○泉佐野市立かんがい排水施設条例

平成9年3月26日

泉佐野市条例第15号

(設置)

第1条 農業用水の安定確保及び有効利用を図るため、かんがい排水施設を設置する。

(名称及び位置)

第2条 かんがい排水施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 泉佐野市立かんがい排水施設

位置 泉佐野市日根野1928番地

(施設)

第3条 泉佐野市立かんがい排水施設(以下「かん排施設」という。)は、次に掲げる施設をもって構成する。

(1) 総合事務所

(2) 新滝ノ池

(3) 釜滝井堰

(4) パイプライン

(5) その他かん排施設運営のために必要な施設

(指定管理者による管理)

第4条 かん排施設の管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者に行わせるものとする。

2 指定管理者が行う業務は、次のとおりとする。

(1) かん排施設の使用の許可に関する業務

(2) かん排施設の維持管理に関する業務

(3) かん排施設の設置目的を達成するために市長が必要と認める業務

(利用の制限)

第5条 指定管理者は、かん排施設を利用する者(以下「利用者」という。)次の各号のいずれかに該当するときは、その利用を拒否し、又は制限することができる。

(1) 他の利用者に迷惑をかけ、又はそのおそれがあるとき。

(2) かん排施設の設置目的から著しく逸脱する行為をし、又はそのおそれがあるとき。

(3) その他かん排施設の管理運営上不適当と認められるとき。

(利用料金)

第6条 市長は、かん排施設に係る使用料(以下「利用料金」という。)を指定管理者の収入として収受させることができる。

2 利用料金の額は、別表に掲げる金額の範囲内において、指定管理者があらかじめ市長の承認を得て定める。その額を変更するときも、同様とする。

3 市長は、前項の承認をしたときは、その旨を告示しなければならない。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成13年3月31日泉佐野市条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年9月29日泉佐野市条例第26号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行前にこの条例による改正前の泉佐野市立かんがい排水施設条例の規定によってした処分、手続その他の行為は、この条例による改正後の泉佐野市立かんがい排水施設条例の相当規定によってしたものとみなす。

別表(第6条関係)

区分

基本額

受益面積割合に応じて負担する料金

10a当たり 年間 2,500円

用水使用量に応じて負担する料金

1m3当たり 10円

泉佐野市立かんがい排水施設条例

平成9年3月26日 条例第15号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第9類 産業経済/第1章 農林水産/第2節 農林水産業
沿革情報
平成9年3月26日 条例第15号
平成13年3月31日 条例第2号
平成17年9月29日 条例第26号