○泉佐野市水道事業職員定数条例

昭和36年3月31日

泉佐野市条例第11号

(職員の定義)

第1条 この条例で職員とは、泉佐野市水道事業に常時従事する者(雇用人及び嘱託を含む。)をいう。

(職員の定数)

第2条 職員の定数は、55人とする。

(定数外の職員)

第3条 次に掲げる職員は、第1条の規定にかかわらず、前条の定数外とする。

(1) 臨時的事務又は特殊事務処理のため、臨時に採用し、又はその職務を嘱託する臨時職員

付 則

この条例は、昭和36年4月1日から施行する。

付 則(昭和36年12月27日泉佐野市条例第32号)

この条例は、昭和37年1月1日から施行する。

付 則(昭和38年4月1日泉佐野市条例第13号)

この条例は、公布の日から施行する。

付 則(昭和39年3月30日泉佐野市条例第11号)

この条例は、公布の日から施行する。

付 則(昭和40年3月31日泉佐野市条例第10号)

この条例は、昭和40年4月1日から施行する。

付 則(昭和49年3月30日泉佐野市条例第17号)

この条例は、昭和49年4月1日から施行する。

付 則(平成6年12月22日泉佐野市条例第36号)

この条例は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成13年12月26日泉佐野市条例第22号)

この条例は、公布の日から施行する。

泉佐野市水道事業職員定数条例

昭和36年3月31日 条例第11号

(平成13年12月26日施行)

体系情報
第13類 公営企業/第2章 水道事業
沿革情報
昭和36年3月31日 条例第11号
昭和36年12月7日 条例第32号
昭和38年4月1日 条例第13号
昭和39年3月30日 条例第11号
昭和40年3月31日 条例第10号
昭和49年3月30日 条例第17号
平成6年12月22日 条例第36号
平成13年12月26日 条例第22号