○平戸市立学校用務員服務規程

平成22年2月17日

教育委員会訓令第1号

(趣旨)

第1条 平戸市における市立学校の用務員(以下「用務員」という。)の服務については、別に定めのあるものを除くほか、この訓令の定めるところによる。

(服務の基準)

第2条 用務員は、常に市民全体の奉仕者であることを自覚し、学校業務が円滑に運営されるよう校長の指示に従い、誠実かつ公正に職務を遂行するとともに次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 法令、条例、規則、規程等を守り、その職務の遂行に専念すること。

(2) 児童、生徒に対し親切にし、教育の一翼を担う職員の一員として自覚を持つこと。

(3) 職場では、互いに協力して職場の秩序を保ち、融和と協調に努めること。

(4) 職務上知り得たいかなる秘密も漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。

(職務の範囲)

第3条 用務員の職務は、次のとおりとする。

(1) 校内外の環境美化清掃に関すること。

(2) 来客の接待に関すること。

(3) 給食に関すること。

(4) 塵芥及び不燃物の処理に関すること。

(5) 校外用務に関すること。

(6) 印刷に関すること。

(7) その他校長が学校運営上必要と認めたこと。

(勤務時間、休日及び休暇等)

第4条 勤務時間は、平戸市教育委員会事務局職員等の勤務時間、休日及び休暇に関する規則(平成17年平戸市教育委員会規則第8号)の例による。この場合において、勤務時間については、校長が指定した時間とする。

(非常時に対する措置)

第5条 用務員は、学校において不測の事態が発生したときは、直ちに校長へ連絡するとともに校長の指示に従わなければならない。

附 則

この訓令は、令達の日から施行する。

平戸市立学校用務員服務規程

平成22年2月17日 教育委員会訓令第1号

(平成22年2月17日施行)

体系情報
第11編 育/第2章 学校関係職員
沿革情報
平成22年2月17日 教育委員会訓令第1号