○平戸市水道事業給水装置工事施行要綱

平成17年10月1日

水道局規程第6号

(趣旨)

第1条 この要綱は、平戸市水道事業施行規程(平成17年平戸市水道局規程第1号。以下「規程」という。)第28条の規定に基づき、給水装置工事の施行について、必要な事項を定めるものとする。

(給水装置工事の種類)

第2条 給水装置工事は、次の4種とする。

(1) 新設工事(新たに給水装置を設ける工事)

(2) 改造工事(口径の変更及び給水装置の取替え等をする工事)

(3) 修繕工事(給水装置の部分的な箇所の修繕をする工事)

(4) 撤去工事(給水装置を取り除く工事)

(全部改正〔平成26年水道局規程4号〕)

(給水管の取り出し)

第3条 給水管の取り出しは、次に定めるところによるものとする。

(1) 配水管を穿孔する場合は、配水管の強度、内面塗膜等に悪影響を与えないようにすること。

(2) 分岐によって給水管を取り出す場合は、配水管の管種及び管径、給水管の管径に応じて分水栓、サドル付分水栓、チーズ、T字管又は割T字管を使用すること。

(3) 分水栓又はサドル分水栓によって給水管を取り出す場合は、その間隔を30センチメートル以上とすること。

(4) チーズ、T字管又は割T字管によって給水管を取り出す場合は、配水管の管径より小さいものを使用すること。

(給水管の使用又は接合方法の禁止)

第4条 ビニール管にネジ付継手(ビニール製)を使用してはならない。(鋼管とビニール管の接合には、エラスジョイントを使用すること。)

(配管)

第5条 給水管は、配水管(代用給水管を含む。)又は他の給水装置から分岐する場合は、それらの管に直角に接続しなければならない。

2 規程第8条に定める給水管の埋設深さは、原則として道路の側溝の上端を基準とする。

(水道メーターの設置)

第6条 水道メーターは、原則として邸内の道路側で門、玄関及び通路に近接した場所に設置しなければならない。

2 水道メーターは、1世帯又は1事業所毎ごとに設置しなければならない。ただし、共用給水装置又は受水槽を有する給水装置による場合は、この限りでない。

3 口径25ミリメートル以下の水道メーターの上流側には、原則として逆流防止付直結式止水栓を取り付けなければならない。

4 口径30ミリメートル以上の水道メーターの上流側に仕切弁及び下流側に逆止弁を取り付けなければならない。

5 水道メーターは、量水器ボックス内に設置しなければならない。

(止水栓の設置)

第7条 第1止水栓又は仕切弁は、維持管理に支障がなく外荷重による破損のおそれのない位置でなければならない。

(特殊器具の直結)

第8条 給水管に特殊器具を直結する場合は、別に定める「平戸市水道給水管に直結する特殊器具の取扱い基準」により施行するものとする。(別図)

2 通過した水が飲用に供されない洗米機、温水器又はボイラー等の機械器具は、バルブ等で遮断し、給水装置に直結してはならない。

(掘さく及び復旧)

第9条 コンクリート又はアスファルト舗装道を掘さくする場合は、当該道路管理に掘さく申請書を提出し、許可を得、コンクリートカッターで切断し、復旧については道路管理者の指示どおり施行しなければならない。

(保安設備)

第10条 工事施行個所には、工事標示板、道路標識等を設置しなければならない。特に夜間工事の場合は、夜間照明灯及び赤色注意灯を設置し、危険防止に充分注意しなければならない。

(指導)

第11条 槽水式給水の場合の受水槽以下の装置については、規程及びこの要綱に準じた取扱いをするよう指導するものとする。

附 則

この規程は、平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成26年3月25日水道局規程第4号)

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

別図(第8条関係)

平戸市水道給水管に直結する特殊器具の取扱い基準

(1) 貯蔵式貯留式

(2) 瞬間式

画像

画像

平戸市水道事業給水装置工事施行要綱

平成17年10月1日 水道局規程第6号

(平成26年4月1日施行)