○泉佐野市農業委員会会議規則

昭和62年1月29日

泉佐野市農業委員会規則第1号

(総則)

第1条 泉佐野市農業委員会の会議(以下「会議」という。)は、法令に定めるもののほか、この規則の定めるところによる。

(招集)

第2条 泉佐野市農業委員会会長(以下「会長」という。)が会議を招集しようとするときは、会議の日時、場所、議案その他必要な事項を定め、これを総ての委員に通知しなければならない。

(参集)

第3条 委員は、招集の当日定刻までに参集しなければならない。

(欠席の届出)

第4条 委員は、事故のため、会議に出席できないときは、当日の開議時刻までに会長に届け出なければならない。

(議席)

第5条 議席は、あらかじめ、くじで定める。

2 会長は、必要があると認めるときは議席を変更することができる。

3 議席には、番号及び氏名票をつけるものとする。

(議長)

第6条 会長は、会議の議長となり、議事を整理する。

2 会長に事故あるときは、会長職務代理者をもって会議の議長とし、会長及び会長職務代理者がともに事故あるときは、年長の委員が臨時に議長の職務を行うものとする。

(会議の開閉)

第7条 開会、休会、延会又は閉会は、会長が宣告する。

2 会長が開会を宣告する前又は休憩、延会若しくは閉会を宣告した後は、何人も議事について発言することはできない。

3 開議時刻後相当の時間を経ても、なお出席委員が定数に達しないときは、会長は延会を宣告することができる。

(議題の宣告)

第8条 会長は、事件を議題とするときは、その旨を宣告しなければならない。

(一括議題)

第9条 会長が必要あると認めるときは、2件以上の事件を一括して議題とすることができる。ただし、出席委員より異議のあるときは、討論を用いないで会議にはかって決める。

(議案の説明)

第10条 会議において事件が議題となったときは、提案者は、その趣旨を説明しなければならない。

(審議事項の制限)

第11条 会議は、第2条第1項の規定により通知した議案についてのみ審議することができる。ただし、第13条に該当するものについてはこの限りでない。

(発言)

第12条 委員は、議案について、自由に質疑し、及び意見を述べることができる。

2 委員は、発言しようとするときは、議長の許可を受けなければならない。

3 発言は、簡明にし、議題外にわたり、又はその範囲を超えてはならない。

(動議)

第13条 動議は、出席委員の1人以上の賛成者がなければ、これを動議とし、審議することができない。

(議決の方法)

第14条 委員会の議事は、出席委員の過半数で決するものとし、可否同数のときは、会長の決するところによる。

2 採決に当たり、可否を表明しない者は、棄権したものとみなす。

(採決の方法)

第15条 採決は、起立又は挙手による。ただし、重要な事項については、投票による。

2 投票用紙の様式は、会長が定める。

3 議長は、簡易な採決で異議がないと認めるときは可決の旨を宣告することができる。

(議事録)

第16条 会長は、議事録を、作成しなければならない。

2 議事録には、議長及び委員会において定めた2人の出席委員が署名押印しなければならない。

(傍聴人)

第17条 傍聴人は、入場に際して、自己の住所、氏名及び年齢を傍聴人受付簿に記入し所定の場所に着席しなければならない。

2 傍聴席が満席となったときは、議長は、入場を打ち切ることができる。

3 銃器その他危険なものを持っている者、酒気を帯びていると認められる者、その他会長において議場の秩序を保持するために、支障があると認めた者は、入場することができない。

4 傍聴人は議場において発言し、その他喧噪な行為をしてはならない。

5 傍聴人は、会長の指示に従わなければならない。

6 会長は、その指示に従わない傍聴人の退場を求めることができる。

(会議規則の疑義)

第18条 この規則の疑義は、会長が決める。ただし、委員から異議があるときは、会議にはかって決めるものとする。

付 則

この規則は、昭和62年2月1日から施行する。

附 則(平成8年3月29日泉佐野市農業委員会規則第1号)

この規則は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成14年1月16日泉佐野市農業委員会規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

泉佐野市農業委員会会議規則

昭和62年1月29日 農業委員会規則第1号

(平成14年1月16日施行)