○貝塚市防災行政無線局運用管理規程

昭和59年3月22日

訓令第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、貝塚市防災行政無線局(以下「防災行政無線局」という。)の適正かつ能率的な運用管理を図るため、電波法(昭和25年法律第131号)、電波法施行規則(昭和25年電波監理委員会規則第14号)及び無線局運用規則(昭和25年電波監理委員会規則第17号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(一部改正〔平成14年訓令5号・令和3年2号〕)

(定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるとおりとする。

(1) 無線局 無線設備及び無線設備の操作を行う者の総体をいう。

(2) 移動系無線設備 基地局、通信所及び移動局の総体をいう。

(3) 基地局 移動局と通信を行うため、陸上に開設する移動しない無線局をいう。

(4) 通信所 基地局から有線で接続された通信設備をいう。

(5) 移動局 移動中又はその特定しない地点に停止中運用する無線局をいう。

(6) 固定系無線設備 親局及び子局の総体をいう。

(7) 親局 防災行政無線固定系で市庁舎に設置する送信設備の総体をいう。

(8) 屋外受信局 防災行政無線固定系で屋外に設置する受信局をいう。

(9) 屋内受信局 防災行政無線固定系で屋内に設置する受信局をいう。

(一部改正〔平成14年訓令5号〕)

(防災行政無線局の種別等)

第3条 防災行政無線局の種別、呼出名称、局名及び設置場所は、別表第1及び別表第2のとおりとする。

(一部改正〔平成12年訓令4号・14年5号〕)

(総括管理者)

第4条 防災行政無線局に総括管理者を置き、市長をもつて充てる。

2 総括管理者は、防災行政無線局の機能が十分発揮できるよう総括管理するものとする。

3 総括管理者は、通信の相手方、通信事項若しくは無線設備の設置場所を変更し、又は無線設備の変更の工事をしようとするときは、あらかじめ所轄総合通信局長に申請し、許可を受けなければならない。

(一部改正〔平成17年訓令3号〕)

(無線管理者)

第5条 防災行政無線局に無線管理者を置き、危機管理課長をもつて充てる。

2 無線管理者は、常に防災行政無線局の運用状況を把握し、その機能が発揮できるよう管理するものとする。

3 無線管理者は、無線従事者の適正な配置を確保するため、常に無線従事者の養成に努めるものとする。

(一部改正〔平成24年訓令2号・令和3年4号・5年2号〕)

(運用責任者)

第6条 防災行政無線局に運用責任者を置き、危機管理課長補佐をもつて充てる。

2 運用責任者は、無線管理者の指示を受け、管理する無線局の運用機器の整備及び保守の状況等を常に把握し、通信連絡に支障のないように日常の運用管理を行うものとする。

(一部改正〔平成24年訓令2号・令和3年4号・5年2号〕)

(無線従事者)

第7条 無線局に無線従事者を置く。

2 無線従事者は、電波法第40条第1項の資格を有する者のうち、同法第51条に基づき、総括管理者が選任を届け出た者をもつてこれに充てる。

3 無線従事者は、運用責任者の指示を受け、電波法及びこれに基づく命令の規定を遵守して、無線局の適正な運用管理を図るとともに、通信取扱者に対し、必要な教育を行うものとする。

(通信取扱者)

第8条 通信取扱者は、無線従事者の指導のもとに無線局の適正な通信業務にあたるものとする。

(運用時間)

第9条 防災行政無線局の運用時間は、職員の勤務時間内とする。ただし、災害が発生した場合若しくは発生するおそれがある場合又は、運用責任者が特に指示、承認した場合は、この限りではない。

(一部改正〔平成14年訓令5号〕)

(職員の研修)

第10条 無線管理者は、電波法等関係法令に関する知識、通信技能及び機器の保守、技術等の向上を図るため、必要に応じて研修を行うものとする。

(通信の種類)

第11条 通信の種類は、次の表に掲げるとおりとする。

固定系無線設備

普通通信

個別、グループ別の通信をいう。

一斉通信

全受信局に対し、一斉に行う通信をいう。

強制一斉通信

(強制通信)

全受信局に対し、強制的に一斉通信を行うことをいう。

移動系無線設備

普通通信

平常時における通信をいう。

非常通信

普通通信を中断して行う非常の場合の通信をいう。

(通信の義務)

第12条 出動中の移動局は、次の場合必ず基地局と通信を行わなければならない。

(1) 開局及び閉局するとき。

(2) 移動局を離れて一時通信を中止するとき。

(3) その他業務上必要があると認めるとき。

(一部改正〔平成14年訓令5号〕)

(聴守の義務)

第13条 移動局を開局したときは常に聴守し、自局の呼出しに対しては速やかに応答しなければならない。

(通信事項)

第14条 無線局は、非常の場合を除き免許状に記載された目的又は通信の相手方若しくは通信事項の範囲をこえて運用してはならない。

(一部改正〔平成14年訓令5号〕)

(通信の原則)

第15条 無線通信の原則は、次のとおりとする。

(1) 業務外(通信事項外)の通話を行つてはならない。

(2) 無線通信に使用する用語は、暗号等を使用せず、できる限り簡潔でなければならない。

(3) 無線通信を行うときは、自局の呼出名称を付して、その出所を明らかにしなければならない。

(4) 無線通信は、正確に行うものとし、通信上の誤りを知つたときは、直ちに訂正しなければならない。

(一部改正〔平成14年訓令5号〕)

(通信開始前の措置)

第16条 通信を開始しようとするときは、他の通信に混信を与えないことを確かめなければならない。

2 前項の場合において他の通信に混信を与えるおそれがあるときは、その通信が終了した後でなければ、呼出しをしてはならない。ただし、第21条第1項の規定による非常通信を行う場合は、この限りでない。

(呼出し)

第17条 呼出しは、次の各号に掲げる事項を順次送信して行うものとする。

(1) 相手局の呼出名称 3回以下

(2) こちらは 1回

(3) 自局の呼出名称 3回以下

(応答)

第18条 自局に対する呼出しを受信したときは、直ちに次に掲げる事項を順次送信して応答しなければならない。

(1) 相手局の呼出名称 3回以下

(2) こちらは 1回

(3) 自局の呼出名称 1回

上記の応答に際して直ちに通報を受信しようとするときは、応答事項の次に「どうぞ」を送信する。ただし、直ちに通話を受信することができない理由のあるときは、「しばらくお待ち下さい」を送信する。

2 自局に対する呼出しであることが確実でない呼出しを受信したときは、その呼出しが反復され、かつ、自局に対する呼出しであることが判明するまで応答してはならない。

3 自局に対する呼出しを受信したが、呼出局の呼出名称が不確実であるときは、応答事項のうち相手局の呼出名称の代わりに、「誰かこちらを呼びましたか」を使用して直ちに応答しなければならない。

(一部改正〔平成14年訓令5号〕)

(通信の終了)

第19条 通信が終了したときは、「以上」を1回送信する。

(一括呼び出し)

第20条 通信可能な範囲にあるすべての移動局に同時に通信しようとするときは、次の各号に掲げる事項を順次送信して行うものとする。

(1) 各局又は○○方面各局 3回以下

(2) こちらは 1回

(3) 自局の呼出名称 3回以下

(4) 通報 2回以下

(5) どうぞ 1回

(非常通信)

第21条 非常事態が発生し、又は、発生のおそれがある場合で、有線通信を使用する事ができないか、又はこれを利用する事が著しく困難であるときに、人命救助、災害の援助等の為に必要と認められる場合に限り、免許状に記載された目的又は通信の相手方若しくは、通信事項の範囲をこえて通信を行うことができる。

2 下記事項を順次送信して行う。

(1) 非常 3回

(2) 「各局」又は相手局名称 3回

(3) こちらは 1回

(4) 自局呼出名称 3回

(5) 通報 2回

3 非常通信を行つたときは、業務日誌に記載するとともに、総括管理者は、文書をもつて速やかに所轄総合通信局長に報告しなければならない。

4 「非常」を前置した呼出しを受信した無線局は、応答する場合を除くほか、これに混信を与えるおそれのある電波の発射を停止し傍受しなければならない。

(一部改正〔平成14年訓令5号・17年3号〕)

(試験電波の発射方法)

第22条 無線局の試験又は調整のため電波を発射するときは、他の無線局の通信に混信を与えないことを確かめた後に順次下記のとおり送信する。

(1) 「ただいま試験中」 3回

(2) 「こちらは」 1回

(3) 自局の呼出名称 3回

1分間聴守を行い、他の無線局から停止の要求のないこと又は他の無線局の通信への混信のないことを確認した後、次の事項を送信する。

(4) 「本日は晴天なり」の連続10秒以内

(5) 自局の呼出名称 1回

(一部改正〔平成14年訓令5号〕)

(通信統制)

第23条 無線管理者は、災害が発生し、若しくは発生するおそれがあるとき又は円滑な通信体制を図るために必要があると認めたときは、通信を統制するとともに、運用責任者に無線通信体制を確保するための必要な措置を講じさせることができる。

(一部改正〔平成14年訓令5号〕)

(無線設備の点検等)

第24条 無線管理者は、防災行政無線局の機能確保のため、定期的に通信設備の点検又は検査を行うものとする。

(無線機故障時の処理)

第25条 移動局は、出動中に故障したときは、直ちに最寄りの有線電話を利用する等できる限り速やかに運用責任者に連絡しなければならない。

(固定系無線設備による送信)

第26条 固定系無線設備による送信を依頼する者は、固定系無線設備送信依頼書(様式第1号の1及び様式第1号の2)を運用責任者に提出しなければならない。

(移動系無線設備等の使用)

第27条 移動系無線設備等の配備を受けてない課がこれらを使用するときは、無線従事者を経由して、運用責任者に対して移動系無線設備等使用申請書(様式第2号)を提出し、その許可を受けなければならない。

(感度等調査)

第28条 無線従事者は、適宜感度等の調査をしなければならない。

(備付書類)

第29条 防災行政無線局には、電波法施行規則第38条に定める書類を備え付けなければならない。

(一部改正〔平成21年訓令5号・29年1号・令和3年2号〕)

(検査)

第30条 無線局は、所轄総合通信局が実施する定期検査等を受けなければならない。

2 前項に規定する検査実施に当たり、総括管理者は、受検体制を整えるとともに、当該検査に立ち会わなければならない。

3 総括管理者は、第1項に規定する検査の結果、指示を受けた場合は、速やかに相当の措置を行い、内容を無線検査簿に記載するとともに、所轄総合通信局長に文書をもって報告しなければならない。

(一部改正〔平成14年訓令5号・21年5号〕)

(保守及び整備)

第31条 総括管理者は、防災行政無線局の機能確保のため、いかなる場合でも、正常な無線局の運用が行えるように、たえず通信の状況を確認し、無線局の性能を判断して適切に保守整備を行うものとする。

2 市長は、年1回全無線局の機能を点検、整備するため専門業者と定期保守契約を締結するものとする。

(一部改正〔平成14年訓令5号・21年5号〕)

(通信訓練)

第32条 無線管理者は、災害時における防災行政無線局の迅速、かつ、適正な運用に資するため、1年に1回、防災行政無線局の通信訓練を行うものとする。

(一部改正〔平成21年訓令5号〕)

(その他)

第33条 この規程に定めるもののほか、防災行政無線局の管理運用について必要な事項は、無線管理者が定める。

(一部改正〔平成14年訓令5号・21年5号〕)

この規程は、昭和59年4月1日から施行する。

(昭和62年6月1日訓令第2号改正)

この訓令は、昭和62年6月1日から施行する。

(昭和63年3月30日訓令第4号改正)

この訓令は、昭和63年4月1日から施行する。

(昭和63年10月24日訓令第6号改正)

この訓令は、昭和63年11月1日から施行する。

(平成元年3月30日訓令第5号改正)

この規程は、公布の日から施行する。

(平成元年7月20日訓令第7号改正)

この規程は、公布の日から施行する。

(平成元年10月30日訓令第9号改正)

この規程は、公布の日から施行する。

(平成4年10月31日訓令第11号改正)

この訓令は、平成4年11月1日から施行する。

(平成7年3月31日訓令第8号改正)

この訓令は、平成7年4月1日から施行する。

(平成8年6月25日訓令第2号改正)

この訓令は、平成8年6月25日から施行する。

(平成9年3月31日訓令第5号改正)

この訓令は、平成9年4月1日から施行する。

(平成12年3月31日訓令第4号改正)

この訓令は、平成12年4月1日から施行する。

(平成14年3月28日訓令第5号改正)

この訓令は、平成14年4月1日から施行する。

(平成16年3月31日訓令第1号改正)

この訓令は、平成16年4月1日から施行する。

(平成17年7月25日訓令第3号改正)

この訓令は、公布の日から施行する。

(平成18年3月31日訓令第5号改正)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

(平成20年3月31日訓令第1号改正)

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

(平成21年12月25日訓令第5号改正)

この訓令は、公布の日から施行する。

(平成23年1月17日訓令第1号改正)

この訓令は、公布の日から施行する。

(平成24年3月30日訓令第2号改正)

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

(平成28年3月30日訓令第1号改正)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

(平成29年3月31日訓令第1号改正)

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

(平成31年3月29日訓令第2号改正)

この訓令は、平成31年4月1日から施行する。

(令和3年3月10日訓令第2号改正)

この訓令は、公布の日から施行する。

(令和3年3月31日訓令第3号改正)

(施行期日)

第1条 この訓令は、公布の日から施行する。

(令和3年3月31日訓令第4号改正)

(施行期日)

1 この訓令は、令和3年4月1日から施行する。

(様式に関する経過措置)

3 この訓令の施行の際現にあるこの訓令による改正前の様式(次項において「旧様式」という。)により使用されている書類は、この訓令による改正後の様式によるものとみなす。

4 この訓令の施行の際現にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

(令和3年9月24日訓令第6号改正)

この訓令は、公布の日から施行する。

(令和3年12月13日訓令第7号改正)

この訓令は、令和4年5月6日から施行する。

(令和5年3月31日訓令第2号改正)

この訓令は、令和5年4月1日から施行する。

別表第1(第3条関係)

(全部改正〔令和5年訓令2号〕)

移動系無線設備

防災行政無線(移動系)設置箇所一覧


呼出名称

設置場所

種別

備考

1

危機基地局

危機管理課

基地局


2

危機傍受用

危機管理課

携帯局


3

危機1

危機管理課

車載局


4

危機2

危機管理課

携帯局


5

危機3

危機管理課

携帯局


6

危機4

危機管理課

携帯局


7

危機5

危機管理課

携帯局


8

危機6

危機管理課

携帯局


9

危機7

危機管理課

携帯局


10

危機8

危機管理課

携帯局


11

危機9

危機管理課

携帯局


12

危避難所1

危機管理課

携帯局


13

危避難所2

危機管理課

携帯局


14

貝塚高校

危機管理課

携帯局


15

貝塚南高校

危機管理課

携帯局


16

岸和田高校

危機管理課

携帯局


17

二色小学校

二色小学校体育館

携帯局


18

津田小学校

津田小学校体育館

携帯局


19

北小学校

北小学校体育館

携帯局


20

南小学校

南小学校体育館

携帯局


21

東小学校

東小学校体育館

携帯局


22

西小学校

西小学校体育館

携帯局


23

中央小学校

中央小学校体育館

携帯局


24

木島小学校

木島小学校体育館

携帯局


25

東山小学校

東山小学校体育館

携帯局


26

永寿小学校

永寿小学校体育館

携帯局


27

葛城小学校

葛城小学校体育館

携帯局


28

第一中学校

第一中学校体育館

携帯局


29

第二中学校

第二中学校体育館

携帯局


30

第三中学校

第三中学校体育館

携帯局


31

第四中学校

第四中学校体育館

携帯局


32

五中体育館

第五中学校体育館

携帯局


33

五中校舎

第五中学校校舎

携帯局


34

ハート交流

青少年人権教育交流館

携帯局


35

ひと・ふれ

ひと・ふれあいセンター

携帯局


36

やすらぎ老

やすらぎ老人福祉センター

携帯局


37

浜手公民館

浜手地区公民館

携帯局


38

山手公民館

山手地区公民館

携帯局


39

蕎原避難所

蕎原避難所

携帯局


40

水サ指令

水道管理課

半固定


41

水サ1

水道管理課

車載局


42

水サ2

上下水道営業課

車載局


43

水サ3

水道管理課

車載局


44

水サ4

水道管理課

車載局


45

水サ5

水道管理課

車載局


46

水サ6

水道管理課

車載局


47

水サ7

水道管理課

車載局


48

水サ8

水道管理課

車載局


49

水サ9

水道管理課

車載局


50

水サ10

水道管理課

車載局


51

水サ11

水道管理課

車載局


52

水サ12

水道管理課

車載局


53

水サ13

水道管理課

車載局


54

水サ14

水道管理課

車載局


55

水サ15

水道管理課

車載局


56

水サ16

水道管理課

携帯局


57

水サ17

水道管理課

携帯局


58

水サ18

水道管理課

携帯局


59

水サ19

上下水道営業課

携帯局


60

浄水1

浄水課

車載局


61

浄水2

浄水課

車載局


62

浄水3

浄水課

携帯局


63

下水指令

下水道推進課

半固定


64

下水1

下水道推進課

車載局


65

下水2

下水道推進課

車載局


66

下水3

下水道推進課

車載局


67

下水4

下水道推進課

車載局


68

下水5

下水道推進課

車載局


69

1班脇海樋

脇海樋門

携帯局


70

2班吉原川

南町樋門

携帯局


71

3班ヨット

二色ヨットハーバー

携帯局


72

4班二色P

二色雨水ポンプ場

携帯局


73

5A北境川

北境川ポンプ場

携帯局


74

5b見落川

見落川ポンプ場

携帯局


75

6班二色3

二色四丁目倉庫

携帯局


76

6班二色4

二色四丁目倉庫

携帯局


77

上下水道総

上下水道総務課

車載局


78

道路指令

道路整備課

半固定


79

道路軽ハ1

道路整備課

車載局


80

道路軽ハ2

道路整備課

車載局


81

道路軽ハ3

公園緑地課

車載局


82

道路軽ハ4

道路整備課

車載局


83

維持2tダ

道路整備課

車載局


84

維持2tユ

道路整備課

車載局


85

維持軽ダ1

道路整備課

車載局


86

維持軽ダ2

道路整備課

車載局


87

公園軽トラ

公園緑地課

車載局


88

セットカー

道路整備課

車載局


89

道路携帯

道路整備課

携帯局


90

農林号

農林課

車載局


91

土地改良号

農林課

車載局


92

農林課本部

農林課

携帯局


93

消防本部

消防本部

半固定


94

貝病総務課

市立貝塚病院総務課

携帯局


別表第2(第3条関係)

(全部改正〔令和3年訓令2号〕、一部改正〔令和3年訓令6号・3年7号・5年2号〕)

固定系無線設備

(1) 親局

局名

設置場所

ぼうさいかいづかし

貝塚市畠中一丁目17番1号

(2) 屋外受信局


局名

設置場所

1

ぼうさいかいづかし にしきしょうがっこう

貝塚市二色一丁目3番1号

2

ぼうさいかいづかし つだしょうがっこう

貝塚市津田南町1番1号

3

ぼうさいかいづかし ひがししょうがっこう

貝塚市小瀬一丁目25番5号

4

ぼうさいかいづかし きたしょうがっこう

貝塚市中町4番1号

5

ぼうさいかいづかし にししょうがっこう

貝塚市脇浜四丁目6番1号

6

ぼうさいかいづかし ちゅうおうしょうがっこう

貝塚市麻生中854番地

7

ぼうさいかいづかし みなみしょうがっこう

貝塚市地藏堂286番地

8

ぼうさいかいづかし えいじゅしょうがっこう

貝塚市三ツ松2020番地

9

ぼうさいかいづかし きしましょうがっこう

貝塚市三ツ松1048番地

10

ぼうさいかいづかし ひがしやましょうがっこう

貝塚市東山五丁目11番1号

11

ぼうさいかいづかし かつらぎしょうがっこう

貝塚市木積2032番地

12

ぼうさいかいづかし だいいちちゅうがっこう

貝塚市加神一丁目5番1号

13

ぼうさいかいづかし だいにちゅうがっこう

貝塚市福田100番地

14

ぼうさいかいづかし だいよんちゅうがっこう

貝塚市橋本1385番地

15

ぼうさいかいづかし だいごちゅうがっこう

貝塚市二色二丁目3番1号

16

ぼうさいかいづかし きゅうほのじのさと

貝塚市蕎原2114番地2

17

堤外地1(港湾貝塚No.1)

新貝塚埠頭3号岸壁付近

18

堤外地2(港湾貝塚No.2)

新貝塚埠頭2号岸壁付近

19

堤外地3(港湾貝塚No.3)

新貝塚埠頭1号岸壁付近

20

堤外地4(港湾貝塚No.4)

貝塚旧港地区2号岸壁付近

21

堤外地5(港湾貝塚No.5)

貝塚4号物揚場付近

22

堤外地6(港湾貝塚No.6)

貝塚2号物揚場付近

23

堤外地7(港湾貝塚No.7)

二色の浜海浜緑地内

24

堤外地8(港湾貝塚No.8)

二色の浜公園内

25

堤外地9(港湾貝塚No.9)

二色の浜公園内

26

ぼうさいかいづかし ちゅうぶみずみらいせんたー

貝塚市二色南町6番地1

27

ぼうさいかいづかし にしきさんぎょうだんち

貝塚市二色南町8番地11

28

ぼうさいかいづかし にしきいっちょうめしゅうかいじょ

貝塚市二色一丁目1番47号

29

ぼうさいかいづかし のぞみこうえん

貝塚市津田北町110番地46

30

ぼうさいかいづかし ほりしん

貝塚市堀三丁目20番34号地先

31

ぼうさいかいづかし みなみじどうゆうえん

貝塚市南町1410番地15地先

32

ぼうさいかいづかし うみづか

貝塚市脇浜三丁目7番地

33

ぼうさいかいづかし わきのはまこうえん

貝塚市脇浜三丁目319番地3

34

ぼうさいかいづかし わきはまだいさんじどうゆうえん

貝塚市脇浜三丁目924番地42

35

ぼうさいかいづかし えびすまえ

貝塚市脇浜三丁目601番地105

36

ぼうさいかいづかし にしきのはまうすいぽんぷじょう

貝塚市澤1010番地2

37

ぼうさいかいづかし しえいさわだんちじゅうたく

貝塚市澤1090番地

38

ぼうさいかいづかし なんかいとうわえんこうえん

貝塚市澤300番地

39

ぼうさいかいづかし しゃるまんふじにしきのはまこうえん

貝塚市窪田122番地

40

ぼうさいかいづかし ぐれいすこーとたちばなこうえん

貝塚市澤157番地5

41

ぼうさいかいづかし ふえいおうじじゅうたく

貝塚市王子892番地

42

ぼうさいかいづかし くぼだいさんこうえん

貝塚市久保130番地13

43

ぼうさいかいづかし かいづかしりつひがしようちえん

貝塚市久保436番地1

44

ぼうさいかいづかし はんだうぇるやーどひがしかいづかこうえん

貝塚市半田二丁目3番25号

45

ぼうさいかいづかし ふえいかいづかはんだじゅうたく

貝塚市半田1022番地

46

ぼうさいかいづかし はんだ

貝塚市半田766番地1

47

ぼうさいかいづかし こぎがおかこうえん

貝塚市石才96番地42

48

ぼうさいかいづかし ちゅうおうだんちこうえん

貝塚市麻生中480番地1

49

ぼうさいかいづかし きゅうかいづかしえいだいよんぷーる

貝塚市地藏堂369番地3

50

ぼうさいかいづかし かいづかえいせいじぎょうしょ

貝塚市王子261番地1

51

ぼうさいかいづかし せちごだいにこうえん

貝塚市清児654番地8

52

ぼうさいかいづかし せちごこうえん

貝塚市清児729番地4

53

ぼうさいかいづかし ふえいはしもとだいにじゅうたく

貝塚市橋本684番地

54

ぼうさいかいづかし かいづかしりつせいしょうねんうんどうひろば

貝塚市東山一丁目4番1号

55

ぼうさいかいづかし ふえいもりじゅうたく

貝塚市森824番地

56

ぼうさいかいづかし ふえいみつまつだんちこうえん

貝塚市三ツ松2241番地1

57

ぼうさいかいづかし なごせ

貝塚市名越840番地4

58

ぼうさいかいづかし みけやまふれあいせんたー

貝塚市三ケ山733番地

59

ぼうさいかいづかし かいづかしりつぜんべいらんど

貝塚市三ツ松216番地

60

ぼうさいかいづかし れいくがーでんこうえん

貝塚市地藏堂675番地45

61

ぼうさいかいづかし みずまだいいちこうえん

貝塚市水間470番地1

62

ぼうさいかいづかし みずまでらみなみ

貝塚市水間662番地2

63

ぼうさいかいづかし ばばちょうかいかん

貝塚市馬場348番地1

64

ぼうさいかいづかし こつみはた

貝塚市木積3080番地1

65

ぼうさいかいづかし そぶら

貝塚市蕎原649番地1

66

ぼうさいかいづかし おおかわ

貝塚市大川248番地1

67

ぼうさいかいづかし きびたに

貝塚市秬谷215番地

68

ぼうさいかいづかし そぶらさいそうしん

貝塚市蕎原2093番地

(3) 屋内受信局


局名

設置場所

1

貝塚市立二色小学校

貝塚市二色一丁目3番1号

2

貝塚市立津田小学校

貝塚市津田南町1番1号

3

貝塚市立東小学校

貝塚市小瀬一丁目25番5号

4

貝塚市立北小学校

貝塚市中町4番1号

5

貝塚市立西小学校

貝塚市脇浜四丁目6番1号

6

貝塚市立中央小学校

貝塚市麻生中854番地

7

貝塚市立南小学校

貝塚市地藏堂286番地

8

貝塚市立永寿小学校

貝塚市三ツ松2020番地

9

貝塚市立木島小学校

貝塚市三ツ松1048番地

10

貝塚市立東山小学校

貝塚市東山五丁目11番1号

11

貝塚市立葛城小学校

貝塚市木積2032番地

12

貝塚市立第一中学校

貝塚市加神一丁目5番1号

13

貝塚市立第二中学校

貝塚市福田100番地

14

貝塚市立第四中学校

貝塚市橋本1385番地

15

貝塚市立第五中学校

貝塚市二色二丁目3番1号

16

貝塚市立善兵衛ランド

貝塚市三ツ松216番地

17

貝塚市立浜手地区公民館

貝塚市二色二丁目7番2号

18

貝塚市立青少年人権教育交流館

貝塚市福田91番地

19

貝塚市ひと・ふれあいセンター

貝塚市海塚22番地1

20

貝塚市やすらぎ老人福祉センター

貝塚市東79番地1

21

貝塚市民福祉センター

貝塚市畠中一丁目17番1号

22

貝塚市立総合体育館

貝塚市畠中一丁目13番1号

23

貝塚市立第三中学校

貝塚市東山七丁目4番1号

24

貝塚市立山手地区公民館

貝塚市東山七丁目10番1号

25

貝塚市民図書館

貝塚市畠中一丁目12番1号

26

大阪府立貝塚高等学校

貝塚市畠中一丁目1番1号

27

大阪府立貝塚南高等学校

貝塚市橋本620番地

28

旧貝塚市立津田幼稚園

貝塚市津田南町9番1号

29

貝塚市立北幼稚園

貝塚市中町9番29号

30

貝塚市立西幼稚園

貝塚市脇浜二丁目18番1号

31

貝塚市立中央幼稚園

貝塚市麻生中854番地

32

貝塚市立南幼稚園

貝塚市地藏堂286番地

33

貝塚市立木島西幼稚園

貝塚市三ツ松1025番地1

34

社会福祉法人どんまい

貝塚市港52番地1

35

社会福祉法人貝塚誠心園

貝塚市森1103番地2

36

貝塚市立津田認定こども園

貝塚市津田南町10番1号

37

貝塚市立木島認定こども園

貝塚市三ツ松2920番地

38

貝塚市立三ツ松認定こども園

貝塚市三ツ松2206番地2

39

貝塚市立葛城認定こども園

貝塚市木積2036番地1

40

貝塚市立自然遊学館

貝塚市二色三丁目26番1号

41

貝塚市教育研究センター

貝塚市二色三丁目25番5号

42

貝塚市津田浄水場

貝塚市津田11番地

43

市立貝塚病院総務課

貝塚市堀三丁目10番20号

44

市立貝塚病院当直室

貝塚市堀三丁目10番20号

45

貝塚市立子育て支援センター

貝塚市名越108番地

46

貝塚市立保健センター

貝塚市畠中一丁目18番8号

47

青少年教育課(コスモスシアター)

貝塚市畠中一丁目18番1号

48

貝塚市立公園墓地事務所

貝塚市三ケ山247番地

49

貝塚カトリック幼稚園

貝塚市加神一丁目3番12号

50

こぎ幼稚園

貝塚市畠中二丁目20番8号

51

二色幼稚園

貝塚市脇浜四丁目3番5号

52

木島幼稚園

貝塚市三ツ松2334番地1

53

医療法人河画像会 水間病院

貝塚市水間51番地

54

おおぞらこども園

貝塚市二色二丁目11番1号

55

わきはまこども園

貝塚市脇浜三丁目31番8号

56

ひがし保育園

貝塚市海塚581番地1

57

海塚保育所

貝塚市海塚一丁目10番17号

58

ひさほ保育園

貝塚市久保568番地

59

久保保育所

貝塚市久保271番地3

60

まーぶるこども園

貝塚市半田82番地12

61

パルティ道教寺

貝塚市半田一丁目3番6号

62

ピアニィ道教寺

貝塚市麻生中626番地

63

貝塚中央こども園

貝塚市橋本1060番地5

64

貝塚南こども園

貝塚市地藏堂238番地1

65

橋本保育所

貝塚市橋本642番地

66

東山こども園

貝塚市東山七丁目6番12号

67

永寿台保育園

貝塚市三ツ松2230番地5

68

木積の郷

貝塚市木積4025番地1

69

わらべの郷

貝塚市蕎原1936番地

70

大阪府立少年自然の家

貝塚市木積3350番地

(一部改正〔令和3年訓令3号・4号〕)

画像

画像

(一部改正〔令和3年訓令3号・4号〕)

画像

貝塚市防災行政無線局運用管理規程

昭和59年3月22日 訓令第1号

(令和5年4月1日施行)

体系情報
第9類 活/第5章 災害救助
沿革情報
昭和59年3月22日 訓令第1号
昭和62年6月1日 訓令第2号
昭和63年3月30日 訓令第4号
昭和63年10月24日 訓令第6号
平成元年3月30日 訓令第5号
平成元年7月20日 訓令第7号
平成元年10月30日 訓令第9号
平成4年10月31日 訓令第11号
平成7年3月31日 訓令第8号
平成8年6月25日 訓令第2号
平成9年3月31日 訓令第5号
平成12年3月31日 訓令第4号
平成14年3月28日 訓令第5号
平成16年3月31日 訓令第1号
平成17年7月25日 訓令第3号
平成18年3月31日 訓令第5号
平成20年3月31日 訓令第1号
平成21年12月25日 訓令第5号
平成23年1月17日 訓令第1号
平成24年3月30日 訓令第2号
平成28年3月30日 訓令第1号
平成29年3月31日 訓令第1号
平成31年3月29日 訓令第2号
令和3年3月10日 訓令第2号
令和3年3月31日 訓令第3号
令和3年3月31日 訓令第4号
令和3年9月24日 訓令第6号
令和3年12月13日 訓令第7号
令和5年3月31日 訓令第2号