○平戸市請願及び陳情処理規程

平成17年11月25日

議会訓令第1号

(趣旨)

第1条 請願書及び陳情書(嘆願書、意見書、要望書、具申書その他の名称を用いたものを含む。以下同じ。)の処理については、法令又は平戸市議会会議規則(平成17年平戸市議会規則第1号)に別段の定めがある場合を除くほか、この規程によって処理するものとする。

(請願書及び陳情書の取扱い)

第2条 請願書に請願の要件を欠き、若しくは請願の趣旨が明瞭でなく、又はその用語が平穏を欠く場合には、提出人に対してこれを具備若しくは改定して提出することを要求し、又は処理を保留することができる。

2 請願書の標準様式は、別記様式のとおりとし、正本のほかその写し40部を添えて提出させなければならない。

3 陳情書の取扱いについては、前2項の規定を準用する。

(名簿への登録)

第3条 請願書又は陳情書を受理したときは、文書件名簿に登録しなければならない。

(議会への提出)

第4条 請願書又は陳情書は、その受理した直後に開会される定例会に提出し、その写しを議員に配布する。ただし、緊急を要するものは、臨時会に提出することができる。

2 陳情書は、議長の裁量によって前項の手続を省略することができる。

(採択の通知)

第5条 議会において採択された請願書又は陳情書は、市長その他の関係機関に送付するとともに、提出人にその旨を通知しなければならない。

(報告の請求)

第6条 議長は、請願書又は陳情書について、その処理の結果の報告を市長その他の関係機関に求める。

2 議長は、前項の報告を受けたときは、それを受理した直後に開会される定例会に報告しなければならない。ただし、必要がある場合は、臨時会に報告することができる。

3 報告を受けないものがあるときは、議長は、あらかじめ、期日を定めて、その処理の模様を照会しなければならない。

(不採択の通知)

第7条 議会において不採択と決定した請願書又は陳情書は、その理由を記し、提出人に通知しなければならない。

(完結文書の保存)

第8条 処理を完結した請願書又は陳情書は、処理の要旨を記載し、保存しておかなければならない。

附 則

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(令和3年7月1日議会訓令第1号)

この訓令は、令和3年7月1日から施行する。

(全部改正〔令和3年議会訓令1号〕)

画像

平戸市請願及び陳情処理規程

平成17年11月25日 議会訓令第1号

(令和3年7月1日施行)