○平戸市文化団体活動補助金交付要綱

平成21年3月31日

教育委員会告示第21号

(目的)

第1条 この告示は、文化協会及び民俗芸能保持団体(以下「文化団体」という。)の活動を推進し、地域住民の文化的意識の向上を図ることを目的とし、文化団体に対し、平戸市文化振興事業補助金(以下「補助金」という。)を交付するものとし、その交付については、平戸市補助金等交付規則(平成17年平戸市規則第43号。以下「規則」という。)及びこの告示の定めるところによる。

(補助対象団体)

第2条 補助の対象は、平戸市内で主な活動を行う文化団体とする。

(補助の対象)

第3条 補助の対象となる経費は、次に掲げる経費とする。

(1) 文化団体運営に要する経費

(2) その他市長が必要と認める経費

2 前項の規定にかかわらず、次に掲げる経費は、補助の対象経費から除くものとする。

(1) 懇親会及び飲食にかかる経費(会議等の弁当湯茶を除く。)

(2) 交際費、慶弔費

(3) 他の団体等への補助等の資金援助

(4) 上部団体への負担金。ただし、上部団体から助成金等を受けられる場合は、この限りでない。

(5) 慰安的な旅行に要する経費

(6) その他市長が不適当と認めるもの

(補助金の額)

第4条 市長が交付する補助金の額は、予算の範囲内で市長が定める額とする。

(申請書に添付すべき書類)

第5条 規則第4条の規定による補助金等交付申請書に添付すべき書類は、次のとおりとする。

(1) 事業計画書(様式第1号)

(2) 収支予算書(様式第2号)

(3) その他市長が必要と認める書類

(実績報告)

第6条 規則第13条第1項の規定による実績報告は、事業終了後、速やかに、市長に提出しなければならない。

2 前項の実績報告に添付すべき書類は、次のとおりとする。

(1) 事業実績書(様式第1号)

(2) 収支精算書(様式第2号)

(3) その他市長が必要と認める書類

(その他)

第7条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成21年4月1日から施行する。

(検討)

2 この告示の施行後3年以内に、この告示の施行の状況を勘案し、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとする。

附 則(平成23年2月22日教委告示第1号)

(施行期日)

1 この告示は、平成23年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、改正前の平戸市文化振興事業補助金交付要綱の規定によりなされた申請、その他の行為については、なお従前の例による。

画像

画像

平戸市文化団体活動補助金交付要綱

平成21年3月31日 教育委員会告示第21号

(平成23年4月1日施行)