○平戸市田平土地改良区運営補助金交付要綱

平成21年3月23日

告示第75号

(目的)

第1条 この告示は、田平土地改良区(以下「改良区」という。)に対し、運営費の一部を助成することにより、改良区の円滑な運営を図り、もって田平地区の農業振興を図ることを目的とし、改良区に対し、平戸市田平土地改良区運営補助金を交付するものとし、その交付については、平戸市補助金等交付規則(平成17年平戸市規則第43号。以下「規則」という。)及びこの告示の定めるところによる。

(補助の対象職員)

第2条 補助の対象職員は、改良区職員(市長の雇用承認を受けた者で、臨時雇用者を含む。以下「職員」という。)とする。ただし、市が改良区へ管理委託する県営久吹ダムの維持管理に従事する河川法第50条第1項に規定する管理主任技術者(有資格者が不在のため、改良区理事長が指名する者を含む。)を除くものとする。

(補助の対象)

第3条 補助の対象となる経費は、次に掲げる経費とする。

(1) 職員の雇用に要する経費で、給料、手当(扶養手当、通勤手当、住居手当、期末手当及び勤勉手当をいう。以下「手当」という。)及び共済費(補助対象の給料、手当に基づき算定された健康保険、厚生年金、子ども・子育て拠出金、労災保険、雇用保険及び退職共済金に係る事業主負担金及び労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)第66条第1項の規定に基づく健康診断料をいう。)とする。

(2) 前号に規定する経費以外の職責手当、時間外勤務手当及び改良区が独自に加算した給料は補助の対象から除くものとする。

(一部改正〔平成27年告示34号〕)

(補助金の額)

第4条 補助金の額は、次に掲げる基準に基づき算定された額で、予算の範囲内で交付するものとする。

(1) 補助金の額は、改良区の規定に基づき算定するものとする。ただし、平戸市一般職の職員の給与に関する条例(平成17年平戸市条例第41号)及び平戸市職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例(平成17年平戸市条例第30号)(以下「条例等」という。)の範囲内とし、改良区において年度内に制定等がなされた規定は、翌年度から適用するものとする。

(2) 改良区の規定に定めがない事項は、条例等を準用する。ただし、国、県等の救済制度等を、優先適用するものとする。

(補助金交付申請)

第5条 規則第4条の規定による補助金等交付申請書に添付すべき書類は、次のとおりとする。

(1) 田平土地改良区収支予算書(様式第1号)

(2) 補助の対象となる経費の積算明細書

(3) その他市長が必要と認める書類

(実績報告)

第6条 規則第13条の規定による補助事業等実績報告書に添付すべき書類は、次のとおりとする。

(1) 田平土地改良区収支精算書(様式第1号)

(2) 補助の対象となった経費の積算明細書及び積算の根拠となる納入通知書等の写し

(3) その他市長が必要と認める書類

(その他)

第7条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月25日告示第34号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

画像

平戸市田平土地改良区運営補助金交付要綱

平成21年3月23日 告示第75号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第8編 業/第2章 農林・水産
沿革情報
平成21年3月23日 告示第75号
平成27年3月25日 告示第34号