○平戸市田平町地域資源活用総合交流促進センター条例

平成20年3月26日

条例第18号

(設置)

第1条 農林水産業の振興発展に寄与するため、平戸市田平町地域資源活用総合交流促進センター(以下「センター」という。)を設置する。

(位置)

第2条 センターの位置は、平戸市田平町深月免521番地3とする。

(利用許可)

第3条 センターを利用しようとする者は、あらかじめ、市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、必要があると認めるときは、前項の許可に際し、条件を付けることができる。

(利用期間)

第4条 センターの利用期間は、3年を超えることができない。

2 前項の利用期間は、これを更新することができる。

(使用料)

第5条 第3条の利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、別表に定める使用料(消費税法(昭和63年法律第108号)の規定による消費税及び地方税法(昭和25年法律第226号)の規定による地方消費税を含む。)を納付しなければならない。

(一部改正〔平成26年条例6号〕)

(使用料の減免)

第6条 市長は、前条の規定にかかわらず、特別の理由があると認める利用者に対しては、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の不還付)

第7条 既に納めた使用料は、還付しない。ただし、市長が特別の理由があると認める場合は、この限りでない。

(権利譲渡等の禁止)

第8条 利用者は、センターを利用する権利を譲渡し、若しくは担保に供し、又は利用にかかわるセンターの施設を転貸してはならない。

(利用の取消し等)

第9条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、利用の条件を新たに付し、若しくはこれを変更し、利用を停止し、又は利用の許可を取り消すことができる。

(1) この条例その他これに基づく規則又は指示に違反したとき。

(2) 利用の許可の条件に違反したとき。

(3) その他市長において必要があると認めるとき。

(利用者の義務)

第10条 利用者は、公衆道徳を重んじ、市長の指示に従わなければならない。

(損害賠償等)

第11条 利用者は、故意又は過失によってセンターの施設及び設備を損傷し、又は滅失したときは、速やかに、その旨を届け出るとともに、市長の指示に従いその損害を賠償し、又はこれを原状に回復しなければならない。

(委任)

第12条 この条例の施行に関し、必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成20年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日までに、改正前の平戸市田平町地域資源活用総合交流促進センター条例(平成18年平戸市条例第24号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成26年3月25日条例第6号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月25日条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、平成31年10月1日から施行する。

別表(第5条関係)

(一部改正〔平成26年条例6号・31年2号〕)

平戸市田平町地域資源活用総合交流促進センター施設使用料

利用の種別

単位

使用料

店舗施設

農林水産物の展示販売のための利用

1m2につき1年

4,710円

上記以外の目的のための利用

6,810円

加工施設

特産品等の開発製造を行うための利用

4,710円

上記以外の目的のための利用

6,810円

備考

1 利用期間が1年未満であるとき又は1年未満の端数が生じたときは、月割計算の方法により算定して得た額とする。

2 利用期間が1か月に満たない利用又は1日に満たない利用に対する使用料の額は、それぞれ1か月又は1日の使用料とする。

3 利用する面積に1m2未満の端数が生じたときは、1m2とする。

4 利用に際して生じた光熱水費等については、利用者が実費を負担すること。

平戸市田平町地域資源活用総合交流促進センター条例

平成20年3月26日 条例第18号

(令和元年10月1日施行)