○泉佐野市環境美化推進条例施行規則

平成18年3月31日

泉佐野市規則第17号

(趣旨)

第1条 この規則は、泉佐野市環境美化推進条例(平成17年泉佐野市条例第40号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(自動販売機)

第2条 条例第6条の規則で定める自動販売機は、次に掲げるものとする。

(1) 建築物の内部に設置される自動販売機で、当該建築物に立ち入らなければ利用することができないもの

(2) 工場、事務所等の敷地に設置される自動販売機で、当該工場、事務所等の関係者以外の者が利用することができないもの

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が飲食料の容器の散乱のおそれがないと認める場所に設置される自動販売機

(回収容器)

第3条 条例第6条の回収容器は、次に掲げる要件を備えていなければならない。

(1) 材質が金属、プラスチックその他の容易に破損しないものであること。

(2) 空き缶、空き瓶等の分別用の識別表示があること。

2 前項の回収容器は、自動販売機の設置場所から5メートル以内で、かつ、飲食料の容器を回収するための適切な場所に設置しなければならない。

(路上喫煙禁止区域の標識等の設置)

第4条 条例第7条の2の規定により路上喫煙禁止区域を指定したときは、当該路上喫煙禁止区域内において、標識の設置、路面への表示等により周知するものとする。

(環境巡視員証)

第5条 条例第9条の規定による命令及び条例第12条の規定による過料処分の事務に従事する職員は、環境巡視員証(別記様式)を携帯し、関係者の請求があったときは、これを提示しなければならない。

(過料)

第6条 市長は、条例第12条の規定により過料処分を行う場合は,その名宛人に対し、文書を交付するものとする。

2 条例第12条の規定により科する過料の額は、1,000円とする。ただし、条例第9条の規定による命令が飼い犬等の愛玩動物のふんを放置することに係る場合は、10,000円とする。

(委任)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

(泉佐野市を美しくする条例施行規則の廃止)

2 泉佐野市を美しくする条例施行規則(昭和58年泉佐野市規則第17号)は、廃止する。

附 則(平成23年12月22日泉佐野市規則第22号)

この規則は、平成24年1月1日から施行する。

附 則(平成25年7月25日泉佐野市規則第12号)

この規則は、平成25年10月1日から施行する。

附 則(平成26年9月5日泉佐野市規則第17号)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行前にした行為に対する過料の適用については、なお従前の例による。

画像

泉佐野市環境美化推進条例施行規則

平成18年3月31日 規則第17号

(平成26年10月1日施行)