○平戸市表彰規則

平成19年3月29日

規則第28号

(目的)

第1条 この規則は、本市の政治、経済、文化、社会その他各般にわたって市政の振興に寄与し、又は市民の模範と認められる行為があった者を表彰し、もって市の自治の振興を促進することを目的とする。

(表彰基準)

第2条 市長は、次の各号の一つに該当する個人又は団体を表彰する。

(1) 自己の危険を顧みず、人命を救助した者

(2) 徳行卓越し、他の模範となる者

(3) 保健、福祉、教育、文化、学術及び体育の分野において、その発展向上に永年寄与した者又は特に功績が顕著な者

(4) 永年にわたり、社会奉仕等公益的な活動又は民生安定のために献身的な行為を続けた者

(5) 公益のため多額の私財を寄附した者

(6) 産業の振興開発、交通運輸及び通信の発展に永年寄与した者又は特に顕著な功績があった者

(7) 永年にわたり、地方自治の推進に寄与した者

(8) 前各号に掲げる者のほか、特に市長が顕彰に値すると認めるもの

(表彰の方法)

第3条 表彰は、市長が表彰状及び記念品又は記念品料を贈呈して行う。

2 表彰を受ける者が、表彰前に死亡したときは、その遺族に表彰状及び記念品又は記念品料を贈呈する。

(表彰の時期)

第4条 表彰は、平戸市が行う式典等の機会に合わせて行う。ただし、市長が特に必要と認めたときは、これを変更し、又は随時にこれを行うことができる。

(表彰の推薦)

第5条 各部(かい)長は、第2条各号に該当すると認められる者があるときは、その功績を調査し、別記様式(様式第1号様式第2号様式第3号及び様式第4号)により市長に推薦するものとする。

(一部改正〔平成22年規則19号〕)

(欠格事項)

第6条 表彰基準に該当する者が、次の各号のいずれかに該当するときは、表彰は行わない。

(1) 刑事事件に関して、現に起訴されている者又は罰金以上の刑に処せられた者(刑の消滅した者を除く。)であるとき。

(2) 破産者であるとき。

(3) 市税等を滞納している者であるとき。ただし、第2条第1号に該当する者は、この限りでない。

(4) その他表彰を行うことが不適当と認められる者であるとき。

(一部改正〔平成28年規則67号・令和元年19号〕)

(補則)

第7条 この規則の施行に関し、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年3月25日規則第19号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成28年12月28日規則第67号)

この規則は、平成29年1月1日から施行する。

附 則(令和元年9月17日規則第19号)

この規則は、令和元年12月14日から施行する。

附 則(令和3年6月1日規則第23号)

(施行期日)

1 この規則は、令和3年6月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に提出されている改正前の各規則の規定に基づいて提出されている様式(次項において「旧様式」という。)は、改正後の各規則の規定による様式とみなす。

3 この規則の施行の際現にある旧様式については、当分の間、所要事項を調整して使用することができる。

(一部改正〔令和3年規則23号〕)

画像

(一部改正〔令和3年規則23号〕)

画像

(一部改正〔令和3年規則23号〕)

画像

(一部改正〔平成22年規則19号〕)

画像

平戸市表彰規則

平成19年3月29日 規則第28号

(令和3年6月1日施行)