○平戸市社会体育施設条例施行規則

平成17年10月1日

教育委員会規則第32号

(趣旨)

第1条 この規則は、平戸市社会体育施設条例(平成17年平戸市条例第200号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(利用許可の申請)

第2条 条例第6条第1項の規定により、平戸市社会体育施設(以下「体育施設」という。)の利用の許可を受けようとする者は、利用期日の5日前までに、社会体育施設利用許可申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)を平戸市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出しなければならない。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りでない。

(利用許可書の交付)

第3条 教育委員会は、体育施設の利用を許可したときは、社会体育施設利用許可書(様式第2号)を交付する。

(使用料の減免)

第4条 条例第9条に規定する使用料の減免は、次のとおりとする。

(1) 平戸市又は教育委員会が単独で主催する行事又は共催する行事で、かつ、行事開催経費の金額が平戸市予算に計上されている行事は、全額免除する。

(2) 年間を通して利用する小学生、中学生及び高校生の部活動並びにスポーツ少年団は、全額免除する。ただし、中部地区市民運動場照明施設及び亀岡庭球場照明はこの限りでない。

(3) 市体育協会又は体育振興会が主催する行事は、全額免除する。

(4) その他市長が特別の理由があると認めたとき。

2 前項の使用料の減免を受けようとする者は、利用許可申請書の提出と同時に社会体育施設使用料減免申請書(様式第3号)に当該理由を添えて、市長に提出しなければならない。ただし、前項第1号に係るものについては、この限りでない。

(全部改正〔平成18年教委規則6号〕、一部改正〔平成29年教委規則3号〕)

(使用料の還付)

第5条 条例第10条ただし書の規定により、既納の使用料を還付することができる場合は、次に定めるところによる。

(1) 利用者の責に帰すことができない理由により、利用できなかったとき。

(2) 利用前に利用の許可の取消し又は変更の申出をし、教育委員会が相当の理由があると認めるとき。

(3) 利用を停止し、又は許可を取り消したとき。

(利用者の遵守事項)

第6条 利用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 体育施設の財産を破損し、又はこれを移動し、搬出しないこと。

(2) 体育施設内での火気の使用、危険物の搬入は、事前に許可を受けること。

(3) 体育施設内の秩序を乱す行為をしないこと。

(4) 体育施設利用後の清掃及び火気の始末は、確実に処理すること。

(5) その他教育委員会の指示したこと。

(補則)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の大島村的山運動場管理運営規則(昭和47年大島村教育委員会規則第2号)、生月町国民体育館の設置及び管理に関する条例施行規則(昭和54年生月町教育委員会規則第4号)、大島村神浦地区住民運動場管理運営に関する規則(昭和58年大島村教育委員会規則第1号)、平戸市社会体育施設使用規則(昭和59年平戸市教育委員会規則第4号)又は田平町体育館の設置及び管理に関する規則(平成3年田平町教育委員会規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成18年2月22日教委規則第6号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年3月31日教委規則第3号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(令和3年10月1日教委規則第4号)

(施行期日)

1 この規則は、令和3年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に提出されている改正前の各規則の規定に基づいて提出されている様式(次項において「旧様式」という。)は、改正後の各規則の規定による様式とみなす。

3 この規則の施行の際現にある旧様式については、当分の間、所要事項を調整して使用することができる。

(一部改正〔令和3年教委規則4号〕)

画像

画像

(一部改正〔令和3年教委規則4号〕)

画像

平戸市社会体育施設条例施行規則

平成17年10月1日 教育委員会規則第32号

(令和3年10月1日施行)