○泉佐野市職員証規程

昭和56年7月24日

泉佐野市訓令第2号

第1条 本市の職員証は、別記様式のとおりとする。

2 職員証は、本市職員たることを明らかにし、あわせて市民の公僕たることの象徴として、職員がこれを携帯するものとする。

第2条 職員証は、常時携帯しなければならない。

2 職員証は、その携行先において必要と認める場合又は関係人の請求があった場合は、いつでもこれを提示しなければならない。

第3条 職員証の有効期間は、発行日から起算して5年とする。

2 職員証を亡失し、又は著しく損傷した場合は、直ちにその旨を届け出て、再交付を受けなければならない。

3 職員証の記載事項に変動が生じた場合は、直ちにその旨を届け出て、書換えを受けなければならない。

第4条 職員証は、人事課長から交付し、退職等の際は、直ちに所属長を経て、人事課長に返還しなければならない。

第5条 常時勤務に服しない者その他市長が定める者については、この規程を適用しない。

第6条 この規程に定めるもののほか、職員証に関し必要な事項は、市長が定める。

付 則

1 この訓令は、昭和56年8月1日から施行する。

2 泉佐野市職員記章および身分証明書規程(昭和35年泉佐野市規程第39号)は、廃止する。

附 則(平成13年12月26日泉佐野市訓令第4号)

この規程は、令達の日から施行する。

附 則(平成23年12月14日泉佐野市訓令第3号)

この規程は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月29日泉佐野市訓令第2号)

この規程は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月30日泉佐野市訓令第1号)

この規程は、平成29年4月1日から施行する。

画像

泉佐野市職員証規程

昭和56年7月24日 訓令第2号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第4類 事/第4章
沿革情報
昭和56年7月24日 訓令第2号
平成13年12月26日 訓令第4号
平成23年12月14日 訓令第3号
平成25年3月29日 訓令第2号
平成29年3月30日 訓令第1号