○平戸市議会議員政治倫理条例施行規程

平成26年4月1日

議会訓令第1号

(趣旨)

第1条 この訓令は、平戸市議会議員政治倫理条例(平成25年平戸市条例63号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(調査請求)

第2条 条例第4条第1項に規定する調査請求書は、様式第1号とする。

2 調査請求書には、条例第4条第1項の規定に基づく調査の請求をした者(以下「調査請求者」という。)が署名(視覚障害者が点字により自己の氏名を記載することを含む。以下同じ。)しなければならない。この場合において、調査請求書にする署名は、調査請求が行われる日前30日以内に行われたものでなければならない。

(一部改正〔令和3年議会訓令2号〕)

(調査請求書受理後の手続)

第3条 議長は、条例第4条第1項の規定により、市民から調査請求書の提出があったときは、直ちに選挙管理委員会に対し、調査請求をした市民及びその代表者が選挙人名簿に登録された者であるかどうか確認を求めるものとする。

2 議長は、調査請求に不備があるときは、相当の期間を定めて、調査請求に対し、その補正を求めることができる。

3 議長は、調査請求者が前項の命令に従わないときは、当該請求を却下することができる。

(条例第8条第2項に規定する措置)

第4条 条例8条第2項に規定する措置は、次のとおりとする。

(1) 文書による警告

(2) 議会への出席の停止

(3) 全員協議会における陳謝

(4) 議員に対する辞職の勧告

(辞退届)

第5条 条例第10条第2項に規定する辞退届は、様式第2号とする。

(公表の方法)

第6条 条例第5条第1項及び第10条第5項に規定する公表の方法は、次に掲げる方法のうち適当な方法により行うものとする。

(1) 市又は議会の広報紙掲載

(2) 議会のホームページ掲載

(期限の特例)

第7条 条例第10条第3項の辞退届の提出の期限が休日(平戸市の休日を定める条例(平成17年平戸市条例第2号)第1条第1項に規定する休日をいう。以下同じ。)に当たるときは、その日後においてその日に最も近い休日でない日をもってその期限とみなす。

(その他)

第8条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、議長が定める。

附 則

この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(令和3年10月1日議会訓令第2号)

(施行期日)

1 この訓令は、令和3年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の際現に提出されている改正前の各訓令の規定に基づいて提出されている様式(次項において「旧様式」という。)は、改正後の各訓令の規定による様式とみなす。

3 この訓令の施行の際現にある旧様式については、当分の間、所要事項を調整して使用することができる。

(全部改正〔令和3年議会訓令2号〕)

画像画像画像

(一部改正〔令和3年議会訓令2号〕)

画像

平戸市議会議員政治倫理条例施行規程

平成26年4月1日 議会訓令第1号

(令和3年10月1日施行)