○岩出市地球温暖化対策条例

平成20年3月10日

条例第1号

(目的)

第1条 この条例は、地球温暖化対策について市、事業者、市民等の取組を明らかにするとともに、地球温暖化の防止に関し必要な事項を定め、現在及び将来の市民の健康で文化的な生活の確保に寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 地球温暖化 人の活動に伴って発生する温室効果ガスが大気中の温室効果ガスの濃度を増加させ、地球全体の地表及び大気の温度を追加的に上昇させることをいう。

(2) 温室効果ガス 地球を温暖化させる原因となる物質をいい、この条例では、その中の二酸化炭素を主な対象とする。

(3) 地球温暖化防止活動 主にエネルギー消費及び廃棄物処理に伴い発生する二酸化炭素の排出抑制並びに植物による二酸化炭素の吸収作用の保全及び強化に係る日常の取組をいう。

(市の取組)

第3条 市は、地球温暖化対策に関して総合的かつ計画的な施策を策定し、これを実施するものとする。

2 市は、事業者が行う地球温暖化対策を促進するための支援を行うものとする。

3 市は、その事務及び事業に関し、温室効果ガスの排出抑制等のための施策を率先して実施するものとする。

4 市は、地球温暖化に対する広報、啓発、緑化の推進など活動の場の提供、各種情報の提供及び指導者の派遣など、積極的に支援を行うものとする。

(事業者の取組)

第4条 事業者は、地球温暖化の防止に関する理解を深め、その事業活動に関し、温室効果ガスの排出抑制等のための措置を自主的かつ積極的に講ずるよう努めるものとする。

2 事業者は、市が実施する地球温暖化対策に協力するものとする。

(市民の取組)

第5条 市民は、地球温暖化の防止に関する理解を深め、その日常生活に関し、温室効果ガスの排出抑制等のための措置を自主的かつ積極的に講ずるよう努めるものとする。

2 市民は、市が実施する地球温暖化対策に協力するものとする。

(消費活動での取組)

第6条 市民は、できる限りものを大切にし、その消費活動において、不要不急な消費を抑制するとともに、その物品の使用及び消費に伴って発生するエネルギー消費量及び廃棄物量を事前に考慮し、でき得る限りその量の少ない製品を購入するよう努めるものとする。

2 市民は、買い物袋の持参や簡易な包装等に努め、商品包装の簡素化に努めるものとする。

(移動での取組)

第7条 市民は、徒歩以外の手段で移動しようとする場合、その距離や目的に応じ、公共交通機関や自転車など、極力エネルギー消費の少ない交通手段を利用するよう努めるものとする。

(地域での取組)

第8条 市民は、集団資源回収や緑化運動などに積極的に参加するなど、地域における地球温暖化防止活動に努めるものとする。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、地球温暖化の防止について必要な事項は、協議会を設置し、別に定める。

附 則

この条例は、平成20年6月1日から施行する。

岩出市地球温暖化対策条例

平成20年3月10日 条例第1号

(平成20年6月1日施行)