル

1 道路(八王子都市計画道路3・4・71号線)境界線までの距離 1メートル

2 道路(八王子都市計画道路3・4・71号線を除く。)境界線及び隣地境界線までの距離 0.5メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

56 大塚八幡山地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

1 住宅(3戸以上の長屋に限る。)

2 共同住宅

3 寄宿舎

150平方メートル

隣地境界線までの距離0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

57 さつきの台地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

低層住宅地区

1 住宅(3戸以上の長屋に限る。)

2 共同住宅

3 寄宿舎又は下宿

145平方メートル

隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

住宅地区

1 共同住宅(各住戸の床面積が29平方メートル以内のものに限る。)

2 寄宿舎又は下宿

150平方メートル

1 道路境界線までの距離 1メートル

2 隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

58 下柚木地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

低層住宅地区

1 住宅(3戸以上の長屋に限る。)

2 共同住宅、寄宿舎又は下宿

165平方メートル

道路境界線及び隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

沿道住宅地区

隣地境界線までの距離 0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

59 さつきの台東地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

1 住宅(3戸以上の長屋に限る。)

2 共同住宅、寄宿舎又は下宿

145平方メートル

隣地境界線までの距離0.7メートル

1 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

2 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

9メートル

60 戸吹地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

住宅地区

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

住宅地区と産業・業務沿道地区又は一般沿道地区にまたがり、かつ、八王子都市計画道路3・3・41号線(これに接し並行する道路を含む。)に接する敷地の建築物にあつては、道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

1 住宅(3戸以上の長屋を除く。以下この項において同じ。)及び住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもののうち令第130条の3で定めるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

4 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

産業・業務沿道地区

1 公衆浴場

2 ボーリング場、スケート場、水泳場その他これらに類する運動施設

3 ホテル又は旅館

4 自動車教習所

5 畜舎

6 展示場

7 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

8 カラオケボックスその他これに類するもの

9 劇場、映画館、演芸場若しくは観覧場又はナイトクラブその他これに類するもの

10 キャバレー、料理店その他これらに類するもの

11 危険物の貯蔵又は処理に供するもの(石油類の販売に供するもの及び建築物に附属するものを除く。)

300平方メートル(一戸建ての住宅及び住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもののうち令第130条の3で定めるもの(以下この項において「兼用住宅」という。)にあつては、170平方メートル)

住宅(3戸以上の長屋を除く。以下この項において同じ。)及び兼用住宅における道路境界線及び隣地境界線までの距離 0.5メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

20メートル

住宅及び兼用住宅以外の建築物における道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

一般沿道地区

1 自動車教習所

2 畜舎

3 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、遊技場、勝馬投票券発売所、場外車券売場、その他これらに類するもの

4 危険物の貯蔵又は処理に供するもの(建築物に附属するものを除く。)

120平方メートル

住宅(3戸以上の長屋を除く。以下この項において同じ。)及び住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもののうち令第130条の3で定めるもの(以下この項において「兼用住宅」という。)における道路境界線及び隣地境界線までの距離 0.5メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

20メートル

住宅及び兼用住宅以外の建築物における道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

61 宮下・加住地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

住宅地区

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

住宅地区と産業・業務沿道地区にまたがり、かつ、八王子都市計画道路3・3・41号線(これに接し並行する道路を含む。)に接する敷地の建築物にあつては、道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

1 住宅(3戸以上の長屋を除く。以下この項において同じ。)及び住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもののうち令第130条の3で定めるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

4 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

産業・業務沿道地区

1 公衆浴場

2 ボーリング場、スケート場、水泳場その他これらに類する運動施設

3 ホテル又は旅館

4 自動車教習所

5 畜舎

6 展示場

7 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

8 カラオケボックスその他これに類するもの

9 劇場、映画館、演芸場若しくは観覧場又はナイトクラブその他これに類するもの

10 キャバレー、料理店その他これらに類するもの

11 危険物の貯蔵又は処理に供するもの(石油類の販売に供するもの及び建築物に附属するものを除く。)

300平方メートル(一戸建ての住宅及び住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもののうち令第130条の3で定めるもの(以下この項において「兼用住宅」という。)にあつては、170平方メートル)

住宅(3戸以上の長屋を除く。以下この項において同じ。)及び兼用住宅における道路境界線及び隣地境界線までの距離 0.5メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

20メートル

住宅及び兼用住宅以外の建築物における道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

62 丹木地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 法第73条第1項に規定する建築協定の認可を受けた区域内にある建築物

63 滝山地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

住宅地区

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

住宅地区と一般沿道地区にまたがり、かつ、八王子都市計画道路3・3・41号線(これに接し並行する道路を含む。)に接する敷地の建築物にあつては、道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

1 住宅(3戸以上の長屋を除く。以下この項において同じ。)及び住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもののうち令第130条の3で定めるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

4 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

一般沿道地区

1 自動車教習所

2 畜舎

3 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、遊技場、勝馬投票券発売所、場外車券売場、その他これらに類するもの

4 危険物の貯蔵又は処理に供するもの(建築物に附属するものを除く。)

120平方メートル

住宅(3戸以上の長屋を除く。以下この項において同じ。)及び住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもののうち令第130条の3で定めるもの(以下この項において「兼用住宅」という。)における道路境界線及び隣地境界線までの距離 0.5メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

20メートル

住宅及び兼用住宅以外の建築物における道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

64 谷野・梅坪地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

住宅地区

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

住宅地区と一般沿道地区にまたがり、かつ、八王子都市計画道路3・3・41号線(これに接し並行する道路を含む。)に接する敷地の建築物にあつては、道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

1 住宅(3戸以上の長屋を除く。以下この項において同じ。)及び住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもののうち令第130条の3で定めるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

4 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

一般沿道地区

1 自動車教習所

2 畜舎

3 マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、遊技場、勝馬投票券発売所、場外車券売場、その他これらに類するもの

4 危険物の貯蔵又は処理に供するもの(建築物に附属するものを除く。)

120平方メートル

住宅(3戸以上の長屋を除く。以下この項において同じ。)及び住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもののうち令第130条の3で定めるもの(以下この項において「兼用住宅」という。)における道路境界線及び隣地境界線までの距離 0.5メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

20メートル

住宅及び兼用住宅以外の建築物における道路境界線及び隣地境界線までの距離 1メートル

1 道路境界線については、外壁等の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

65 平地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

66 宇津木中央地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

住宅地区

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

戸建住宅地区

1 住宅(3戸以上の長屋に限る。)

2 共同住宅

3 寄宿舎又は下宿

140平方メートル

1 道路境界線までの距離1メートル

2 隣地境界線までの距離0.7メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

3 自動車車庫で軒の高さが2.3メートル以下であるもの

67 石川地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

68 小宮地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

69 上川・川口地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

70 川口地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

71 犬目・楢原地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

72 美山地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

住宅地区

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

幹線道路沿道地区

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 道路(八王子都市計画道路3・4・67号線)境界線までの距離1メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路(八王子都市計画道路3・4・67号線を除く。)境界線までの距離0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

15メートル

73 西寺方地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

住宅地区

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

沿道地区

120平方メートル

1 道路(八王子市道恩方48号線)境界線までの距離1メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路(八王子市道恩方48号線を除く。)境界線までの距離0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

74 下恩方地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

住宅地区

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

幹線道路沿道地区

120平方メートル

1 道路境界線までの距離1メートル

2 隣地境界線までの距離0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

15メートル

75 元八王子北部地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

76 元八王子中央地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

77 元八王子南部地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

78 元八王子西部地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

79 川町桑の葉地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

80 長房地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

120平方メートル

1 隣地境界線までの距離 0.5メートル

2 幅員4.5メートル未満の道路の境界線までの距離 0.75メートル

3 幅員4.5メートル以上の道路の境界線までの距離 0.5メートル

1 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3メートル以下であるもの

2 物置その他これに類する用途に供し、軒の高さが2.3メートル以下で、かつ、床面積の合計が5平方メートル以内であるもの

81 北長沼地区整備計画区域

(あ)

(い)

(う)

(え)

(お)

(か)

(き)

(く)

計画地区の区分

建築してはならない建築物

建築物の容積率

建築物の建蔽率の最高限度

建築物の敷地面積の最低限度

建築物の外壁等の面から道路境界線又は隣地境界線までの距離及び適用除外の建築物等

建築物の高さ

垣又は柵の構造の制限

最高限度

最低限度

距離

適用除外の建築物等

最高限度

最低限度

10分の6(法第42条第2項の規定により同条第1項の道路とみなされる道に接する敷地で、同条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の当該敷地の部分を道路として築造していないものに限る。)

10分の3(法