○嘉麻市社会体育施設条例

平成18年3月27日

条例第178号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2の規定に基づき、嘉麻市社会体育施設の設置及び管理に関し、必要な事項を定めるものとする。

(全部改正〔平成30年条例29号〕)

(設置、名称及び位置)

第2条 市民の健康増進及び体育、レクリエーション等の普及振興を図るため、嘉麻市社会体育施設を設置する。

2 嘉麻市社会体育施設の名称及び位置は、別表第1のとおりとする。

(全部改正〔平成30年条例29号〕)

(管理)

第3条 嘉麻市社会体育施設及び嘉麻市都市公園条例(平成18年嘉麻市条例第146号)第3条第3号に規定する有料施設(以下「体育施設」という。)は、嘉麻市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が管理する。

(一部改正〔平成30年条例29号〕)

(休館日)

第4条 体育施設の休館日は、別表第2のとおりとする。ただし、特別の理由がある場合は、これを変更し、又は臨時に休館することができる。

(開館時間)

第5条 体育施設の開館時間は、別表第3のとおりとする。ただし、特別の理由がある場合は、これを延長し、又は短縮することができる。

(利用許可)

第6条 体育施設を利用しようとする者は、あらかじめ、教育委員会の許可を受けなければならない。

2 教育委員会は、体育施設の管理上必要があると認めるときは、前項の許可(以下「利用許可」という。)に際し、条件を付けることができる。

(一部改正〔平成30年条例29号〕)

(利用許可の制限)

第7条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、利用許可をしないことができる。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。

(2) 建物、附属施設等を損傷するおそれがあるとき。

(3) 集団的に、又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めたとき。

(4) その他管理運営上支障があると認めるとき。

(一部改正〔平成30年条例29号〕)

(使用料)

第8条 利用許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、別表第4に定める使用料を納入しなければならない。

2 前項の使用料は、利用許可を受けた際に納めるものとする。ただし、市長が特別の理由があると認めたときは、この限りでない。

(一部改正〔平成30年条例29号〕)

(使用料の減免)

第9条 市長は、特別の理由があると認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(一部改正〔平成30年条例29号〕)

(使用料の不還付)

第10条 既納の使用料は、還付しない。ただし、市長が特別の理由があると認める場合は、その全部又は一部を還付することができる。

(一部改正〔平成30年条例29号〕)

(目的外利用、権利譲渡等の禁止)

第11条 利用者は、体育施設を利用許可を受けた目的以外の目的に利用し、又はその利用の権利を譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(一部改正〔平成30年条例29号〕)

(特別の設備等)

第12条 利用者は、特別の設備をし、若しくは造作を加え、又は備付け以外の器具を利用しようとするときは、あらかじめ、教育委員会の許可を受けなければならない。

(利用許可の取消し等)

第13条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、利用許可を取り消し、又は利用を停止し、若しくは制限することができる。

(1) この条例又はこれに基づく教育委員会規則に違反したとき。

(2) 第7条各号のいずれかに該当する理由が発生したとき。

(3) 偽りその他不正な手段により利用許可を受けたとき。

(4) 利用許可の条件又は教育委員会の職員の指示に従わないとき。

(5) その他管理上支障があると教育委員会が認めるとき。

2 前項の規定による利用許可の取消し等により利用者に損害が生じることがあっても、市は、その責めを負わない。

(一部改正〔平成30年条例29号〕)

(原状回復義務)

第14条 利用者は、体育施設の利用が終了したときは、直ちに、原状に回復しなければならない。前条の規定により利用許可を取り消され、又は利用を停止されたときも、同様とする。

2 利用者が前項に規定する義務を履行しないときは、教育委員会がこれを行い、その費用は、利用者が負担しなければならない。

(一部改正〔平成30年条例29号〕)

(損害賠償等)

第15条 利用者は、その責めに帰すべき理由により体育施設の建物又は附属設備を損傷し、又は滅失したときは、これを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

2 利用者の責めに帰すべき理由により人身事故等が生じたときは、利用者は、これに係る一切の責めを負わなければならない。

(一部改正〔平成30年条例29号〕)

(指定管理者による管理)

第16条 体育施設の管理は、法第244条の2第3項の規定により、次に掲げる業務を法人その他の団体であって、教育委員会が指定するもの(以下「指定管理者」という。)にこれを行わせることができる。

(1) 第3条に規定する管理

(2) 利用許可、第7条に規定する利用許可の制限、第12条に規定する特別の設備等の許可、第13条に規定する利用許可の取消し等その他利用許可に関連する業務

(3) 第8条に規定する使用料の徴収、第9条に規定する使用料の減免、第10条ただし書に規定する使用料の還付その他使用料の徴収に関連する業務。ただし、使用料の減免及び還付については、市長の承認を受けて行うものとする。

(4) 体育施設及び設備の維持管理に関する業務

(5) その他体育施設の運営に関して教育委員会が必要と認める業務

2 前項各号に掲げる業務を指定管理者に行わせる場合における第3条第6条第7条第12条及び第13条の規定の適用については、これらの規定中「教育委員会」とあるのは、「指定管理者」とする。

3 指定管理者は、第4条ただし書の規定により休館日を変更し、若しくは臨時に休館するとき又は第5条ただし書の規定により開館時間を延長し、若しくは短縮するときは、あらかじめ、教育委員会の承認を受けてこれを行うことができる。

(一部改正〔平成30年条例29号〕)

(利用料金)

第17条 教育委員会は、法第244条の2第8項の規定により、指定管理者にその管理する体育施設の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を当該指定管理者の収入として収受させることができる。

2 利用料金の額は、別表第4に定める範囲内において、指定管理者があらかじめ教育委員会の承認を得て定めるものとする。

3 第1項の規定により利用料金を指定管理者の収入として収受させる場合においては、利用者は、第8条第1項の規定にかかわらず、利用料金を指定管理者に納めなければならない。

4 指定管理者は、市長の承認を得て、利用料金の減免及び還付を行うことができる。

(一部改正〔平成30年条例29号〕)

(指定管理者の管理の期間)

第18条 指定管理者が体育施設の管理を行う期間は、指定を受けた日の属する年度の翌年度の4月1日(指定を受けた日が4月1日である場合は、当該日)から起算して5年以内とする。ただし、再指定を妨げない。

(一部改正〔平成30年条例29号〕)

(委任)

第19条 この条例の施行に関し、必要な事項は、教育委員会規則で定める。

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月27日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の碓井町立体育施設の設置及び管理に関する条例(昭和59年碓井町条例第9号)、嘉穂町社会体育施設の設置及び管理に関する条例(昭和59年嘉穂町条例第10号)、山田市武道館条例(昭和60年山田市条例第2号)、稲築町民プール条例(平成2年稲築町条例第18号)、稲築町体育館条例(平成2年稲築町条例第19号)、稲築町社会体育施設条例(平成2年稲築町条例第20号)、稲築町武道館条例(平成2年稲築町条例第22号)、山田市サルビアパーク条例(平成5年山田市条例第14号)、稲築町屋内球技場条例(平成6年稲築町条例第2号)、嘉穂町総合体育館及び総合運動公園の設置及び管理に関する条例(平成9年嘉穂町条例第29号)、山田市野球場条例(平成15年山田市条例第6号)又は稲築町温水プールスイミングプラザなつき条例(平成16年稲築町条例第12号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

3 第4条及び第5条の規定にかかわらず、嘉麻市温水プールスイミングプラザなつきの休館日及び開館時間については、平成18年3月31日までの間は、合併前の稲築町条例による。

(平成18年4月6日条例第191号)

この条例は、公布の日から施行し、改正後の嘉麻市社会体育施設条例の規定は、平成18年3月27日から適用する。

(平成19年12月26日条例第53号)

(施行期日)

1 この条例は、平成20年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際現に改正前の嘉麻市社会体育施設条例の規定により発行された回数券は、この条例による改正後の嘉麻市社会体育施設条例の相当規定により発行されたものとみなす。

(平成20年3月26日条例第19号)

この条例は、公布の日から施行する。

(平成21年12月25日条例第37号)

この条例は、平成22年1月1日から施行する。

(平成26年1月20日条例第1号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(施設等の利用に係る使用料に関する経過措置)

2 この附則に別段の定めがあるものを除くほか、この条例による改正後のそれぞれの条例における施設等の利用に係る使用料の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後の利用に係る使用料で施行日以後に納付されるものから適用する。

(経過措置の委任)

6 この附則に規定するもののほか、この条例の施行に関し必要な経過措置は、市長が定める。

(平成26年3月12日条例第11号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(平成28年3月17日条例第16号)

この条例は、規則で定める日から施行する。

(平成28年規則第29号で平成28年11月1日から施行)

(平成28年6月28日条例第28号)

(施行期日)

1 この条例は、規則で定める日から施行する。

(平成28年規則第26号で平成28年7月1日から施行)

(嘉麻市都市公園条例の一部を改正する条例)

2 嘉麻市都市公園条例(平成18年嘉麻市条例第146号)の一部を次のように改正する。

(次のよう略)

(平成29年6月27日条例第28号)

この条例は、規則で定める日から施行する。

(平成29年規則第21号で平成29年9月1日から施行)

(平成30年6月26日条例第29号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(手続等に関する経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、この条例による改正前のそれぞれの条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例による改正後のそれぞれの条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

(平成30年9月21日条例第37号)

この条例は、規則で定める日から施行する。

(令和元年教委規則第5号で平成31年4月18日から施行)

(令和元年6月27日条例第20号)

(施行期日)

1 この条例は、令和元年10月1日から施行する。

(施設等の利用に係る使用料に関する経過措置)

2 この附則に別段の定めがあるものを除き、この条例による改正後のそれぞれの条例における施設等の利用に係る使用料の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後の利用に係る使用料で施行日以後に納付されるものから適用する。

3 この条例の施行の際現に改正前のそれぞれの条例の規定により施行日以後の利用について許可を得、かつ、当該許可に係る使用料で施行日前に納付するものについては、なお、従前の例による。

(経過措置の委任)

6 この附則に規定するもののほか、この条例の施行に関し必要な経過措置は、市長が定める。

(令和4年3月15日条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、令和5年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 義務教育学校の設置のための手続その他必要な準備行為は、この条例の施行前においても行うことができる。

(令和4年9月16日条例第23号)

この条例は、公布の日から起算して6月を超えない範囲内において規則で定める日から施行する。ただし、第2条の規定は、令和5年4月1日から施行する。

(令和4年教委規則第3号で令和4年10月26日から施行)

別表第1(第2条関係)

(一部改正〔平成26年条例11号・28年16号・28号・29年28号・30年37号〕)

名称

位置

嘉麻市山田野球場

嘉麻市下山田135番地3

嘉麻市山田武道館

嘉麻市上山田490番地2

嘉麻市サルビアパーク

体育館

嘉麻市上山田352番地

テニスコート

嘉麻市上山田352番地

温水プール

嘉麻市上山田352番地

嘉麻市山田弓道場

嘉麻市上山田528番地36

嘉麻市山田友愛グラウンド

嘉麻市上山田490番地3

嘉麻市稲築野球場

嘉麻市岩崎61番地

嘉麻市稲築運動場

嘉麻市岩崎65番地

稲築町制40周年記念運動広場

嘉麻市平1009番地1

嘉麻市稲築武道館

嘉麻市鴨生435番地1

嘉麻市温水プールスイミングプラザなつき

嘉麻市鴨生29番地69

嘉麻市稲築体育館

嘉麻市鴨生418番地10

嘉麻市稲築屋内球技場

嘉麻市岩崎65番地

嘉麻市碓井グラウンド

嘉麻市下臼井1041番地

嘉麻市碓井野球場

嘉麻市上臼井775番地

嘉麻市碓井屋内ゲートボール場

嘉麻市光代1097番地

嘉麻市嘉穂野球場

嘉麻市大隈町659番地

嘉麻市嘉穂総合運動公園

嘉穂総合体育館

嘉麻市上西郷1482番地1

嘉穂陸上競技場

嘉麻市上西郷1482番地1

嘉麻市大隈体育館

嘉麻市大隈町724番地

嘉麻市宮野グラウンド

嘉麻市宮吉533番地1

嘉麻市宮野体育館

嘉麻市宮吉524番地4

嘉麻市千手グラウンド

嘉麻市千手1253番地1

嘉麻市千手体育館

嘉麻市千手1253番地1

嘉麻市泉河内グラウンド

嘉麻市泉河内617番地1

嘉麻市泉河内体育館

嘉麻市泉河内617番地1

別表第2(第4条関係)

(一部改正〔平成26年条例11号・28年16号・28号・29年28号・30年29号・37号〕)

施設名

休館日

嘉麻市山田野球場

12月29日から翌年1月3日まで

嘉麻市山田武道館

1 毎週月曜日の午前中

2 12月29日から翌年1月3日まで

嘉麻市サルビアパーク

体育館

1 毎週月曜日(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは、その翌日)

2 12月30日及び同月31日

テニスコート

1 毎週月曜日(国民の祝日に関する法律に規定する休日に当たるときは、その翌日)

2 12月30日及び同月31日

温水プール

1 毎週月曜日(国民の祝日に関する法律に規定する休日に当たるときは、その翌日)

2 12月30日及び同月31日

嘉麻市山田弓道場

12月29日から翌年1月3日まで

嘉麻市山田友愛グラウンド

嘉麻市稲築野球場

12月29日から翌年1月3日まで

嘉麻市稲築運動場

稲築町制40周年記念運動広場

嘉麻市稲築武道館

12月29日から翌年1月3日まで

嘉麻市温水プールスイミングプラザなつき

1 毎週水曜日(国民の祝日に関する法律に規定する休日に当たるときは、その翌日)

2 12月29日から翌年1月3日まで

嘉麻市稲築体育館

12月29日から翌年1月3日まで

嘉麻市稲築屋内球技場

12月29日から翌年1月3日まで

稲築鴨生公園内運動場

稲築山野運動公園内野球場

12月29日から翌年1月3日まで

嘉麻市碓井グラウンド

12月29日から翌年1月3日まで

嘉麻市碓井野球場

12月29日から翌年1月3日まで

嘉麻市碓井屋内ゲートボール場

12月29日から翌年1月3日まで

嘉麻市嘉穂野球場

12月29日から翌年1月3日まで

嘉麻市嘉穂総合運動公園

嘉穂総合体育館

1 毎週火曜日(国民の祝日に関する法律に規定する休日に当たるときは、その翌日)

2 12月29日から翌年1月3日まで

嘉穂陸上競技場

嘉麻市大隈体育館

12月29日から翌年1月3日まで

嘉麻市宮野グラウンド

12月29日から翌年1月3日まで

嘉麻市宮野体育館

12月29日から翌年1月3日まで

嘉麻市千手グラウンド

12月29日から翌年1月3日まで

嘉麻市千手体育館

12月29日から翌年1月3日まで

嘉麻市泉河内グラウンド

12月29日から翌年1月3日まで

嘉麻市泉河内体育館

12月29日から翌年1月3日まで

別表第3(第5条関係)

(一部改正〔平成26年条例11号・28年16号・28号・29年28号・30年29号・37号・令和元年20号〕)

施設名

開館時間

嘉麻市山田野球場

午前5時30分から午後10時まで

嘉麻市山田武道館

午前9時から午後10時まで

嘉麻市サルビアパーク

体育館

午前9時から午後10時まで。ただし、1月1日から同月3日までは、午前11時から午後6時まで

テニスコート

午前9時から午後6時まで。ただし、1月1日から同月3日までは、午前11時から午後6時まで

温水プール

午前10時から午後9時まで。ただし、1月1日から同月3日までは、正午から午後5時まで

ジョギングロード(施錠区間)

午前6時から午後10時まで

嘉麻市山田弓道場

午前9時から午後10時まで

嘉麻市山田友愛グラウンド

午前5時30分から午後10時まで

嘉麻市稲築野球場

午前5時30分から午後7時まで

嘉麻市稲築運動場

午前5時30分から午後7時まで

稲築町制40周年記念運動広場

午前5時30分から午後7時まで

嘉麻市稲築武道館

午前9時から午後10時まで

嘉麻市温水プールスイミングプラザなつき

午前9時30分から午後9時まで。ただし、日曜日及び国民の祝日に関する法律に規定する休日については、午前9時30分から午後6時30分までとする。

嘉麻市稲築体育館

午前9時から午後10時まで

嘉麻市稲築屋内球技場

午前8時から午後9時30分まで

稲築鴨生公園内運動場

午前5時30分から午後7時まで

稲築山野運動公園内野球場

午前5時30分から午後7時まで

嘉麻市碓井グラウンド

午前5時30分から午後7時まで

嘉麻市碓井野球場

午前5時30分から午後7時まで

嘉麻市碓井屋内ゲートボール場

午前8時30分から午後10時まで

嘉麻市嘉穂野球場

午前5時30分から午後7時まで

嘉麻市嘉穂総合運動公園

嘉穂総合体育館

午前9時から午後10時まで

嘉穂陸上競技場

午前9時から午後9時まで

嘉麻市大隈体育館

午前9時から午後10時まで

嘉麻市宮野グラウンド

午前8時30分から午後7時まで

嘉麻市宮野体育館

午前9時から午後10時まで

嘉麻市千手グラウンド

午前8時30分から午後7時まで

嘉麻市千手体育館

午前9時から午後10時まで

嘉麻市泉河内グラウンド

午前8時30分から午後7時まで

嘉麻市泉河内体育館

午前9時から午後10時まで

別表第4(第8条、第17条関係)

(全部改正〔平成19年条例53号〕、一部改正〔平成20年条例19号・21年37号・26年1号・11号・28年16号・28号・29年28号・30年29号・37号・令和元年20号・4年2号・23号〕)

1 野球場

施設使用料

照明使用料

1時間当たり 380円

30分当たり 2,640円

(注)施設使用料については山田野球場、稲築野球場、山野運動公園内野球場、碓井野球場及び嘉穂野球場に適用し、照明使用料については山田野球場に適用する。

2 屋内球技場

利用区分

使用料(1時間当たり)

ゲートボールコート

テニスコート

1 入場料その他これに類する料金を徴収しない場合

(1) アマチュアスポーツに利用する場合

1面 220円

1面 320円

(2) アマチュアスポーツ以外の催物で営利宣伝を目的としない場合

全面 1,520円

2 入場料その他これに類する料金を徴収する場合

(1) アマチュアスポーツに利用する場合

1面 540円

1面 800円

(2) アマチュアスポーツ以外の催物で営利宣伝を目的としない場合

全面 3,820円

(注)

1 使用料については、稲築屋内球技場及び碓井屋内ゲートボール場に適用する。

2 照明使用料は、使用料に含むものとする。

3 武道館

利用区分

使用料

専用利用

1時間当たり 630円

個人

小・中学生及び義務教育学校の児童生徒

3時間当たり 50円

回数券12回分 520円

大人(高校生以上)

3時間当たり 150円

回数券12回分 1,570円

(注)使用料については山田武道館及び稲築武道館について適用し、回数券については稲築武道館に適用する。

4 運動広場

利用区分

使用料

専用利用

1時間当たり 50円

営利目的

1時間当たり 1,100円

一般利用

無料

(注)使用料については山田友愛グラウンド、稲築鴨生公園内運動場、稲築運動場、稲築町制40周年記念運動広場及び碓井グラウンドに適用し、宮野グラウンド、千手グラウンド及び泉河内グラウンドの使用料は、無料とする。

5 体育館(稲築・大隈・宮野・千手・泉河内)

(1) 稲築体育館

区分

使用料

個人

小・中学生及び義務教育学校の児童生徒

3時間当たり 50円

回数券12回分 520円

大人(高校生以上)

3時間当たり 150円

回数券12回分 1,570円

利用区分

使用料(1時間当たり)

全面

1/2面

専用利用

1 入場料その他これに類する料金を徴収しない場合

(1) アマチュアスポーツに利用する場合

800円

530円

(2) アマチュアスポーツ以外の催物で営利宣伝を目的としない場合

2,130円

1,060円

2 入場料その他これに類する料金を徴収する場合

(1) アマチュアスポーツに利用する場合

2,670円

1,320円

(2) アマチュアスポーツ以外の催物で営利宣伝を目的としない場合

5,340円

2,670円

ステージ

170円

バドミントンコート専用利用

170円

稲築体育館会議室

220円

(注) 照明使用料は、使用料に含むものとする。

(2) 大隈体育館・宮野体育館・千手体育館・泉河内体育館

利用区分

使用料(1時間当たり)

全面利用

310円

部分利用

210円

(注) 照明使用料は、使用料に含むものとする。

6 山田弓道場

利用区分

使用料

専用利用

1時間当たり 220円

個人

3時間当たり 50円

7 サルビアパーク

(1) 体育館

利用時間帯

区分

使用料

午前9時から午後10時まで

(1時間当たり)

体育館

競技場

全部専用

1 入場料又はこれに類する料金を徴収しない場合

(1) アマチュアスポーツ及び文化サークル等に利用する場合

940円

(2) (1)以外の催物で営利、営業宣伝を目的としない場合

2,820円

(3) その他の催物

3,770円

2 入場料又はこれに類する料金を徴収する場合

(1) アマチュアスポーツ及び文化サークル等に利用する場合

1,880円

(2) (1)以外の催物で営利、営業宣伝を目的としない場合

5,650円

(3) その他の催物

9,420円

部分専用

1 2分の1面利用の場合

全部専用の1/2に相当する金額

2 3分の1面利用の場合

全部専用の1/3に相当する金額

3 4分の1面利用の場合

全部専用の1/4に相当する金額

4 6分の1面利用の場合

全部専用の1/6に相当する金額

舞台利用の場合

1,040円

大会議室

620円

会議室

第1会議室

200円

第2会議室

200円

卓球室

一般

1人1回 100円

高校生

1人1回 50円

中学生及び義務教育学校の後期課程の生徒以下

1人1回 30円

トレーニング室

一般

1人1回

100円

1月

2,000円

高校生以下

1人1回

50円

1月

1,000円

〈冷暖房使用料〉

区分

冷暖房

基本料金

1時間以内

超過料金

1時間当たり

競技場

(1) アマチュアスポーツ及びアマチュアスポーツ以外の催物で営利・営業宣伝を目的としないもの

8,380円

5,230円

(2) その他の催物

16,760円

10,470円

会議室

1 大会議室

520円

200円

2 第1会議室

200円

100円

3 第2会議室

200円

100円

営利・営業宣伝を目的として会議室を利用する場合の冷暖房使用料は、倍額とする。

〈附属設備・備品等の使用料〉

区分

品名

単位

金額

摘要

運動器具

バレーボール器具1式

1面1回

200円


バスケット器具

1式1回

410円


バトミントン器具

1式1回

200円


卓球器具

1式1回

100円


卓球防球ネット

1枚

50円


放送器具

拡声装置

1式1回

1,570円


移動拡声器

1式1回

520円


CDプレイヤー

1台1回

520円


カセットデッキ

1台1回

520円


その他

電光掲示板

1式1回

1,040円


移動観覧席

1ブロック

4,180円


フロアシート

1回

1,040円


長机

1脚1回

50円

会議室を除く。

椅子

1脚1回

10円

会議室を除く。

組立ステージ

1式

520円


(注)

1 単位における「1回」とは、利用時間帯における1時間当たりの単位とする。

2 消耗品(コートテープ、卓球の球等)は、利用者負担とする。

(2) テニスコート

区分

利用単位

使用料

テニスコート

1面(1時間)

310円

かべ打ち

1面(1時間)

100円

(3) 温水プール

区分

使用料

摘要

基本料金

(1時間以内)

超過料金

1時間当たり

30分以内

個人

一般

260円

260円

130円

1 「生徒」とは、中学校、義務教育学校の後期課程及び高校の生徒又はこれに準ずる者をいう。

2 「児童」とは、小学校、義務教育学校の前期課程、幼稚園及び保育園の児童又はこれに準ずる者並びに幼児(3歳未満を除く。)をいう。

生徒

180円

180円

90円

児童

100円

100円

50円

団体

一般

使用料の2割引

「団体」とは、10人以上の場合をいう。

生徒

児童

専用

1コース当たり

3,140円

1,040円

520円


付記 コース専用使用料には、個人使用料は含まれない(個人使用料は、別途)

(注)

1 期間利用券の種類及び金額は、教育委員会が別に定める。

2 回数利用券は、3,000円(3,300円分)と5,000円(5,500円分)の2種類とする。

3 コインロッカーは、1回につき50円とする。

4 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び被爆者手帳の交付を受けた者とその介護者及び年齢70歳以上の者は、減免の対象とする。

8 温水プールスイミングプラザなつき

(1) 一般利用

種類

区分

基本料金

超過料金

摘要

(1時間以内)

1時間当たり

30分以内




団体

プール

一般

260円

200円

260円

120円

プール、トレーニング室及び談話室は利用可能

基本料金の団体の欄は、1団体当たり10人以上の場合に限り適用する。ただし、使用料の減免許可(半額)を受けた者は、団体料金を適用しない。

70歳以上又は障がい者

120円

90円

120円

60円

高校生

150円

120円

150円

70円

小・中学生及び義務教育学校の児童生徒

100円

80円

100円

50円

幼児

50円

40円

50円

20円

トレーニング室

一般・高校生

100円

100円

50円


70歳以上又は障がい者

50円

50円

20円

談話室

一般・高校生

100円

100円

50円


一般及び高校生以外の者

50円

50円

20円

なつきの湯併用

一般

520円

260円

120円

プールとなつきの湯との併用(利用は同一日に限る。)

70歳以上又は障がい者

300円

120円

60円

高校生

440円

150円

70円

中学生及び義務教育学校の後期課程の生徒

390円

100円

50円

小学生及び義務教育学校の前期課程の児童

240円

100円

50円

幼児

40円

50円

20円

(2) 専用利用

区分

基本料金

超過料金

摘要

(1時間以内)

1時間当たり

30分以内

25メートルプール(1コース当たり)

2,090円

2,090円

1,040円

利用者1人ごとに、一般利用のプール又はなつきの湯併用の当該利用者区分に応じた基本料金(超過した場合は、超過料金を含む。)が別途必要

談話室

2,090円

2,090円

1,040円

(3) 1月券

区分

発行額

摘要

一般

5,200円

プールを指定された1月間につき随時利用可能

70歳以上又は障がい者

2,500円

高校生

3,000円

小・中学生及び義務教育学校の児童生徒

1,500円

幼児

750円

(4) 回数券

種類

区分

発行額

摘要

プール

一般

12回分 2,600円

一般利用に限る。

70歳以上又は障がい者

12回分 1,200円

高校生

12回分 1,500円

小・中学生及び義務教育学校の児童生徒

12回分 1,000円

幼児

12回分 500円

トレーニング室

一般・高校生

12回分 1,000円

一般利用に限る。

70歳以上又は障がい者

12回分 500円

談話室

一般・高校生

12回分 1,000円

一般利用に限る。

一般及び高校生以外の者

12回分 500円

(5) その他

下足箱

1回につき 10円

(注)

1 「プール」とは、25メートルプール、リハビリプール、ジャグジープール及び幼児子供用プール並びに採暖室をいう。

2 「障がい者」とは、身体障害者手帳、療育手帳及び精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者をいう。

3 上記の障がい者の介護者については、障がい者の利用者区分の料金とする。

4 「幼児」とは、年齢3歳以上の者で、小学校就学の始期に達するまでのものをいう。

5 利用時間については、基本料金に係るものを除き1時間単位とし、1時間当たりの超過料金を適用する。ただし、最後の1時間について、利用時間が30分以内の場合は、当該1時間については、超過料金の30分以内の使用料を適用する。

6 使用料の減免許可(半額)を受けた者に係る使用料は、基本料金及び超過した場合の超過料金のいずれについても半額(10円未満切捨て)とする。なお、この場合における超過料金については、超過料金区分に対応した当該区分ごとに算出した額の合計額とする。

7 トレーニング室の利用は、高校生以上の者に限る。

9 嘉穂総合運動公園

(1) 嘉穂総合体育館

ア 第1アリーナ

〈専用利用〉

(1時間当たり)

利用区分

全面

1/2面

アリーナ

入場料のその他これに類する料金を徴収しない場合

レクリエーション及びアマチュアスポーツに利用する場合

780円

380円

レクリエーション及びアマチュアスポーツ以外に利用する場合

1,570円

770円

入場料のその他これに類する料金を徴収する場合

レクリエーション及びアマチュアスポーツに利用する場合

1,950円

960円

レクリエーション及びアマチュアスポーツ以外に利用する場合

3,910円

1,920円

照明使用

全灯点灯の場合

1,320円

640円

1/2点灯の場合

640円

320円

電動ステージ

1,300円

放送機器

380円

冷暖房使用料

3,960円

(注)バドミントンコートの専用利用は1時間当たり90円とし、照明料は全灯150円、1/2点灯は80円とする。

〈個人利用〉

区分

基本料金

回数券

冷暖房使用料

小・中学生及び義務教育学校の児童生徒

3時間以内 50円

12回分 520円

1時間当たり 3,960円

大人(高校生以上)

3時間以内 150円

12回分 1,570円

1時間当たり 3,960円

イ 第2アリーナ

〈専用利用〉

(1時間当たり)

利用区分

使用料

冷暖房使用料

入場料のその他これに類する料金を徴収しない場合

レクリエーション及びアマチュアスポーツに利用する場合

640円

810円

レクリエーション及びアマチュアスポーツ以外に利用する場合

1,320円

入場料のその他これに類する料金を徴収する場合

レクリエーション及びアマチュアスポーツに利用する場合

1,620円

レクリエーション及びアマチュアスポーツ以外に利用する場合

3,240円

〈個人利用〉

区分

基本料金

回数券

冷暖房使用料

小・中学生及び義務教育学校の児童生徒

3時間以内 50円

12回分 520円

1時間当たり 810円

大人(高校生以上)

3時間以内 150円

12回分 1,570円

1時間当たり 810円

ウ 研修室

(1時間当たり)

室名

施設使用料

冷暖房使用料

研修室(1)

210円

210円

研修室(2)

エ トレーニングルーム

区分

基本料金

回数券

中学生及び義務教育学校の後期課程の生徒

1時間以内 50円

12回分 520円

大人(高校生以上)

1時間以内 150円

12回分 1,570円

オ コインロッカー

使用料

1回当たり 50円

カ コインシャワー

使用料

1回当たり 100円

(2) 嘉穂陸上競技場

〈専用利用〉

利用区分

専用使用料

照明使用料

摘要

陸上競技場

入場料のその他これに類する料金を徴収しない場合

レクリエーション及びアマチュアスポーツに利用する場合

1,320円

全灯点灯

2,360円

2/3点灯

1,580円

1/3点灯

780円

1時間当たり

レクリエーション及びアマチュアスポーツ以外に利用する場合

2,640円

入場料のその他これに類する料金を徴収する場合

レクリエーション及びアマチュアスポーツに利用する場合

3,300円

レクリエーション及びアマチュアスポーツ以外に利用する場合

6,600円

放送室

120円

1回当たり

役員室

120円

水濠

1,320円

〈個人利用〉

区分

基本料金

回数券

照明使用料

小・中学生及び義務教育学校の児童生徒並びに高校生

3時間以内 50円

12回分 520円

1時間当たり 120円

大人(上記の者を除く。)

3時間以内 150円

12回分 1,570円

1時間当たり 120円

嘉穂陸上競技場附属器具使用料

(ア) 陸上競技器具

(1回当たり)

品名

単位

金額

やり

1本

50円

円盤

1個

50円

砲丸

1個

50円

ハンマー

1個

50円

ハードル

10台

120円

STブロック

1組

50円

3000メートル障害

1組

260円

走高跳用具

1式

260円

棒高跳用具

1式

260円

バトン

1本

20円

鋼鉄製巻尺

1個

120円

ビニール巻尺

1個

50円

リボンロッド

1個

50円

ハンドマイク

1個

120円

ストップウォッチ

1個

50円

テント

1張

380円

ビーチパラソル

1本

50円

周回表示器

1個

120円

Fタイマー

1式

640円

RN表示機

1式

640円

ST拡声装置

1個

260円

デジタル・風速計

1台

380円

走幅・三段用計測器

1台

120円

ピストル

1個

50円

(注)合計金額が5,500円を超える場合は、5,500円とする。

(イ) その他の器具

(1回当たり)

器具名

単位

金額

摘要

放送機器

1式

380円


写真判定装置

1式

13,200円


備考 全施設共通事項

1 超過料金は、30分以内は1時間の使用料の半額、30分を超える場合は1時間の使用料とする。

2 10円未満の端数は、切り捨てるものとする。

嘉麻市社会体育施設条例

平成18年3月27日 条例第178号

(令和5年4月1日施行)

体系情報
第16編 育/第5章 社会体育
沿革情報
平成18年3月27日 条例第178号
平成18年4月6日 条例第191号
平成19年12月26日 条例第53号
平成20年3月26日 条例第19号
平成21年12月25日 条例第37号
平成26年1月20日 条例第1号
平成26年3月12日 条例第11号
平成28年3月17日 条例第16号
平成28年6月28日 条例第28号
平成29年6月27日 条例第28号
平成30年6月26日 条例第29号
平成30年9月21日 条例第37号
令和元年6月27日 条例第20号
令和4年3月15日 条例第2号
令和4年9月16日 条例第23号