○泉佐野市文化財保護審議会条例

令和元年6月28日

泉佐野市条例第5号

(設置)

第1条 文化財保護法(昭和25年法律第214号。以下「法」という。)第190条第1項の規定に基づき、泉佐野市教育委員会(以下「委員会」という。)に泉佐野市文化財保護審議会(以下「審議会」という。)を置く。

(担任事務)

第2条 審議会は、委員会の諮問に応じて、文化財の保存及び活用に関する重要事項について調査審議し、並びにこれらの事項に関して委員会に建議する。

(組織)

第3条 審議会は、委員10人以内で組織する。

2 審議会の委員は、文化財に関し識見を有する者のうちから、委員会が任命する。

(任期)

第4条 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長)

第5条 審議会に会長及び副会長を置き、委員の互選によってこれらを定める。

2 会長は、審議会を代表し、会務を総理する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

(会議)

第6条 審議会の会議は、会長が招集し、会長がその議長となる。

2 審議会は、委員の2分の1以上が出席しなければ会議を開くことができない。

3 審議会の議事は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(部会)

第7条 審議会に、必要に応じて部会を置くことができる。

2 部会に属する委員は、会長が指名する。

3 部会に部会長を置き、会長が指名する委員をもって充てる。

4 部会長は、部会の会務を掌理し、部会における審議の状況及び結果を審議会に報告する。

(報酬及び費用弁償)

第8条 委員に支給する報酬及び費用弁償については、別に条例で定める。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、審議会に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償についての条例の一部改正)

2 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償についての条例(昭和31年泉佐野市条例第17号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう略〕

(泉佐野市附属機関条例の一部改正)

3 泉佐野市附属機関条例(平成12年泉佐野市条例第34号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう略〕

泉佐野市文化財保護審議会条例

令和元年6月28日 条例第5号

(令和元年6月28日施行)