○泉佐野市職員退隠料の年額の改定についての条例

平成19年9月28日

泉佐野市条例第24号

泉佐野市職員退隠料条例(昭和24年泉佐野市条例第37号)の規定による退隠料又は遺族扶助料については、平成19年10月分以降、その年額をその計算の基礎となっている給料年額にそれぞれ退隠料改定率(泉佐野市職員退隠料条例第18条の2に規定する退隠料改定率をいう。)を乗じて得た額(その額に50円未満の端数があるときはこれを切り捨て、50円以上100円未満の端数があるときはこれを100円に切り上げる。)を退職又は死亡当時の給料年額とみなし、泉佐野市職員退隠料条例その他の退隠料に関する条例の規定によって算出して得た年額(その額に50円未満の端数があるときはこれを切り捨て、50円以上100円未満の端数があるときはこれを100円に切り上げる。)に改定する。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成19年10月1日から施行する。

(泉佐野市職員退隠料条例の一部改正)

2 泉佐野市職員退隠料条例の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(泉佐野市職員退隠料の年額の改定についての条例の一部改正)

3 泉佐野市職員退隠料の年額の改定についての条例(昭和49年泉佐野市条例第50号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(泉佐野市職員退隠料の年額の改定についての条例の一部改正)

4 泉佐野市職員退隠料の年額の改定についての条例(昭和51年泉佐野市条例第36号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

泉佐野市職員退隠料の年額の改定についての条例

平成19年9月28日 条例第24号

(平成19年10月1日施行)