○平戸市市営交通船事業事務決裁及び専決規程

令和4年3月25日

訓令第11号

(趣旨)

第1条 この訓令は、平戸市市営交通船事業における事務の円滑かつ適正な執行を確保し、責任の範囲を明らかにするため、事務の決裁及び専決について、必要な事項を定めるものとする。

(事務決裁及び専決)

第2条 平戸市市営交通船事業の事務決裁及び専決に関し必要な事項は、平戸市事務決裁及び専決規程(平成17年平戸市訓令第3号。以下「決裁規程」という。)の例による。この場合において、決裁規程別表第2から別表第6までの規定中、「財務部長」とあるのは、「総務部長」と読み替える。

2 別表第2備考1、別表第5備考1及び別表第6備考については、適用しない。

附 則

この訓令は、令和4年4月1日から施行する。

平戸市市営交通船事業事務決裁及び専決規程

令和4年3月25日 訓令第11号

(令和4年4月1日施行)

体系情報
第12編 公営企業/第4章 交通船事業
沿革情報
令和4年3月25日 訓令第11号