○泉佐野市廃棄物の減量化及び適正処理に関する条例施行規則

平成5年9月28日

泉佐野市規則第22号

泉佐野市廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則(昭和50年泉佐野市規則第8号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。以下「法」という。)及び泉佐野市廃棄物の減量化及び適正処理に関する条例(平成5年泉佐野市条例第25号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(多量排出事業者)

第2条 条例第11条第1項に規定する規則で定める量は、年間1,000トン以上とする。

2 多量排出事業者は、毎年1回、市長が定める期限までに、事業系一般廃棄物の排出の抑制及び再利用並びに、その適正な処理に関する計画書(様式第1号)を作成し、市長に提出しなければならない。

(一般廃棄物処理業等の許可申請)

第3条 法第7条第1項又は浄化槽法第35条の規定により、一般廃棄物処理業又は浄化槽清掃業の許可を受けようとする者は、一般廃棄物処理業・浄化槽清掃業許可申請書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

(許可証の交付)

第4条 市長は、法第7条第1項又は、浄化槽法第35条の規定に基づき許可を行う時は、許可証(様式第3号)を交付する。

2 前項の許可証は、他人に譲渡し、又は貸与してはならない。

(許可証の再交付)

第5条 前条に規定する許可証を紛失し、又はき損したときは、遅滞なくその旨を市長に届け出て、許可証の再交付を受けなければならない。

(休止又は廃止の届出)

第6条 許可業者が、その業務を休止し、又は廃止しようとするときは、その30日前までに業務廃止(休止)(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

(手数料の徴収)

第7条 条例第21条第1項に規定する手数料は、次の各号に定めるところにより徴収する。

(1) 動物の死体及びごみのうち家庭系一般廃棄物に係る手数料 その都度徴収

(2) 前号以外のものに係る手数料 毎月徴収

2 市長は、特別の理由があると認めたときは、前項の規定にかかわらず随時徴収するものとする。

(手数料の減免)

第8条 条例第22条第1項の規定により手数料の減免を受けようとする者は、一般廃棄物処理手数料減免申請書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。ただし、特に市長が認めた場合は、この限りでない。

2 市長は、前項の規定により手数料の減免を決定したときは、前項の申請者に対して一般廃棄物処理手数料減免承認書(様式第6号)を交付する。

(身分証明証)

第9条 条例第24条第2項に規定する身分を示す証明書は、立入検査員証(様式第7号)とする。

(勧告)

第9条の2 条例第24条の2の規定による勧告は、文書により行うものとする。

(公表)

第9条の3 条例第24条の3第1項の規定による公表は、次に掲げる事項を公告することにより行うものとする。

(1) 氏名又は名称及び住所並びに法人にあっては、その代表者の氏名

(2) 条例第19条第1項及び第21条の2第2項の規定に違反する行為の概要

(3) 公表する理由

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事項

(委任)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

付 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成13年3月31日泉佐野市規則第13号)

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成13年12月26日泉佐野市規則第36号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年3月31日泉佐野市規則第18号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

画像

画像画像画像画像画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

泉佐野市廃棄物の減量化及び適正処理に関する条例施行規則

平成5年9月28日 規則第22号

(平成18年4月1日施行)