○グループ制による事務事業の執行に関する規程

平成6年3月25日

訓令第3号

(趣旨)

第1条 この訓令は,グループ制による事務事業の円滑な執行に関し必要な事項を定めるものとする。

(部長等の責務)

第2条 部長及び課長は,所掌する事務事業の執行に当たり,創意工夫により臨機応変に対応できるよう執行体制の確保に努めなければならない。

(グループ制)

第3条 課に,分掌事務を処理するため,必要なグループを置くものとする。

2 グループは,課内の事務相互の関連性を考慮し,当該事務が一体的に運営されることが適当と認められる規模及び職員をもって構成するものとする。

3 グループの課別の数は,毎年見直しを行い,組織担当部長が決定するものとする。

4 組織担当部長が,前項の規定により課別にグループの数を決定した場合には,所管課長は,直ちにその所管に係るグループの名称及び担任事務について,所管部長と協議し決定するとともに,組織担当部長に報告しなければならない。

5 グループの名称及び担任事務の変更は,原則として年度中途においては行わないものとする。ただし,事務の執行に著しく支障を生じる場合には,主管部長は,組織担当部長と協議し変更できるものとする。

6 グループの事務及び事業の進行管理は,課長補佐が行うものとする。

(委任)

第4条 この訓令に定めるもののほか,この訓令の実施に関し必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この訓令は,平成6年4月1日から施行する。

付 則(平成18年訓令第50号)

この訓令は,平成18年11月1日から施行する。

グループ制による事務事業の執行に関する規程

平成6年3月25日 訓令第3号

(平成18年11月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成6年3月25日 訓令第3号
平成18年10月31日 訓令第50号